So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

焼肉で大臣規範に抵触しこれがほんとの焼肉抵触 [のら猫「狂歌合宿」]

大臣規範に抵触

関係者からの饗応接待は大臣規範に抵触する。安倍首相が加計孝太郎氏から饗応を受けたことがある旨、国会で答弁するを聞きて詠める:

★晋三に焼肉おごる孝太郎これがほんとの焼肉抵触

安倍首相が1月20日に加計学園の申請を知ったと言い張るのは、それ以前だと答弁で認めた加計孝太郎氏の饗応接待が大臣規範に抵触するからである。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


自身の身の保身を守る [安倍体制]

「防衛大臣、あなたは自分の役目が分かってるんですか。あなたの役目は、この国を守る事であって、あなたの身の保身を守る事じゃありませんよ!いい加減にして下さいよ!」(稲田朋美 2011年12月5日当時の一川防衛大臣に対して)

ほんと、いい加減にしてほしい。高級レストランをはしごして領収書は白紙、防衛関連株を夫が多数保有、籠池氏の弁護で訴訟に関わったことはないという虚偽答弁、陸自PKO日報データの隠蔽、都議選では「自衛隊からもお願い」の公職選挙法違反、、何度でも辞任、更迭あっていい稲田。

それにしても「あなたの身の保身を守る」というこの言い回しのしつこい意味の重複。今の稲田とそれをかばう安倍そのもの。電気の電球の玉の交換の取り替えして、選挙で選ばれず落選して落ちてろ! と言いたい。

それにしても録画を再生していま稲田大臣本人に聞かせたい本人の言葉の数々。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


今治は燃えているか 閉会中審査初日 [安倍体制]

今治は燃えているか?

国家戦略特区は内閣府の仕事なのに、なんで首相官邸の和泉氏がしゃしゃり出てきて、前川氏を何度も呼びつけてせっつくのだ。「地方創生に関心」があったので「今の状況を聞き、全体としてスピード感を持って取り組むべきだと言った」と和泉首相補佐官だが、いかにも不自然。

安倍の指示や、安倍の意向の忖度はないのかと聞かれ「そのようなことは全くございません」。ほんとかね。個人として関与?実に不自然。

理科に無理を通す

2016年11月に「2018年度の開設」が条件と公開した時点で「2018年の開設期限をなぜ切るのか、そもそも実現可能な大学が決まっており、形だけの手続きではないか」「準備期間が非常に短期間で、特定の案件に絞り込んだ恣意的な期間設定だ」といったパブリックコメントが寄せられていた。山本地方創生大臣は他の大学がそれでは間に合わないということを知りつつ、それらの意見を無視して加計の岡山理科大で通したのだ!

加計学園・理科大はすでに教員を募り、用地を手に入れ、校舎の建設を進めようとしていた。2018年の期限を事前に知り得たとしか思えない。それはなぜか。そこをもっと調べる必要がある。そのためには共産党・宮本議員が言った通り、加計孝太郎氏や今治市長の証人喚問が必要だ。


山本地方創生大臣は「加計ありきという感覚で決めたわけではなく、スピード感を重視した」などと答弁したが、要するに「スピード感」とは、加計で急いだということじゃないか。「スピード感」すなわち加計ありき。そしてその全てが安倍首相の意向だ、加計氏の働き加計を受け。そう考えると全ての不自然さや疑問が一挙に氷解する。そんな解釈を成り立たなくするために首相を始め多くの人が嘘をついている。それが加計問題だろう。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


テツの女たち [のら猫「狂歌合宿」]

M・サッチャー:鉄の女
A・メルケル :鋼鉄の女
 稲田朋美  :更迭の女



↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


加計のやりくり [のら猫「狂歌合宿」]

★捻出か加計学園に回す金
 これがいわゆる加計のやりくり


下の産経新聞の記事を読むと、安倍首相が新国立競技場の建設費をかなり執拗にせこく圧縮しているのがわかる。

首相「冷暖房はなくてもいいんじゃないか…」 土壇場で工費カット 驚く遠藤五輪相
産経新聞 2015.8.28
http://www.sankei.com/politics/news/150828/plt1508280044-n1.html
1640億→1595億円→1550億円

