So-net無料ブログ作成
検索選択

唯一の加曝国 [新語100番勝負]


新語:加曝加曝者カバクシャ唯一の加曝国積極的加曝主義

加害があって被害があるように
加曝があって被曝がある

これまでも日本は自国民、他国民に対して加曝をしてきた
想定内の加曝、想定外の加曝
国内の原発や原子力施設、ウラン鉱山
海外のウラン鉱山の開発・採掘や核燃料・廃棄物の処理・運搬
(ウランは豪州や米国西部、今はモンゴルを虎視眈々。処理は英国セラフィールドとか)

しかしこの福島市の(ものとされる)ポスターには目を疑った
(インターネットにあった)

被曝しよう!.jpg

これが本物なら)被曝者になれという福島市は加曝者

 積極的加曝者


当局がこっそり自国や他国の市民を被曝させる例はこれまであったし
いまなお存する
しかし
「被曝しよう!」「放射能に負けないからだをつくろう」
と当局がおおっぴらに市民へ被曝を勧めるとは・・
しかも子供に向けてのメッセージだ
ブラックジョークでなければ
人道に反する犯罪だろう

「急性の身体影響なし」とは人をバカにしている
ガンの発症など将来的な影響については責任もちません
と言外に言っているのだ

このポスターは捏造だったようだがいずれにせよ
「唯一の被爆国」はもう古い
この国はいつしか「唯一の加曝国」になり果てていた

安倍政権のもと日本は基準をどんどん緩めて
積極的加曝主義に転じた
20mSv という「とんでもなく高い値」の放射能に子供達をさらし
8,000Bq/kg以下なら除染土を全国の公共事業で再利用し
帰還すべきでない地域に住民を帰還させ
汚染した食料を流通させ国民に食わせ
などなど
日本は当局が積極的に人々の被曝を進めるという意味において

世界で唯一の加曝国

原発の輸出で海外にも大いに加曝を拡大していくことだろう

/\    /\
m     (_ _)    m
        ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ クリックよろしく ↑    


福島市、「放射線に負けない体づくり」呼びかけ 「表現が不適切」「風評被害助長」などの批判で文言修正


http://www.j-cast.com/2014/07/22211140.html?p=all

やはり上のチラシは捏造されたものでした。下が福島市の作ったもの。

ただ「放射線に負けないからだを」の呼びかけに批判もあり、その後「放射線の影響を受けにくい」に変更。

それでも一部には批判があるという。

news211140_pho01.jpg


忘れまじ涙ながらの記者会見
「20mSvってとんでもない高い数値です」




福島の米は「ときめき」田植えには
マスクしたうえ防護服きて



かくかくしかじか




アオザメで青ざめ



エンリギと縁切り




除染土隠さん全国拡散




やる気があれば出来る
Yes, we can, but we won't.



⇒ 
花は咲く 鼻は避く

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

noraneko-kambei

このフェイスブックで見つけたポスター(ちらし?)
どうやら改竄された偽物のようだ。
by noraneko-kambei (2016-04-08 01:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0