So-net無料ブログ作成
検索選択

AかっこC「病み上がり」鳥越俊太郎 [戦争をする国 日本]

鳥越俊太郎は幼稚。感情的で非論理的。そんな印象を与えたテレビでのやりとり。

 どこまでも小池百合子はしたたかよ
 ちゃんとたたかな鳥越負ける

5tS6mm4.jpg

「この人なら勝てると言って、政策も何もない人、病み上がりの人をただ連れてくればいいというものではないんです」

都知事選、核武装論者で差別主義団体とのつながりのある小池百合子に

もちろん私は入れるつもりなどないし鳥越俊太郎に入れるしかないのだが、
この演説に関するテレビでのやりとり、
小池百合子のほうがどうも一枚上なのである。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



鳥越俊太郎は、小池の使った「病み上がり」という言葉は世のガン生存者全員に対する誹謗であり、「一回ガンにかかったらもう何もできないんだと」決めつけている、差別だ、偏見だと息まいた。

しかしこれは「そこまでは言ってません」と小池百合子の言うとおりではないのか。

確かに小池は鳥越の健康不安を有権者にほのめかす発言だった。いやらしくはある。しかし、有権者が鳥越の健康や年齢に抱く不安は正当なものでもある。だから鳥越は < 病み上がりと言われるが、最後の手術は7年前です。ガンは完治しました、何の心配もありません > と正面から打ち消すのが筋だったはず。

そう言った記憶はありませんが、言っていたのなら失礼なことを申しました、とさらりと謝罪した小池が一枚上ではなかったか。。

それと「政策も何もない」と言われて、その部分に鳥越が何も反論しないのが悲しい。<「政策も何もない」とは何だ、これだけの政策がある > と具体的に並べたてて < ウソをいうな > と釘をさせば、視聴者に与える印象は全く違ったはずである。


/\    /\
m     (_ _)    m
        ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ クリックよろしく ↑    

小池 鳥越 159.jpg
小池 鳥越 160.jpg

小池はしたたかだ。そのしたたかさで買っている人も多いのではないか。

一方の鳥越は < これは僕に対することじゃないんですよ。
ガン・サバイバーという人は何十万、何百万といるんですよ >
とわめき立てるも、どうも空振りの印象。幼稚にすら感じた。

小池 鳥越 161.jpg

小池はしたたか。どこまでもしたたか。
「病み上がり」とは何だといきなり始まって最初の反応が

「ははは」

である。ははは。

鳥越ももっとしたたかに「論争」できないものか。

小池が核武装も検討するとしていることや極右団体の一員であることや宗教団体とのつながりのあること、問い詰めようと思えばいくらでもできるはずだ。真正面から改憲するのも一案だと言ったり、「新しい歴史教科書をつくる会」から知事選で支持を表明されたりしている彼女のファシスト的な面を多くの人に知らしめる絶好の場だったのに、小池が言うように「自ら論争の場を放棄」してしまった。

「保険会社のコマーシャルじゃないですけど」と小池が言ったのは、鳥越がかつて保険会社のコマーシャルに出て < ジャーナリストのくせに > と批判されたことへのあてつけである。
 

その小池も言っていた。「こんなの政策論争のうちに入らないですよ」と。「そこの部分しかご質問はないんですか」と。

えーかっこしーはもういい。自分の政策を訴えろ。相手の政策を突け。

それをしない、できない。健康もさることながら、能力、判断力、思考力を心配する。
あと11日で投票日。

小池百合子 竹村健一.jpeg


     /\    /\
     m     (_ _)    m
        ブログランキング・にほんブログ村へ

     ↑ クリックよろしく ↑  


この人ならば勝てると思

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0