ネギル博士とハイド(=hide 隠す)氏

ケチる分野と気前のいい分野の二面性がはっきりしている安倍首相である。

ケチるのが:
教育、子育て、年金、介護、米軍基地周辺の学校の冷房、新国立競技場の冷房、、

気前いいのが:
防衛費、原発、加計学園への利益供与、、

国は滅びる、、



続きを読む


「うるせー!黙れ!笑うな!」 〜誰がどこでそんなことを言っているのですか? [安倍体制]

ジュネーブの国連拷問禁止委員会というところで日本の人権人道大使・上田秀明という人が2013年に言ったのです。

彼が「日本はこの分野(人権)では世界の最先進国の一つです」と述べると、場内から失笑が漏れました。

日本は「最も進んだ国の一つ」どころか、代用監獄、自白強要、独房監禁、死刑、従軍慰安婦問題などに関して改善すべきだと国連から勧告を受けています。

大使の発言の前にモーリシャスの委員が、日本の刑事手続は自白に頼りすぎており、まるで中世のようだと日本を批判していました。それに反論する上田大使の発言でした。日本は中世ではなく、人権の分野では世界最先進国の一つ、我々はそれを誇りに思っている、と。

信じられないという人は、録画をご覧になるといいでしょう。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの主観


ハキハキして丁寧をかます水加計論者は一点の曇りもない墓穴選手 [新語100番勝負]

【ハキハキしている】

重要な書類をかたっぱしから潔く破棄しまくるさま。捨てる快感に人生ときめいて幸福に至る場合や、悪事を隠蔽する場合がある。悪事隠蔽も、昇進に至る場合や収監に至る場合、さらには、一旦昇進を経て収監に至る場合などがある。

用例:新しい国税長官はハキハキとした人だ。
佐川氏は安倍首相に都合の悪いことをすべてハキハキと隠し通した。

【丁寧をかます】

丁寧に説明するなどと言いながら、逆に逃げ隠れする卑怯なさま。

用例:山本地方創生相は官僚が作った原稿を数分間に渡ってものすごい早口でモゴモゴと棒読みし続けるという丁寧をかまし、委員会室は騒然となった。

【一点の曇りもない】

スキャンダルや腐敗や違法・不適切行為が、あまりにも真っ黒で、疑惑の雲や霞すらなく、ほぼ100%事実ということ。漆黒の闇。闇夜のカラス状態。

用例:安倍政権は一点の曇りもない。

【墓穴選手】

控えの選手が出てきて墓穴を掘ること。

用例:加戸前愛媛県知事は墓穴選手としてものすごく活躍した。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓

理科に官無理を通す


あんな人たち こんな人たち

あんな人たち こんな人たち 安倍、菅、山本太郎、シュワルツネガー、オバマ、トランプ

先日、演説中のヤジに政治家がどう答えるかに関し記事を書いたが、2003年のカリフォルニア州知事選挙に共和党から立候補した俳優のアーノルド・シュワルツネガーにも面白い逸話が残っていた。

この映像の0:14秒のところで「パシャ!」と音がするが、卵が左肩に命中。
しかし、なにくわぬ顔で上着を脱ぐ。
そして1:29からの質疑が振るっている:

記者:「卵を投げつけられましたが、このこと、どう思いますか?」
シュワルツネガー:「あと、ベーコンをやってくれないことにはね。卵だけじゃ様にならんよ。しかし、まあ、これも言論の自由さ。素晴らしいことだよ。ここでは反対意見を大声で叫んでる。独裁制ではできないことだからね。だから私はこの国が大好きなんだ。物事は全体でとらえないとね。カリフォルニアは素晴らしい。アメリカは素晴らしい。誰でも自分の意見を声高に言える。みんなに言論の自由が保証されている。それが民主主義につながる。私はそれを信じているし、それは歓迎さ」



↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


安恩の呼吸(あうんのこきゅう) [新語100番勝負]

【安恩の呼吸】(あうんのこきゅう)(安倍→あ、正恩→うん)

日本の安倍首相が窮地に陥ると、まるでしめし合わせたように金正恩(きむじょんうん)朝鮮労働党委員長の北朝鮮がミサイルの発射実験や核実験を行い、地域の安全保障環境の悪化、北朝鮮の脅威をアピールし、安倍氏を救う絶妙なタイミングのこと。たんびに国民の関心は北朝鮮に向かい、安倍氏の問題はかき消される。

お互いを敵視して軍事に力を入れる両国であるが、地域が緊張緩和や平和に向かうと国内の問題に国民の目が行って安倍体制、金体制それぞれの存立危機ともなりかねず、いつしか両者はお互いの脅威を国民に対して煽るためにお互いを必要とする仲となっている。

このことから、実際に安倍首相がホットラインの受話器をとって「あ、またお願い」「うん、いいよ」とのやり取りがあり、そこから「あ・うん」となったという説もある。

(のら猫寛兵衛編『悪魔の時事用語辞典』より)

あうん.jpg

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


加計もち [新語100番勝負]

【加計もち】(かけもち)

1)加計孝太郎氏の加計学園関係の仕事を、自分の本来の役職のほか、あるいはいくつも同時に、こなす事(名誉職を含む)。例:萩生田光一、木曽功、安倍昭恵、下村今日子、中田宏
2)加計孝太郎氏の加計学園がお金の面倒をみてくれる事。例:自民党、下村博文
3)加計孝太郎氏の加計学園と関係する政治家や役人の当選や昇進を祝って配られる紅白の餅。

のら猫寛兵衛編『現代用語の木曽知識2017』より

紅白.png

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


これを常識的と言う官房長官の非常識 [安倍体制]


安倍首相が東京都議選の街頭演説で群衆から「やめろ!やめろ!」「帰れ!帰れ!」と連呼され、「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と発言したことに関し、菅義偉官房長官が、「全く問題ない」と述べた。「極めて常識的な発言だ。そうした発言を縛ること自体あり得ない」というのだ。

日本の政治ではいつしか(元々その傾向はあったにしても、すっかり)空っぽの議論しか行われなくなってしまっている。要するに水掛け論しかできない人々によって政治が行われるているのだ。なんとも悲しい事態。自民党がきのうの都議選の惨敗を「反省」する(首相はじめ何人かの口から出て言葉)と言うのであれば、どこがどう悪く、どう反省し、今後どう改めるつもりなのか、具体的に語ることができなくてはならない。しかし、それがない。

秋葉原で安倍氏らに対し「帰れ!帰れ!」の大合唱が湧き起こった。それは安倍氏らの政権運営に不満な人たちの声だ。安倍政権によって苦しめられている国民の不満の爆発、生の声だ。安倍氏らが反省するというのであれば、なぜそのような不満が生まれるのか、自分たちの政策や言動のどこが悪いのか、振り返らなくてはならない。そして、自分らなりの言葉でそれを表現できなくてはならない。

明らかに、「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と首相が叫ぶのは不適切だ。彼らが代弁する多くの国民の不満は、首相の政策が原因だからである。首相たるもの、国民の不満には向き合い、それに答えなくてはならない。敵視し「こんな人たち」と指さすことなど、国の指導者としてはあってはならない、考えられない。そんな人がこれまでいただろうか?ちょっと思い当たらない。政治家として失格もいいところである(ちなみにこの「こんな人たち」の「こ」の発音には、豊田真由子議員が政策秘書に「ばかかお前!」と言った時の「ば」を思い出すほどの強い侮蔑の念が込められているのを感じた)。

だから、官房長官の「全く問題ない」とする認識には驚かされる。そして、さらに驚かされるのが、そこに何も論拠が伴わないことである。いつもながら菅官房長官、結論しか述べない男なのである。安倍政権のことを腹立たしく思うのは、結論のみ押し付け、その理由、根拠を言わないこと、言えないこと、である。ただの独断じゃないか。

