So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

あったことをなかったことにはできません? できますとも! [戦争をする国 日本]

前川あったものをなかったことに.jpg

大変申し訳ないが できるんです できますとも 閣議決定ですよ

 

首相自ら「念のために辞書で調べたんです」と言ったのは私も映像で見た。印刷されているのも見た。それをなかったことにするのか。また「答弁書」で閣議決定か。これぞまさに前川前次官の言った「あったことをなかったことにする」「白を黒と言いくるめる」ではないか。

 

首相自ら辞書引かず 「そもそも」答弁で政府

2017526 1257分(共同)

政府は26日の閣議で、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の国会答弁で安倍晋三首相が引用した「そもそも」の語意について「首相が自ら辞書を引いて意味を調べたものではない」とする答弁書を決定した。首相が「辞書で調べたら『基本的に』という意味もある」と答弁して反論した経緯がある。

民進党の初鹿明博衆院議員の質問主意書に答えた。

 

一体この首相は、この政権は、どこまで嘘を積み重ねれば気が済むのだ。「嘘はドロボーの始まり」というが、卒業後に払わせるくせに教育の無償化であると嘘をつく、国民には増税、負担増、金持ちがより金持ちになるだけ、国民から税を吸い上げ、自らの極右共同体や血縁者、地縁者、腹心の友らに税金を垂れ流す、これまさに窃盗団のような政権である。

 

最後はきっと戦争に突き進んでいくはずだ。「嘘は戦争の始まり」でもある。

 

国民は、メディアは、この政権の嘘を一体いつまで許すつもりなのか。待っているのは独裁強権安倍体制だ。というか、気がつけばすでにその体制に入ってしまっているではないか。「あったことをなかったことにする」「白を黒と言いくるめる」ことができるのだから。

 

続きを読む


ギョッ 私自身自信が揺らぐ地震と深海魚 [地震]

2014年5月4日の記事の復刻版です。ここでもメガマウスに触れていた。
これ書いて翌朝なんと東京は震度5弱マグニチュード6。

私自身自信が揺らぐ

東日本大地震の起きた2011年3月11日の直前

岐阜県のさる温泉では

水位が急上昇/急降下を繰り返して推移

という話を聞いたことがあったが、きのうおとといと

飛騨地方で地震が続いたというこの日だ

海の珍事も自ずと気になるではないか

地殻プレートのずれやマグマの移動で電磁波が発生

それを生き物は感じるというのだが

高知県室戸沖では見た事もないような魚が連日大量に出現

4月22日 謎の深海魚「ホテイエソ」105匹捕獲

えそー?!
深海魚と地震 210.png

かと思えばこのところ福井沖で「マフグ」の大漁30トン、40トンが4、5日続いている。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


目が舞うス 巨大サメの出現 巨大地震の前触れ?! [地震]



深海に棲む幻の巨大ザメ「メガマウス」千葉沖で捕獲
世界的にも珍しい映像
全長5メートル
てこれ
巨大地震の前触れじゃないのか!


このところ鹿児島では火山の動き、カムチャツカでも噴火、
その一方で、東北から関東での揺れがこのところピターッと止まっている。

調べてびっくり。去年4月の熊本地震の直前にもお化けザメ、出現していたではないか!


4e75db02-s.jpg

発見、捕獲から2か月以内にマグニチュード6.0以上の地震:

1994年11月29日福岡市東区の砂浜で死骸を発見。1か月半後に阪神・淡路大震災(M7.3)。
2011年1月14日の発見(三重県尾鷲沖)のおよそ2か月後に東日本大震災(M9.0)。
2014月4月14日の水揚げ(静岡市由比漁港)から約1か月後に伊豆大島近海(M6.0)。
2016年4月15日尾鷲港で水揚げ、16日未明熊本地震本震(M7.3)。

世界での発見は60例ほど。うち18例が日本。wikipedia

体長5メートル、メガマウス水揚げ 尾鷲港(三重県)

