So-net無料ブログ作成

亀裂の季節 軍事か外交か アメリカの大統領と閣僚たち [北朝鮮]




「首相の懐刀」「小独裁者」「影の首相」とも言われる今井尚哉・総理秘書官の「辞めてやる!」発言で「総理が謝罪」したと伝えられるが(週刊ポスト2017年9月15日号)、アメリカではトランプ大統領と閣僚たちの意見の違いが繰り返し表面化している。リークされるといったことではない。閣僚たちが公然と大統領の発言や方針と食い違うことを口にするのだ。

先週は大統領と国防長官に亀裂?
トランプ大統領「北朝鮮は対話ではだめだ」
マティス国防長官「対話の機会がなくなったわけではない」


トランプ氏が軍事行動選ぶかも…日本政府内に懸念
朝日新聞 2017年9月4日
http://digital.asahi.com/articles/ASK93539NK93UTFK00P.html

今週は閣僚らが北朝鮮への対応をめぐり議会で説明会合(非公開)。
民主党議員らは、外交優先か軍事優先か、大統領の方針と違うことを聞かされたと、戸惑い、懸念している。さらに日本のメディアでは、トランプの意向が、違ったふうに伝えられているように思う。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

議会ではマティス国防長官、ティラーソン国務長官、ダンフォード統合参謀本部議長、コーツ国家情報局長官が政府の方針を説明。しかし、説明を受けてマーフィー上院議員(民主)は、こう言っている。政府には「北朝鮮政策が2つあるように思える。一つは国防総省と国務省のもの、もう一つは大統領のツイッター」と。



6日の国防長官や国務長官らの説明には、大統領の言う「(空前の)炎と怒り(を北に見舞う)」といったがなりたてるような激しさ、取り乱した感じはなく、いたって冷静なのだが、その違いが心配だと言う民主党議員たちもいる。

中身も「大統領の言っていることと矛盾している」とマーフィー上院議員。閣僚らの言っているのは外交最優先の戦略であり、大統領の言っていることと食い違うというのだ。外交最優先の戦略は「大統領によって明らかに拒否されている」と。「これでは全世界が首をかしげるはずだ」。「この人たち(国防長官、国務長官、統参議長ら)と彼らの上司(大統領)との間に信じられないような断絶があって、私はとても心配だ」。

先に4日はマティス国防長官が、「北朝鮮がアメリカやその同盟国を脅しつづけるなら大規模な軍事行動で答える」と警告したばかり。ヘイリー国連大使も「金正恩は戦争をしたくてたまらない」と警告した。
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-09-06

カーディン上院議員:「もちろんトランプ大統領は、時々、違うことをいう。一貫性は必ずしもない。だから、政策に一貫性があるのかどうか、心配はつきまとう」

説明を受けて安心したかと聞かれアダム・スミス議員:「いや、そんなことはない。もちろん、ティラソン国務長官などは(大統領より)穏やかな語り口。しかし、言っていることはそんなに違わない」

戦争になる心配はないのかと聞かれソーンベリー議員:「もちろんある。私が心配しているのは、金正恩が、祖父の始めたことの仕上げをしないかということ」朝鮮戦争のことだ。「もし彼にその覚悟があるのなら、危険だ」



テレビ朝日は「トランプ大統領が「最終的には対話」の方針を伝えた」
と伝えたが、上に紹介した議員たちの話から推測すると、そうではなかったようだ。
閣僚たちの説明(非公開)ではそのようなのだが、民主党議員らはとらえ方では、
それは必ずしも大統領の方針ではないのだ。

トランプ大統領「最終的には対話」の方針伝える
テレビ朝日 2017.9.7.
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000109474.html

ロイター日本語版には大統領が「軍事行動は回避したいと述べた」とあるのだが、これも少し違う。

「できれば回避したいが。。。」だ。「デキレバ回避シタイガ、テンテンテン」なのだ。
外交に重点があるのか、軍事に重点があるのか、軍事攻撃に傾斜しているのか、抑制的か、、
要するにすべて、どっちとも取れるのである。



「北朝鮮とは話してもだめだ」(トランプ8月30日)
これまでは「すべての選択肢がテーブルの上」と言っていたのに。


ティラーソン


今井


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  いつもお読み下さり有難うございます
        /\   /\
      m  (_ _)    m
   クリック!        クリック! 
     ↓            ↓ 
      ブログランキング・にほんブログ村へ
    誠にお手数とは存じますがどうか
↑クリックをどうかよろしくお願いいたします↑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「北朝鮮にとってとても悲しい日」トランプは攻撃するのかしないのか
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-09-08

中国が提案した「双暫停」 誰が戦争をしたいのか(2)
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-09-07-1

「金正恩は戦争をしたくてたまらない」 誰が戦争をしたいのか(1)
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-09-06

ひょっとしてもう軍事オプションに決めてしまったのか。
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-08-31-2

『戦争に転げ落ちてく安倍日本』
https://twitter.com/cnni/status/902914566325235714

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。