「全く問題ない」「極めて常識的な発言だ。そうした発言を縛ること自体あり得ない」。そう意見を表明すること自体は権利として当然施政者にも認められよう。日本には言論の自由があることになっているからである。しかし、なぜ「全く問題ない」のか、その理由を述べないことには話にならない。そこまでできて初めて議論だ。そして、そこまでできて初めて政治家だ。理念や思いを言葉で表現できてこそ、指導者である。ところがそこがこの政権は空っぽなのである。能力も意思も欠如している。

さらに驚くのは、首相や菅官房長官らを批判する人たちである。彼らも、「問題あり」、菅長官の言うことは「全く認められない」と言う(私と同意見)。しかし、彼らとて、その意見、その主張の論拠を言わないのだ。かくて日本の政治、空っぽな水掛け論に終始。印象だけで勝負しあっている。国の悲劇としか言えない。

追記:

菅長官、理由は言っていた。驚くべき理由だ。記者は、なぜ「問題ないのか、その理由は」とまで明示的に聞いている。それに対する菅長官の答え、そしてそのそぶりに身の毛がよだつ。長官は「(問題)ないからです。発言は自由です」と答え、不快感をあらわにし、他の記者の質問に移るそぶりを見せた。

この回答、態度には、ただただ驚く。この政権はどこまで行こうとしているのか。首相の発言が異様なら、「全く問題ない」とそれを擁護する官房長官も異様、かつ、なぜ「問題ない」かというその理由も異様。記者は何もこの国で言論の自由が許されるかどうかを聞いたわけではない。もちろん発言は自由だ。しかし、首相が、遊説の場で、あれはない。その理由は本文に書いた。

先に自民の竹下国会対策委員長もなぜ証人喚問が必要ないかを聞かれ「必要ないからと言うのがその理由」と述べた。二階幹事長など(選挙で我々を)「落とせるものなら落としてみろ」と凄んだ。

天安門事件の時の中国指導部の強硬派の言動の方がよほど融和的に思える。



↓↓↓↓↓

その部分の書き起こしと記者会見全体の画像 オバマとの違い!


東京ジニンピック2017 [安倍体制]

安倍政権、辞めましょう。
4年経ったから。

安倍首相の辞任を求める運動「東京ジニンピック」始まりました。

まずはテーマ曲『新・東京五輪中音頭』のお披露目です。
(前回の五輪のときとは温度差あります。チョイトね)

♪ ハアー
あの日 森友 で エ〜 固めた土が(ソレ トトントネ)
きょうは 首相の 支持減らす(ア チョイトネ)
四年たったら もう辞めましょと
かたい約束 夢じゃない
ヨイショ コリャ 夢じゃない
公人私人の 顔と顔
ソレ 口利き 忖度 顔と顔 ♪♪

♪ ハアー
待ちに待ってた 安倍政権の終わり(ソレ トトントネ)
西の今治 東京も(ア チョイトネ)
北のセシウム 南の地震も
辞任圧力 どんときた
ヨイショ コリャ どんときた
ジニンピックの 晴れ姿
ソレジジニン ジジニン 晴れ姿 ♪♪

♪ ハアー
教育うれしや あ〜覚えりゃ勅語(ソレ トトントネ)
仰ぐ日の丸 はずむ胸(ア チョイトネ)
いったんお国に 緩急あれば
命さし出す 臣民よ
ヨイショ コリャ 臣民よ
ジニンピックの 加計に散る
ソレイナダダ 下村だ 加計に散る ♪♪

♪ハアー
きみがはやせば 国民おどる(ソレ トトントネ)
弾薬香るは 西の海(ア チョイトネ)
日本会議に 防衛産業
落ちてくるくる オスプレイ
ヨイショ コリャ オスプレイ
ジニンピックの 安倍政権
ソレジジニン ジジニン 総辞職 ♪♪



http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-03-14 ←発端はココでした
『♪ 東京御臨終音頭とジニンピック運動』

