So-net無料ブログ作成

君よ知るやシルク・サミット [歴史]

君よ知るやシルクの国
「第一回シルク・サミットin前橋」
不思議なえにし
官営の富岡製糸場の前に
藩営の前橋製糸所と
郷里熊本(と私の先祖たちーー知らなかった)

幾すじかの糸でつながっていた

IMG_6320.JPG
(大河ドラマ『花燃ゆ』でおなじみ旧群馬県庁)

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 

続きを読む


アベシンゾローム [原発・地震]

『アベシンゾローム』

それは日本の原発の起こした炉心融解が
地球を突き抜けちょうど裏側のリオデジャネイロに
土管!と突き出る悪夢のこと

原発とアベが日本を滅ぼし
世界をも巻き添えにしかねないことを象徴的に描いた黒い笑いのまさに歴史的傑作

安倍晋三を役者に東京とリオデジャネイロ五輪閉会式をつないでのこの大芝居
安倍のウソ八百と原発の恐怖を世に知らしめるには
これ以上の道具仕立てはなかったでじゃねいろ



『アベシンゾローム』:あらすじ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


てーへんだ! [経済]

お代わり自由のコーヒーは体に悪かった。本物を飲め。

「安かろう悪かろう」も味が劣るくらいならまだしも、鉄分が吸収されにくくなったり、カルシウム不足になったり、体の治癒力や免疫力が低下する悪循環、だなどという「安かろう健康に悪かろう」は大問題。

経済はいつしかひたすら利潤、ひたすら低価格の底辺への競争しているうち、健康も底辺への競争を始めている。こりゃてーへんだ。



添加物てんこ盛り

添加やめてんか。安くするためこれだけ添加物を入れているらしい:

 増量剤:リン酸塩
 合成香料:酢酸ベンジル、ジメチルチオエーテル、B-ナフトールエチルエーテル

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


「ガッツポーズ」の張本人 [ことば]

張本は卓球を 柔道や相撲と 勘違いしている



リオ五輪の卓球の水谷隼に「肩から上に手を挙げちゃだめなのよ」と張本。

m0022047926.jpg
f-sp-tp0-160818-0040.jpg
o-MIZUTANI-JUN-570.jpg

 子供の頃からいちばん好きな野球選手のひとりだったが
ボケたのか張本?

王が756号本塁打(当時の世界最多)の記録を達成したときが
これ:


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


嘘つきは戦争の始まり [戦争をする国 日本]

日本というのは、米英から信じ込まされた嘘っぱちをーー当の米英が撤回してハシゴを外されたあとも、ひたすらその嘘っぱちを信じ続けるという不思議な国だ。

イラク戦争しかり、平和のための原子力しかり。気がつけば、イラク戦争の大義をまだ信じ続けているのはこの世界に日本くらいしかいないのじゃないのか。原発に邁進し続けるのもやがて日本くらいになるのじゃないのか。

イラクでも原子力でもババつかみ
この道強くひたすら前に

img_visual01.png

政府は今週、日本がイラク戦争を支持したこと、自衛隊を派遣したことに関して答弁書を出した。

「当時の日本政府の判断は、今日振り返っても妥当性を失うものではない、政府として改めて判断について検証する考えはない」(2016年8月8日)

アメリカもイギリスも、開戦には間違いがあったとする検証作業を終えている。オランダも。

↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


おっちゃん [人生]

飼い主の帰りを病院の前で待つワン公
8ケ月待ち続けている

 おっちゃん どーしたんやろ
 いつ帰ってくるんかなー

おっちゃんは帰って来ない
すでに死んでいる

Ce-chien-attend-son-maitre-devant-l-hopital-ou-il-est-decede.jpg (Photo: Paris Match)
↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


ゴムの木の林の中で泣いている カリマンタンの オランウータン 見つかりまんたん [生物多様性]

カリマンタンの
ゴムの木の林の中で

 お母ちゃん お母ちゃん
 お母ちゃんが オラン オラン

と泣いている
オランウータンの赤ちゃんが
見つかりまんたん

2016_08_04_よこ.jpg(Photo: The Jakarta Post)

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


銃でウータンといて [生物多様性]

生き物たちが今ささやいていること(5)

100年前は何十万頭ていてたんや

それが今4万頭
国連の予測では2023年には1,000頭しかオラン
うーたん

オランウータン撃たれる/ボルネオ.jpg(写真:ハフィントン・ポスト)

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


いよいよか 伊予灘 いやだな [原発・地震]

「地震の神オオクニヌシのいる佐田岬に原発をおいてはならない」

bit.ly/1Qo8ATL(保立道久東大名誉教授)

地震の神オオクニヌシは仲間のスクナヒコ(=硫黄の神)が病気になると治療のためにと豊後の別府から道後温泉に「樋」を通して温泉を引いた。神話時代の人びとも豊予海峡海底にエネルギーパイプ=中央構造線を認知していたのだ。

保立先生は、この神話は小学校で教えるべきと書いておられる。確かに、この神話が因幡の白兎の話が子供にも親しまれるほどに広く知れわたっていたなら、伊方原発もなかっただろうし、上関の計画もなかっただろう。何も、よりによってそんな所に原発を、と。

原発をこんなとこには置けな伊予
オオクニヌシのまします岬


しかし考えてみれば、何も、よりによってこの地震大国・火山列島の日本に原発を、である。

ああなんと愚かな!

新規計画中の
上関原発‬、山口県が海の埋め立てを許可。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む