So-net無料ブログ作成
検索選択

末は白紙か退陣か 八方塞がり安倍外交 [戦争をする国 日本]

白紙と言えば、白紙の領収書、政治家だけの超法規的に認められる特権らしいが、
安倍政権、このところ次から次へと白紙撤回に見舞われている。



 がちょ〜〜ん! 当てつけのようなタイミング。50万円の黄金のゴルフ・クラブを安倍が贈った直後にこれだ。 <大統領就任初日にTPP離脱を表明する> と表明したトランプ。 

次期大統領トランプと安倍が会ったことでオバマはすっかりおかんむり。
現職の自分を差し置いてというわけだ。
安倍はトランプが会ってくれたと自慢げなのだが、他にこの時期にトランプと会談する首脳などいない。
会うほうが非常識なのだ。 
 
ペルーのAPECで安倍オバマ会談は実現せず。
オバマに話かけようとした安倍だったが、オバマは取りつくしまがない。
 
 
そしてプーチンから喰らったのがこれ。


れれれのれー。
安倍領土返還の期待、白紙に。
わざわざ山口にお招きして、何を話す?

そして痛打3連発目はベトナム。安倍外交は完膚なきまでに叩きのめされる。


安倍政権が成長戦略の柱としていたベトナムでの原発建設、ベトナム側が白紙撤回。
どっひゃーっ!だ。 


<首相はお坊っちゃま育ちだが不良との付き合いが上手>と萩生田官房副長官
 
[不良」とは相手に失礼だとか、礼節を欠く、不適切との批判がもっぱらだったが、
批判さるべきは「付き合いが上手」という認識だろう。
軽くあしらわれているのは安倍首相のほうなのである。
海千山千の彼らにしてみれば「お坊っちゃま」なんて、赤子の手をひねるようなものだ。 
 
TPP発効の見通しがなくなったあとも国会でTPP承認の手続きを進める安倍政権。
メンツもあり、TPP推進のための予算もあり、 承認にこだわる安倍政権だが、
そんなヒマがあるのなら、トランプがTPPの代わりに求めて来る二国間の取り決め
FTA攻勢に備えるべきである。
 
いずれにせよアメリカが日本に要求して来るのは壊国なのだ。 

 
財界も、まだTPPにこだわるお目出たさ。 
トランプは、勤労者を苦しめて来た多角的な自由貿易協定からの離脱を公約に選ばれたというのに。 


 

安倍外交の破綻は明らか。
財界ともども心中か。
白紙の次に待っているのは退陣


       /\    /\
      m     (_ _)    m

    クリック!      クリック!  
    ↓            ↓         ブログランキング・にほんブログ村へ
  より多くの人に読んでもらえますよう
     クリックどうかよろしく!




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

noraneko-kambei

引用したツイートのリンクにLinkisというアプリに誘導するin.isで始まるスパムリンクが付着しましたので、削除し、新たに引用し直しました。
by noraneko-kambei (2016-12-10 03:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1