So-net無料ブログ作成
検索選択

永遠のゲロ [戦争をする国 日本]

永遠のテロ


王毅外相のことば。
平和憲法 を持ち、首相が積極的平和主義を唱えてる国が言うべきことを
中国に全部言われてしまっている:

「戦争が起きれば誰も勝者になりえない」

「最近、米韓と北朝鮮が互いを狙って刃物を握り弓を引いて、嵐の前夜の形勢になった」

「中国はいかなる形であれ緊張を高める言動と行動に一貫して反対する」

「武力では問題を解決できず、対話のみが唯一の出口ということを歴史は何度も証明してきた」

「朝鮮半島の問題は、誰の言葉がより凶悪で、誰の拳がより大きいかで(解決)できるものではなく、ひとたび本当に戦争が起きれば、誰も勝者にはなれない」

「中国は各国に訴える。言動も行動も互いをこれ以上刺激せず、事態を挽回不能、収拾不能の状況まで追い立てるな」

「中国は開放的態度で各国が努力する建議を受け入れる。対話をするということならば、公式であれ、非公式であれ、2者でも、3者でも、4者でも、中国はすべてに支持を送るだろう」と話した。

「朝鮮半島情勢が複雑で敏感なので、私たちはすべての国に冷静と自制を要求する。朝鮮半島の緊張を高めかねない行動をしてはならない。そうした行動は無責任で危険だ」

「あおりたてたり火をつけてはならない。この問題で火に油を注いではならない」

「中国は朝鮮半島に混乱が生じることにも戦争が勃発することにも反対する。これは米日韓を含む領域内各国の利益に符合する」

「挑戦の中に機会があり、緊張の中に対話復帰の機会がある」



『永遠のゲロ』

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


熊本地震から1年 首相談話は福島の使い回し [原発・地震]


熊本で福島のコピペ談話 不作為安倍首相の空っぽ復興計画

日刊ゲンダイ 2017.4.16

私の不見識から屋内に避難と指示してしまいしまい、かえって被害を拡大させてしまったことをお詫び申し上げたいところ、福島用の作文の使い回しのため、そういうことは入っていませんでした。

派遣した松本文明対策本部長も「握り飯なんかで戦えるか!」などと熊本の方々には無礼なことを申したようですが、無礼といえば、私の妻を犯罪者扱いする籠池氏や野党の方々の方が、よほど無礼です。私は総理大臣なんですから。

私は不愉快ですよ。ほんとに不愉快です。

私は今後とも与えられた原稿を読み上げ、この道しかない日本のreaderとして、職務に誠心誠意邁進してゆく、断固としてブレない覚悟と決意でございます。

↓ こちらはちょうど一年前:
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2016-05-10
『来んちゃよか 松本文明の衝突』

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


桜を観る会…「風雪の五年」