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


NHKよ目を覚ませ!と呼ぶ声が [安倍体制]

NHKよ目を覚ませ
秋葉原で湧き上がった市民の声を
なぜカットしたのかと問い合わせる視聴者に
「あれはヤジ」
そのくせ安倍首相の国会のヤジは「自席発言」
と呼ぶ気の遣いよう
どこまで権力の犬になり下がったら気が済む
目を覚ませNHK

http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2015-08-29-1
首相の「自席発言」
http://news.livedoor.com/article/detail/10519890/
NHK広報「適宜、適切な用語を使っています」



↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


下村はやっぱりウソをついていた 加計学園が 200万円 [のら猫「狂歌合宿」]

FNNのスクープ? 見え見えの贈収賄?!

★下村はやっぱりウソをついていた 加計学園が 200万円

★十一社(者)えて上加計学園? 恐らくただの数字合わせか

http://www.fnn-news.com/…/headli…/articles/CONN00362906.html


加計学園からの献金は否定。11の企業や個人がパーティ券を購入したものと下村氏釈明。
名前の公表を求められると「プライバシーに関わるので公表できない」。

政治資金規制法では20万円以下のものに関しては収支報告書への記載義務なし。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


落としたれ突き落としたれ二階から [のら猫「狂歌合宿」]

二階・自民党幹事長が遊説先で差別的発言(「バカでもチョンでも」*)。すぐに釈明したがマスコミを批判。どんだけ偉いつもりかあんたらは、選挙で「落とすもんなら落としてみろ」と挑発した。

底で一句。

★落としたれ突き落としたれ二階から





 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


丁寧かましてよかですか [安倍体制]

★丁寧な説明続く自民党

稲田防衛相に対する野党の罷免要求を拒否(首相/自民・国会対策委員長)。
下村幹事長代行、文科相時代に「加計学園から200万円」を否定。
11の個人と企業とのこと(1社/者20万円以下で報告義務なし)。
具体名は?「プライバシーに関わり公表できない」

★丁寧を今日もかますよ自民党

このところこれだけの「丁寧」を自民党はかましていた。
首相なぞ「反省」までかましている。

萩生田光一:「総理のご意向」文書で「受けて立つ」と言ったきり姿を見せず。
安倍首相は:
「何か指摘があれば、一つ一つ丁寧に説明する努力を積み重ねたい」
「国民の厳しい叱声を重く受け止め」
「国会の閉会、開会にかかわらず丁寧に説明していきたい」
「何か指摘があればその都度、真摯に説明責任を果たしていく」
二階幹事長など「丁寧な上にも丁寧にしっかり説明していく」と丁寧の上塗りまでかましていた。

そして

★丁寧な上にも丁寧かましおり



 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


慣れるほどこうべを垂れぬ稲田かな [のら猫「狂歌合宿」]

「丁寧な説明をする」と首相ら、あれほどくどく言っておきながら(舌の根もまだ乾いていない)、
首相の防衛相罷免拒否、そして詳しい説明もなく、あっさりと菅官房長官お得意の<問題ない>。
末期症状の感を強くする。

憲法15条(公務員は「全体の奉仕者」)、公職選挙法136条の2(公務員の選挙運動禁止)、自衛隊法(自衛隊員の政治的行為を制限)に違反する恐れのある稲田防衛相の選挙期間中の発言(「自衛隊からもよろしく」)。これまで辞めていった大臣ら(松島みどり、小渕優子、西川公也、甘利明、今村雅弘)のどれより事は重大ではないか。

前回は国会で虚偽答弁は「記憶に自信持ちすぎた」と(記憶のせいにして?)深々とお辞儀をして
「今後とも誠実に職務を全う」で一件落着。

★ばれるほどこうべを垂れる稲田かな
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-03-18

もう辞任や罷免を要求されるのに慣れちゃったのか。もう頭は垂れない。

★慣れるほどこうべを垂れぬ稲田かな
http://www3.nhk.or.jp/n…/html/20170629/k10011034031000.html

稲田発言 菅「問題ない」.jpg

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


恐ろしくあこぎなことを良きことのごとくに言うが安倍の心臓 [安倍体制]


