So-net無料ブログ作成
検索選択

アホ議員で行列のできる自民党 「日本をアメリカの51番目の州に」 [戦争をする国 日本]

丸山衝撃発言.jpg

衝撃と言おうか笑劇と言おうか

 

日本が「アメリカの第51番目の州になる」

 

そうなれば


「集団的自衛権、安保条約はまったく問題にならない」


「世界の中心で行動できる」

 

と言うのだ。


日本が51番目の州になることについて.jpg

 ↓ ↓ ↓

 

参院憲法審査会。

 

憲法??


拳法かなんかの間違いじゃないのか?!

 

国会議員がこーゆーこと言い始めるとは思わなかった。


そしてオバマ大統領のことを:


奴隷ですよはっきり言って.jpg

「これは奴隷ですよ はっきり言って」って


奴隷はあんただ、はっきり言って。


アメリカの奴隷。(安倍首相からして。そのことはすでに書いた「乾杯で完敗 平和憲法


アメリカという国には、先住民を殺しまくり(セミノール戦争などという長い戦争もあった。ジャクソニアン・デモクラシー(何がデモクラシーか!)のジャクソン大統領の時代)、

「条約」で騙して土地を奪い、

どんどん西に進み、西海岸に達したという歴史があるが、


それを正当化したのが「明白なる運命」(マニフェスト・デスティニー)という考えだ。

 

自分たちが新大陸を制覇するのが「明白なる運命」だというのだ。

 

アメリカの進歩 マニフェスト・デスティニー.jpg

「アメリカの進歩」と題する1872年の絵。「明白なる運命」の考え方を明白に表している。


「明白なる運命」 は1845年にジョン・オサリバンがデモクラティック・レビュー誌(どこがデモクラティックちゅーねん!)で次のように表明した。自分たちには

 

「年々増加する数百万の我が国民の自由な発展のために、

 神によって与えられたこの大陸に、我々が拡大するという明白な運命(manifest destiny)」

 

があるのだ、と。


新大陸侵略、先住民虐殺、土地奪取を、神様を持ち出して都合よく正当化している。


そしてその延長上にハワイ併合やフィリピンの植民地化があると言ってもいい。


(さらに今なおアメリカはその延長上とも言えるのだ。民主主義や自由貿易を世界に広めるなどだまくらかして、「アメリカ文化」のソフトパワーで世界をマインド・コントロールにかけ

 世界を征服しようという魂胆がひそんだ国とも言える。だからマニフェスト・デスティニーの延長上にあるのがTPPとも言えると前から私は言っているのだ。その総決算だ、TPP。)

 


いずれにせよハワイ、フィリピンと来て

その延長上に日本が「51番目の州」?!

 

自分から持ち出してどーするんだ丸山さん。バカ丸出しじゃないのか。

 

アメリカは:

 

「これだけのですね、ダイナミックな変革をしていく国なんです」


と丸山議員だが、日本はですね、国会議員がこれだけのですね、

マゾヒスティックな変革を提案する国なんですよ。


「世界の中心で行動できる日本」だと?!


アメリカの屬州になって、なんで世界の中心なんだ??@¥$%#??


世界の辺境じゃないか!!

 


「バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが」


< バカみたい > じゃない。

 

バカそのものだ。

 

カメハメハ大王.jpg

これは


1810年にハワイを統一したカメハメハ大王の肖像画だが


ハワイはアメリカからキリスト教の宣教師が渡り、いつしか英語教育が始まり憲法ができ、

閣僚にアメリカ人がおさまり、気がつけばハワイの土地の大半は外国人の手に渡り、

宣教師はサトウキビやパイナップルの大農園経営者に変身していた。

ハワイの砂糖を無関税でアメリカ本土に輸出させるという甘い取り決めの裏で、

アメリカはハワイの軍事基地化をたくらんでいた。


ハワイに上陸アメリカ軍.jpg

そして「アメリカ人の命と財産を守る」ために海兵隊が上陸し、

アメリカの「保護下」に暫定政権ができるのが

1893年だ。ハワイの王様は退位。

 (ハワイの王家は日本に親近感があって、皇室に縁談まで持ち込んでいた。

      ああ、この王家の申し出をお受けしていたら、れば、、)

 (投獄されたハワイの女王リリウオカラニは「アロハ・オエ」♪の作詞者でもある。滅びゆく祖国の悲哀が読み取れる)

1894年、ハワイは共和国となり、

1898年、ハワイ併合案が米議会を通過、

1900年、アメリカの準州になり、

1959年、アメリカの50番目の州になった。


リリウオカラニ.jpg

丸山さんよ、日本をアメリカの51番目の州になんて話するのは、

リリウオカラニの悲哀を勉強して

からに

してほしいものだ。

 


予告

 

行列のできる自民党、丸山議員のことを書いたが、

山と来たら次は川、そして是非、岩と行きたい。

その前に島か。

 

 

丸山議員の憲法審査会発言に「暴言」批判 撤回謝罪 (2016/02/17)

https://www.youtube.com/watch?v=J1Ikg1QbjSg

自民・丸山和也参院議員の参院憲法審査会での発言詳細 朝日新聞

http://digital.asahi.com/articles/ASJ2K73JPJ2KUTFK010.html

自民党 議員また… 「米大統領黒人、奴隷ですよ」 丸山和也氏が発言

http://mainichi.jp/articles/20160218/ddm/041/010/159000c

 

丸山議員は弁護士時代、テレビ番組「行列のできる法律相談所」で有名になった。 

 


関連記事


乾杯で完敗 平和憲法 ♪どんなに遠くても私はあなたの一言でかけつける♪



            /\    /\
          m     (_ _)    m
        ブログランキング・にほんブログ村へ
          ↑ クリックよろしく ↑ 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

からしだね

始めてコメントさせていただきます。
笑える内容ではないのですが、久しぶりに思い切り笑わせていただきました。このところ次々と明るみに出る不祥事、コントかと思わせる内容ばかりでいちいち抗議することに疲れていたところでした。

今回の丸山発言、すべてのニュースをチェックしているわけではありませんが、「(オバマ大統領は)奴隷ですよ」という部分ばかり強調されていますね。私は「(日本がアメリカの)51番目の州に」という部分の方が日本人にとっては問題が深刻だと感じたのですが。

マスコミもアメリカの精神的奴隷なのかなあと思わせる、今回の丸山事件でした。
予告の「山と来たら次は川、そして是非、岩と行きたい。その前に島か。」、期待しております。

by からしだね (2016-02-19 13:45) 

noraneko-kambei

コメントを大変ありがとうございました。私は初めての返信です。

まさにおっしゃる通りなんです。「51番目の州に」といういところに誰も危機感を感じていない!そこに光をあてたかったのです。それと笑いをとるのが私のいつもの願望なので、blog冥利につきます。

オバマのお父さんはケニヤの人だったので違いますが、奴隷の子孫とか、先祖が奴隷だったと言う言い方は、アメリカでもよくされますよね。ただそれは、過酷な歴史を背負いながらよくぞここまで、という称賛や寄り添う気持ちとともに使われるもの。

しかし「51番目の州」のことを「ユートピア的」と丸山氏が言ったことに改めて驚愕します。ユートピア?@#!?その言葉の意味知って言うとぴあ? 地獄ですよ、日本がアメリカの州になるだなんて地獄!課題は、国会議員がこのような言説をふりまく、属国というか委任統治というか、この今の状態から抜け出して、真の独立国になること、かと。
by noraneko-kambei (2016-02-19 14:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: