So-net無料ブログ作成
検索選択

「何を調子のいいこと言ってんだよ解散」内閣総辞職が筋 [国内政治]

国会を侮辱。「何を調子のいいこと言ってんだよ解散」、内閣総辞職、が筋ではないのか。

吉田茂は野党の質問中「バカヤロー」と小声で呟きそれをマイクが拾ってご存知、バカヤロー解散、内閣総辞職となった。

孫の麻生太郎は答弁の直前、マイクが拾うよう意図的に呟き、すごみをきかせた。

「何を調子のいいこと言ってやんだよ」(怖いよ〜)

安倍総理はと言えば、野党の議員が自分を侮辱したと言って荒れ狂い、「しどろもどろにはなってません」と言ってしどろもどろになっていたが、国会や国民を侮辱しているのは自分たちのほうである。

重大な問題なのだから、やましいことがないのなら、冷静に、きちんと誠実に答えればいいものを、総理、副総理ともあろう大の大人が国会でこれでは、塚本幼稚園の子供達に笑われる。

そして「調子のいいこと言ってる」 のは

麻生さん

あなただ。

「ゴミ撤去は適切に対応、確認する必要はない」
「交渉記録はすでに廃棄」

などなど、調子のいいことばかり並べたてている。

あれほど絶賛していた森友学園のことも先週から掌を返すように

「非常にしつこくて、苦し紛れに」引き受けた、


ということになっているし、

首相夫人の挨拶文の削除と名誉校長辞任を含むここまでの一連の調子の良さは

滑稽なほどである。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む