中京テレビ 2016.4.15

まずいことに明日朝は都心に出かける用事がある。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

続きを読む


華麗なる日々 [人生]

道玄坂上

渋谷スペイン坂 (嫌な地名だね。植民地じゃあるまいし)

自然食品 BioCafe 渋谷
黒ごまカレー野菜とり放題
1,280円
ちょっと高級

しかし

じっくり味わうこともできない

店内スカスカだが三席先きに陣取るババア二人がうるさいったらありゃしない
兎に角とめどなく大声でしゃべりまくる

およそ間というものがない
のべつまくなしとはこのこと

店内に流れる音楽をかき消すのは別に構わない
むしろ有難いくらいだが
店内にその軽薄そのものの超早口が延々とどろき渡り
Molto allegro agitato
落ち着かない

兎に角ここを出ようと思った 出なくてはならない! 出よう!

Let's get the hell outta here!!

英語嫌いが英語を口走っている

音声入力しようと思ったらiPhoneがババアの声を拾い始めるではないか

あ、しまった消すんじゃなかった

デタラメな文字起こしで却って
意味深長な象徴詩のようなものが出来上がってたかもしれない

いずれにせよ

どんな味だったか
美味かったか
まずかったか

あまりよく

覚えていない

げに恐ろしきはババアである



 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


★★記事一覧(2017年)★★ [記事一覧]

 

2017年04月(24) 
2017年03月(20) 
2017年02月(13) 
2017年01月(14)

 

2017年5月 (~17日)

 

パレルモの嘘がバレるも採決へ

紀伊民報が陳謝する必要はなかった

永遠のセロ ♪

森林火災で放射性物質は広域に拡散する デマにあらず!

モンドセレクションてどんなもんど?

ついに福島 森林火災の頻発・猛威はチェルノブイリ周辺でも

ムショーに腹立つ 教育無償化と憲法改正抱き合わせ ~打って出た首相

風薫る代々木公園カンボジア

“平和国家”はこうして生まれた ~NHKスペシャルが安倍政権の目論見を打ち砕く(下)

“平和国家”はこうして生まれた ~NHKスペシャルが安倍政権の目論見を打ち砕く(上)

 

2017年4月

 

花見と下見と共謀罪 笑点化する国会審議

するってーとな二階

北朝鮮の問題を一気に解決する方法があります(2)

北朝鮮の問題を一気に解決する方法があります

トランプに「蜜月」はなかった 就任後の100日間

東北のほうで良かった大震災 今村復興相

トランプは重度の精神疾患 米精神科医ら更迭を要請 署名4万人

この国は安倍が総理だ死ね日本言われなくとも死んでいる

熊本そんたく一周年 忖度とは全体主義の謂なり 首領の言い成り

首相こそ退陣望む国民の切なる願い推し量るべし

「アメリカと北でやってろ」 海老蔵 いいぞう

永遠のゲロ

熊本地震から1年 首相談話は福島の使い回し

「証人喚問は不要 内閣支持率が53%」安倍首相のオウンゴール4点目

私は不愉快です 極めて不愉快です 本当に不愉快です

世界の死刑執行 2016年

気がつけばいずこも暴走 暴走トランプ 暴走安倍 暴走半島

共謀罪、教育勅語によって進められる全体主義の「自治的」絶対化

なんじ国民、平和を欲すれば教育勅語に反対すべし

「クリーンなカジノ」 聡明な安倍晋三

日本の「日本のすごさに世界が驚いている」のすごさに驚いている

ずばり教育直語!