「ゆがんだ行政をただすもの」

聞こえはいいが、違う。
既得権益のために多少は歪んでいたかもしれないものを
新規の権益(自分の仲間内)のために思いっきり歪めるものだ。

とっくに見破られている安倍のウソ。国家戦略特区。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


一点の曇りもない [安倍体制]

たまにはまぐれで本当のことを言う

国家戦略特区、今治に獣医学部、加計学園

「プロセスに一点の曇りもない!」(安倍首相)


なに言ってんのと思ったが、その通りだった。
一点の曇りもない。
真っ黒だ!




↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


晋と昭恵の加計隠し 〜「頭に来た」総理大臣 [安倍体制]

「頭にきて言った」

安倍首相が、国家戦略特区の獣医学部新設は今治の一校に限らないと、突然表明した。

★新しき判断あきえてもの言えずズルの一声選挙直前


★プロセスに一点の温もりもなく日本全土を戦略特区

★プロセスに曇りがないと言うのならその確証を示してくれよ

「(愛媛県)今治市に限定する必要はない。速やかに全国展開を目指したい。意欲があれば獣医学部新設を認める」(安部首相 24日)



 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


「受けて立つ」→(逃げる)安倍語の真逆語法 3 [安倍体制]


安倍語の真逆語法(平たく言うと「嘘」なのですが…)3
萩生田副官房長官「受けて立つ」→(逃げる)

安倍語では字面と全く正反対のことを言うのは先に指摘した通り。

「何か指摘があれば、一つ一つ丁寧に説明する努力を積み重ねたい」
→ 一つ一つバッサリと拒絶する傲慢重ねたい

「そのつど真摯に説明責任を果たしていく」
→ そのつど無視するか逃げまくるか嘘ついて誤魔化していく

その最新版が萩生田光一副官房長官の「受けて立つ」発言。現実には逃げ回っている。
そして菅官房長官の会見。萩生田副長官の会見は不要と言う。
理由は要するに<不要だから>。

理由を聞かれ御託を並べるが理由になっていない。いわく

「文科省でも正確性を欠くと明確に言っているじゃないですか」
「萩生田副長官については文書の内容についても否定しております」
「萩生田副長官の知らないところで文書が作られているわけですから」

松野文科大臣が不正確だと主張し、萩生田副長官が内容を否定しているけれども、内容が正しいという無視できないだけの状況証拠が積み上がっている訳で、ここは臨時国会、証人喚問など、さらなる事実確認がどうしても必要なのだ。総理自身「そのつど一つ一つ丁寧に説明」と言たのは一体何だったのだ?!

「明確に言っている」といった言い方が、菅の騙しのテクニック。言い方が明確だろうが、関係ない。「正確性を欠く」とは正確な中身もあると言うことだ。さらなる検証がどうしても必要。

萩生田副長官に至っては、付き合いのないはずの人と睦じいパーティの写真が出てきている。総理同様、嘘を平気で言う人だ。そんな人が「内容について否定」しているからと言って、何ら検証が不要と言う理由にはならない。むしろ、それこそが、検証を必要とする理由たり得るほどだ。



 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


萩生田は悲しからずや安倍のあほ加計のあほにも染まりただ酔ふ [のら猫「狂歌合宿」]

萩生田は悲しからずや
安倍のあほ加計のあほにも染まりただ酔ふ
★付き合いはないといいつつこの写真
(若山牧水:白鳥は悲しからずや空の青 海の青にもそまず漂ふ)
PK2017062202100062_size0.jpg
加計問題 萩生田氏「知らない」と言うけど… 自身ブログに3氏写真
東京新聞 2017年6月22日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201706/CK2017062202000125.html

