So-net無料ブログ作成

北朝鮮の問題を一気に解決する方法があります(2) [北朝鮮]

IMG_8096.JPG

質疑応答から

問い:金体制崩壊の可能性、指導者に対する忠誠心は?パレードの熱狂など、本物か?

答え:金正恩は幹部の心をつかむことができなかった。いつ不測の事態が起きても不思議ではない。

有力幹部でさえひざまずいて口を手で覆いながら話をする。「年寄りたちと仕事をすると口臭がすごい」などと金正恩が不満を述べているからだ。

前は、幹部がたとえ何か失敗しても、まずは左遷ですんだ。元の地位に戻すこともした。今はいきなり殺す。家族は収容所送り。

だからどんな不測の事態が起きるか分からない。 

人民も当局への反抗的態度、口答えをするようになっている。警察の取り締まりに住民が文句を言うことが、ここ2、3年、起きているのだ。 

金日成の時代も、パレードで涙は流しても、それが過ぎると文句を言ったりもした。何キロも歩かせやがって、食い物くらい用意しろ、とか。

しかし、最高指導者への忠誠度を数値化すると、金日成時代が100なら、金正日時代は60-70、金正恩は20-30。

結論としては、上からの変化は急激に起きうるが、下からの変化は少しずつ、ということ。

核は決して手放さない。だから国際的な経済制裁は続く。経済の発展は見込めない。だから、あの体制に未来はない。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


問い:核開発の目的は?そもそも金日成が1950年代後半に決断したことだと思うが。

答え:金日成は朝鮮戦争で「南鮮」の解放に失敗したのは、原因として1)米空軍の力、2)南鮮の革命勢力が育っていなかったこと、3)米軍の核戦力、があったと考え、1950年代から60年代にかけ、南鮮すなわち韓国を解放するために核開発に力を入れた。

それは北朝鮮が韓国に電撃的な奇襲を行なう際、アメリカが介入できなくするためであった。しかし日本がアメリカの兵站(後方支援)を提供する。だから日本からの武器や兵力の流入を阻止しなくてはならない。そういった目的は今も続いている。

ただ、変化があったのは1990年代初め。それは、共産圏が崩壊したこと、中国が経済開放路線を始めたこと、北朝鮮の経済が崩壊したことであった。そこで加わった新たな目的が、金独裁体制の維持であった。当初は、アメリカとの対話という目的はなかったのだ。逆に、アメリカの方から北朝鮮のドアを叩いてきたのである。そこで北朝鮮にも分かった。核開発を行なえば、アメリカを引きずり出すことができる!

こうして核開発の目的は、1)南の解放、2)金一族の支配体制の維持、強化、3)アメリカとの対話、平和条約の締結、となった。在日米軍の撤退や韓米同盟の崩壊もそこに含まれる。

問い:北朝鮮が核兵器を使うとは思えない。在日米軍に使おうにも、アメリカがそのまま何もしないとは考えられない。使えば自滅。持っていても使えないのでは。

答え:北朝鮮も核兵器で先制攻撃を仕掛けるほど馬鹿ではない。核を使うなら政治的な混乱状態、無政府状態をきたしてしまう。

北は韓国の一部でも占領するような突発的な事態において、アメリカが介入して来て初めて、核兵器を使う構えとなる。

南北で武力衝突から全面戦争に発展したようなとき、どっちにせよ滅びる、という状況のもと、核のボタンを押して滅びる、ということはあり得る。

核に関しては金正恩も基本は、核を持っていると他国が手出しできなくなる、優位に立てる、米国や韓国を動かせるということ。核兵器を持っていることと使うこととは別問題なのである。

韓国の人々にとってはソウル首都圏や北方西の海の限界線の島々に脅威を感じているが、北が奇襲を仕掛けてきて、韓国さらにはアメリカが反撃してきたら、北が核を使う構えを見せて威嚇しようとすることはあり得る。

問い:8〜9回の長距離ミサイルの打ち上げ、成功したのは1回のみで、それ以外すべて失敗している。アメリカによるサイバー攻撃によるものか?トランプ政権は「ノーコメント」だが。核実験に対してもサイバー攻撃は可能なのか?

答え:中距離ミサイル・ムスダンは金正日時代に実戦配備している。10発を打ち上げ、その多くが爆発。実践力としては疑問。バカなことをしているなと思っていた。

しかしアメリカがサイバー攻撃をしているから失敗続きかどうか。アメリカは確認も否定もしない曖昧な態度。

失敗続きで金正恩はおかんむり。何度失敗したら気がすむんだ?!と検閲団(調査団)を送り込んでいる。その結果はまだわからない。失敗続きがサイバー攻撃のせいかどうか、韓国軍も答えないだろう。

IC基盤も輸出制裁品目で北朝鮮では入手困難。冷蔵庫の基盤を剥がしてまでして流用しているという。しかしそのような粗末なものを実践配備しているとはあまり考えられない。だからアメリカによるサイバー攻撃が原因ということはありうる。

イラン・イラク戦争のとき北朝鮮は数百基のミサイルを輸出し、それらのミサイルはちゃんと飛んだ。北朝鮮が10発中9発まで失敗するほどお粗末な作り方はしていないと思う。

世界でいちばん怖いミサイルは何か知っているか?北朝鮮のミサイルだ。精度が劣り、「誤差」が数キロある。アメリカや韓国のミサイルなら誤差はせいぜい5メートルから10メートルなのに。だから戦略的拠点に近づかない限り人は安全であるが、北朝鮮なら、防衛省を狙って、この大学に着弾しないとも限らない。

問い:

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サイバー攻撃に懐疑的な記事:

北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相
Are North Korea's Missiles Failing? 4月27日

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7496_2.php

北朝鮮が意図的に爆破させているという情報もある:

https://www.facebook.com/yoonbok.song/posts/1601809849876493?pnref=story
固体燃料の噴射テストであり、高価な燃料を浪費することもないので、打ち上げ直後に自爆させているのだと。
さらに、核実験、大陸間弾道弾の打ち上げも近いうちに行うのだという。
9日の韓国の大統領選挙が終わってから。

「北朝鮮危機」はあざとい猿芝居だ! 日米朝「形だけ」の演出
半田 滋  2017.5.3 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51641

金日成生誕105周年(4.15)や建軍85周年(4.25)の当日ないし数日遅れのミサイル発射はいずれも直後に爆発。しかしそれは、米国の脅威にはなりませんよというトランプ大統領への北朝鮮なりのメッセージ。「失敗」の一言で片付けては失礼、と分析。
アメリカ軍の大船団も、北朝鮮の自走砲300門も一箇所に固まって臨戦態勢ではありえない無防備な形(護衛能力の劣る自衛隊の「いづも」が太平洋で「米艦護衛」というのも実績作り)とのこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       /\   /\
      m  (_ _)    m 
   クリック!      クリック!  
   ↓              ↓    
    ブログランキング・にほんブログ村へ
  より多くの人に読んでもらえますよう
     クリックをどうかよろしく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0