So-net無料ブログ作成

「それが分かりゃ苦労せんのです」よく言うよ 分かってるから苦労してんだよ [きょうの一言]

34386840_2029597477303041_7781173807573630976_n.jpg

改竄の動機を聞かれ「それが分かりゃ苦労せんのですよ」(麻生太郎)。

よく言うよ。
分かってるから苦労してんだよ。
しかも苦労してるのはあんたじゃないんだよ。

みんな嫌というほどよく分かっている(安倍を守るという動機)。
なのに責任の追及が思うように進まないから苦労してるんだし、苦労してるのは国民。
麻生なら < ごまかせて隠蔽できてウッシッシこれで辞任せずに済むかな > が本心だろうに。
そこまで分かってるのに辞任させられないから苦労してんだよ。国民が。

『辞めないの?どうすんの? 聞いてんだよ 国民が』
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2018-06-04


知ってるくせに1.jpg

←クリック  ブログランキング・にほんブログ村へ
       ↑ クリックをよろしく! ↑

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

進退は考えず.jpg

「私の進退は考えておりません」なぜこの一言で済まされるのか。なぜ考えていないのかその理由を詳細に述べ、国民の納得を得なくてはならないはずだ。それがなくてこんなことがまかり通るのなら、この国はすでに独裁制だ。民主主義国のふりはしてても。
https://youtu.be/JS3Ejlwjn3U


 


調査の調査が必要

この「調査」は調査が必要である

「改ざんによって隠したかったことは何なのか」とあるが
甘い調査によって隠したかったことは何なのか?
問わねばならない

新聞の見出しに並ぶ「甘い調査」、「晴れぬ疑惑」、「答弁の意図検証せず」、「値引き妥当性調べず」、「軽い処分」、「温存」、、
「身内による調査、解明されない点も多く残る」

当たり前だろ!

「犯人たち」に調査させて、「徹底解明」(首相)など無理なことは目に見えていた。
調査の目的は「再発防止」(首相)などではない。

目的はこうだろう:

 問題の隠蔽
 責任の回避
 麻生、安倍の生き残り
 昭恵、加計孝太郎を逃し
 モリカケの幕引き

甘い調査によって隠したかったことは何なのか?
(知ってるくせに!)

この調査の調査が必要である

「官邸関与を否定するための報告書」

この「報告書の内容では調査したとは言えない」「幕引きは許されない」。野党が佐川前理財局長、昭恵氏らの証人喚問や集中審議の開催を改めて要求。

国民・玉木雄一郎:「これほど組織的に国権の最高機関たる国会を欺いたことは過去に例がない」。「私や妻が関係していれば総理大臣も国会議員も辞める」で改ざんが始まった。「一番の根っこは安倍総理の発言だった。行政の信頼確保のためにも総辞職すべきだ」。

立憲・辻元清美「戦後最大と言われるような公文書の改ざんを許した政治責任をとるには大臣の辞任しかない」。

共産党・小池晃:改ざんの動機について麻生氏「それが分かれば苦労せん」は「財務省の調査が無意味だと自ら告白しているようなものだ。そんな大臣が続けても何の解決にもならない」。首相官邸の関与などについて徹底究明していく考え。

立憲・蓮舫:「いつ始めたか、いつ指示したかという日程が全部抜けている。財務省の調査は信用できない」。第三者委員会による事実解明の必要性を指摘。

財務省担当者:改ざんのきっかけが首相答弁だった「という認識はしていない」

野党:「動機は全く納得できない」これは「官邸関与を否定するための報告書」

野党、政権強く批判 麻生氏辞任要求を確認 森友文書改ざん
朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/DA3S13526134.html





「改竄はなぜ行われた?」

「それが分かれば苦労せんのですよ」(麻生太郎)

嘘つけ!知ってるくせに!
安倍夫妻をかばうためだよ。

と言いたいところだが、仮に麻生大臣の発言が嘘でなかった
としたら
徹底究明が目的だったはずの調査
それが目的を達しなかったことを自ら認めたことになる。

どっちにころんでも財務相の続投はありえないという話だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   最後までお読み下さり大変ありがとうございました!
           /\   /\
          m  (_ _)   m
  クリック→    ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑誠にお手数とは思いますがクリックをどうかよろしく ! ↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ブログ更新しました♪」
 今日のブログ更新


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。