お尻切りしっぽも切って安倍晋三
腹切る代わり首を切るかも


めぐり逢ひて岸の孫ともわかぬ間に雲がくれにし「腹心の友」かな

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


ハゲているのはあなたです [のら猫「狂歌合宿」]

豊田真由子1.jpg豊田真由子衆議院議員豊田真由子2.jpg評判を下げているのは御本人豊田真由子3.jpg化けの皮ハゲているのは御本人

続きを読む


カゴトカゲ尻尾切っても生えてくる [のら猫「狂歌合宿」]

返したくて UZU UZUしてました。

「100万円を返す」 籠池氏が昭恵夫人経営の居酒屋「UZU」へ

★カゴトカゲ尻尾切っても生えてくる

★私人ぶる昭恵もきかず籠池はん金くれないに金返すとは

「籠池さん、お店で何か買いました?」「いいえ」

★籠池や買わず飛び込むUZUの音




↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


不思議の国のアベシ 安倍語の研究 真逆編2 [安倍体制]

ボクシングのタイトル戦

ボクシングの試合でチャンピオンが挑戦者から逃げ回り、まともに打ち合わず、果ては反則まで繰り出し、勝ったとします。ノックアウトさえ食わなければと逃げ回り、それでも自分寄りの判定を下す審判が数の上で優っているので、そのまま逃げ切ってタイトルを防衛するのです。

挑戦者は正攻法で攻めてくるのですが、チャンピオンはまともに戦おうとしません。ひたすら逃げ回ります。観客には野次がうるさいと文句を言います。かと思えば自分から挑発したりもします。レフリーからもちゃんと戦いなさいと警告を受けながら、戦うそぶりを見せたかと思うとすぐクリンチに逃れる。威嚇や目くらましもありますが、もっぱら無意味な時間稼ぎと逃げに終始しました。

これならファンの支持を一気に失うのも当然です。しかも、チャンピオンのスキャンダルをメディアが掴み、いよいよそれが放送されると言います。

そこで機先を制して記者会見です。チャンピオンは用意した原稿を読み上げ、反省を口にします。しかし驚きました。彼は、相手のボクサーも含めて、ひどい試合をしてしまったと、相手の分まで詫びているような言い方をするのです。そればかりか、自分はいいこともたくさんしたと、その場で盛んに自分の宣伝をし、これまでの経緯を書き替えるようなことまでしました。



安倍内閣総理大臣記者会見
首相官邸 平成29年6月19日午後6時
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2017/0619kaiken.html

なんとも姑息と言うか卑怯と言うかよくもまあぬけぬけと

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


梅雨空の暗き雨雲垂れ込めて日本の空は今日も晴天 [安倍体制]

内閣府、再調査、「総理の意向」などと発言した職員は確認できなかったと発表。文科省の再調査と食い違う結果。

★気がつけば嘘また嘘の連鎖かな
根拠なき結論だけを並べたて問題ないと言い張る政府
嘘ひとつもみ消すために嘘並べ

「藤原審議官いわく、官邸の萩生田副長官から」の記述は「作成した職員の勘違い」本人も「反省している」、内閣府。
「萩生田氏の指示」否定、萩生田氏。
「加計ありき」ではない、内閣府。
「政策の意思決定過程は回答できない」、政府。


「一点の曇りもない」、安倍首相。

★梅雨空の暗き雨雲垂れ込めて日本の空は今日も晴天

2017061799070005.jpg

「加計」内閣府調査1日足らず 文科省文書と照合のみ
東京新聞 2017.6.17
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017061790070005.html

続きを読む


プロパパンダ [新語100番勝負]

『プロパパンダ』

政府寄りの歪められた報道を行なっている放送局が、政府にとって都合の悪いニュースに割く時間を極力短くするために、あるいいは、そのようなニュースを一切放送せずにすむようにするために、重要性ははるかに劣るが万人が喜びそうな、文句を言われなさそうなことを伝える隠蔽忖度宣伝工作のこと。

(のら猫 寛兵衛編『悪魔の時事用語辞典』より)



