So-net無料ブログ作成
検索選択

東京講演 チュニジア国民対話カルテット(2015年ノーベル平和賞) [その他 国際政治]


市民ネットワーク for TICAD 「みんなのTICADフォーラム」の開会式    (早稲田奉仕園 スコットホールにて 3/19) 10年ほど前の同じような会議は確か3日間で参加国、参加者もこれよりずっと多かったが、中身は今回のほう...

国境なき通訳団さんの投稿 2016年3月21日
 

このときの基調講演「チュニジア国民対話カルテット」(2015年ノーベル平和賞
を講師と通訳のメモから忘れないうちに再現しようと思う。
 

講演 へ


花は咲く 鼻は裂く [戦争をする国 日本]


NHKのクローズアップ現代でいつか < 世に蔓延するポエム化現象 > とかいうのをやっていて、この春でクローズダウンされる国谷裕子さんを前に評論家先生だか大学の先生だかが違和感があるといった風で解説しておられたのだが、居酒屋でこき使われる若者たちが仕事にかける夢と希望と情熱を熱くぶちまけ合う「甲子園大会」を紹介。彼らを搾取しているようにしか思えない彼らの勤務先の店へ行ってみるというと、これまた店内いたるところに、努力目標というか、辛いけれども全力投球で前を向いて生きていますという、笑顔一杯でやりがいを以て仕事にかけている彼らの彼らの熱き熱き想いが縷々書き連ねてある。新興宗教か何かのようなこの異様さは何? みたいな流れ。記憶違いがあるかもしれないが。

0501nisida.jpg

 ↓ ↓ ↓

続きはここからお読み下さい


モスル [中東]

 
モスルのダムが
ともすると
ややモすると
崩れかけている

崩れたら
高さ14メートルの水があふれ出て
百万人が死ぬだろう

サダム・フセインが造った
モスルのダムが
もすぐ
崩れる

Mosul dam is at risk of collapsing and 'causing a catastrophe of epic proportions' which would kill up to 1.5 MILLION people warns US ambassador Daily Mail

Mosul Dam at risk of 'catastrophic failure' CNN

 

/\    /\
m     (_ _)    m
        ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ クリックよろしく ↑  


地名的あやまち ホボ 致命的 島尻のしくじり [戦争をする国 日本]

歯舞01.jpg

歯舞02.jpg

2月の記者会見で島尻安伊子大臣:「はぼ、えー、何だっけ・・」(*1)

北方担当相のくせに北方四島の「歯舞」(ハボマイ)が 読めない!!??

めまい、あぶない、絶句、唖然、呆然、あいた口が塞がらない、jaws dropped

なんとお粗末、無能力、無学力、無知、無責任、無自覚、、

という世の驚きに乗じて北海道新聞もたたみかけた

↓↓↓

 

続きを読む


もっと知らさんとモンサント(2) [環境]

(1)で書いたような実験動物や家畜や人間に起きる様々の異変。
どうしてこんなことが起きる?
考えられるのは大別して3つとジェフリー・スミスは言う:

1) 遺伝子組み換えの操作そのもので予期せぬ異変が起きる

作物にもともとあった遺伝子が削除されたり、配列が変ったりしている。それは予期せぬ変異であり、アレルギーや病弱な体質、ガンなどにつながっている可能性がある(*5)。

2) Bt毒素 

二つ目はすでにふれたBt毒素。自然界にも存在するBt毒素と違って、遺伝子組み換えのものは、消化器の中に入っても活性化されたままである。活性を"OFF"にするスイッチが作動しない状態という。訴訟の中で明らかになったモンサントの研究でも、腎臓や肝臓といった臓器の異変が確認されてる。他にも、血液の異変などが認められる(*6)。

3) 除草剤ラウンドアップ(主成分グリホサート)

3つめは商品名ラウンドアップのモンサントの除草剤である。売り出されてから最初の16年(1996-2011)で2億4000万Kg近く使われた。その主成分グリホサートは、内分泌撹乱物質(環境ホルモン)であり、先天異常を惹き起こし、ホルムアルデヒドを生成する。WHO世界保健機関が人に対する発がん性が「おそらくある」であろうとしている(発がん性2A)物質である。

ぐりほさーと散布.jpg

 ↓ 
 ↓  ↓

続きを是非お読み下さい