プロパパンダ.jpg

続きを読む


アホ来ぬと目にはさやかに見えねども加勢のトーンにぞ驚かれぬる [安倍体制]

『アホ来ぬと目にはさやかに見えねども加勢のトーンにぞ驚かれぬる』

自民の加勢に立ち、金田法相のことを「誠実かつ真摯に答弁を行うなど」などと絶賛した公明党・佐々木さやか参議院議員。

ま、元歌は古今和歌集の藤原敏行朝臣、秋立つ日詠める

 「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる」

ですが、私は腹立つ日に詠んだわけです。

報道ステーションに出てた田原総一郎。あの公明党、自民への嫌味、当てつけでなかったら、バカ、あれ、バカですよ!と言い放った。

それにしても公明党の支持母体、創価学会の創立者、牧口常三郎のことを思うと、何をやってる公明党、目を覚ませ!と思う。牧口は戦時中、治安維持法で逮捕され、拷問を受け、獄死した。

その現代版がこの「共謀罪」だ。「平和の政党」の看板を掲げる公明党よ、目を覚ませ。あなたたちの罪は重い。あなたたちが自民党にすり寄るのでなく、反対すれば、暴走は食い止められたのだ。これからの日本でも、政府に反対する者が国家権力によって犯罪者に仕立てられ、この法律のもと、逮捕され罰せられるであろうことは目に見えている。今の沖縄を見よ。これからはこの法律が国家権力によって都合よく恣意的に運用され、平和のために国に反対する市民ですら、弾圧、迫害を受けるだろう。それはあまりにも目にさやかに見えている。

続きを読む


腹心と心腹〜ある疑い 不思議の国の安倍氏 [ことば]



「私の腹心」とは、自分がいちばん信頼し重用している部下であるということ。
「私の心腹の友」とは、腹を割って話し合える、心から信頼している友のことである。

安倍首相はどこでこれをあべこべにしてしまったか。この二つが頭の中でこんがらがったのであろうか。加計孝太郎氏のことを彼は私の「腹心の友」と言うのである。自分の右腕、いちばん信頼した部下のような友達というつもり?

それともひょっとしてこれも「云々」を「デンデン」と読んで大笑いを呼んだのと同じで、単に間違えて覚えていただけなのか。それとも世の中にすでにそのような誤用が広がっていたまでのことなのか。(そしてまだ誰もまだそのことに気づいていないということ?それともみんな知っているのだけれどもすでに世の中、大閤晋三様には対抗しにくくなっていて、誰もあえて指摘しようとせず、みんなして知らないふりをしている裸の安倍様状態ということなのか??)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


時そばの手口を真似て安倍答弁 [安倍体制]

空梅雨や奴に相応しバカめ!そば わかめそば.jpg
権力の座からあいつをおろしそば 10323001063.jpg


えー、毎度、バカバカしいお話にお付き合い願いますが、本日は時そばの手口の一席でございます。

政治家ってえものは、どうもこう嘘ばっかりつくものですね。息を吐くよに嘘をつきなんてえ人もいますが、国会で堂々と嘘をつく。獣医師会から要請があった、だなんてね。当の日本獣医師会の関係者が早速、要請なんかしちゃいませんぜなんて言ってるんですがね。要請があっただなんて嘘っぱち、よーせー、なんてね。ところがあまりにも嘘がたまりすぎまして、新聞も野党も、いちいち追及している暇がない。テレビなんざー、局によっちゃあ眞子様のご婚約もあれば、パンダのニュースだってわざわざトップ項目でもって延々とやりますし、私だって嘘が積み上がって倒壊の危険があるって国際救急医学会が警告したという話はすでにここでさせて頂いたところですが、そんなのをここでまたいちいち紹介していた日にはいつまで経っても落ちに辿りつけない。だもんですから、相手も調子に乗ってどんどん、ぬけぬけと臆面もなく嘘をつき続ける。もうシンゾーに毛が生えてる、ってなもんでして。

ー獣医学部の話してますよね? 松野大臣。
ーしてません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


前の30件 | -