銃剣道がノドを突くシンゾーをぶち抜く

椿六十郎

 

2017年3月

僕ちんは国家なり

安倍昭恵氏と皇后考 住吉大社と神功皇后と三韓征伐

仮説:夫人付は安倍昭恵氏の親衛隊

オウンゴールのハットトリック 昭恵氏証人喚問に道

当方見聞録

公人か私人かなどと騒ぐうち死人の出てるこの国の異常

計った忖度 皆と祭り あるいは安倍共同体の研究2

麻布に遊ぶ

マタイ受難曲(大阪語版)

バリバリと音立てながら破産かな

しゃあしゃあとおまえが言うか民主主義

さあ君も仲間に廃炉

ばれるほど こうべを垂れる 稲田かな

晋三に毛が生えている 昭恵てものが言えん

公ネコ・私ネコ論

♪ 東京御臨終音頭とジニンピック運動

陰の主役 加計の主役 あんたが主役

この国はここまで堕ちてしまったか 庇護申請者に除染させてた

アッキード事件よりおっきーどでっけーど:カッケード事件!

山城博治にノーベル平和賞を!


2017年2月

「何を調子のいいこと言ってんだよ解散」内閣総辞職が筋

森友いずみに囲まれて♪ ブルー・ヘイト♪

花咲盛

ふるさと

悪趣味な握手見な 権力者たちの力関係がのぞく

ほされた補佐官 トランプ政権に激震 ロシア・ゲートの門開く?

アメリカ・ファースト、ジャパン・サード

トランプ、オスプレイ5割引きに合意?

ギタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 協奏曲

政権の安倍こべここに極まれり「違憲になるから『戦闘』でなし」

霜柱踏み行く山も春立ちて古セーターも梅もほころぶ

アメリカに 貢ぎそんなに嬉しいか 下僕外交 サドマゾの域

惜しい、そして怖い、安倍総理の漢字力

2017年1月

訂正でんでん精進いたします

これじゃいよいよ戦争じゃないか~ゴルビーの叫び=9条+核兵器禁止条約

安倍/麻生・トランプ会談の予想される展開

ババつかみハシゴ外されこの道を行くしかないとアベノミソクソ

改元案ひらめく!

国破れて軍産があり

贈る言葉と腐臭

ブラームス偏愛 ♪

ガス減らす ラスベガス 再生エネ革命 取り残される日本

日本を弱い国にしたいから あるいは撥ね付け憲法論

残り千数百頭となったボルネオゾウからも密猟で象牙

ゑ党 民進党

天皇を超えて先軍安倍首領

 

迎春 2017


2016年 記事 一覧 (降順) 
2015年 記事 一覧
 (降順) 
2014年 記事 一覧
 (降順)

       /\    /\

       m     (_ _)    m 
 応援よろしく 
ブログランキング・にほんブログ村へ

パレルモの嘘がバレるも採決へ [戦争をする国 日本]

共謀罪、自民は今日17日採決するつもりだな。

福島の森林火災と放射性物質拡散のニュースに関しNHKの「報道姿勢」を批判したばかりだったが

16日の夜9時のNHKニュースは冒頭から延々と眞子様の婚約の話。
天気予報だったか、スポーツだったか、それに入る直前の1分くらい?
共謀罪はいわゆるフラッシュニュース的な扱いであった!

この映像の一部を流したのみ:

「衆議院法務委員会は16日、理事会を開いて、今後の審議日程を協議し、与党側が、17日に安倍総理大臣に出席を求めて1時間の質疑を行うことなどを提案し、日本維新の会はこれを受け入れる考えを示しました。これに対して、民進党は「あす、採決を行わないことが確約されなければ応じられない」と主張したのに対し、与党側が「確約はできない」と述べたため、与野党で折り合いませんでした。このため、鈴木法務委員長が職権で、17日に委員会を開いて安倍総理大臣に出席を求めて質疑を行うことを決めました」

↑これが映像と共に流れただけだった!

「委員長が職権で」というくだりは、今日も聞かれそう。

大抗議集会などは、ニュースにすらならなかった!!

これで日本はいよいよ、後戻りできない世界に足を踏み入れるのか。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


紀伊民報が陳謝する必要はなかった [原発・地震]

紀伊民報が陳謝させられるのは奇異

放射能汚染地域における森林火災で放射性物質が広域飛散することは欧州の研究で確認されている。なぜそのような欧州の状況、真実を伝えない。

逆にデマと決めつけ、飛散しないという側の意見のみ伝え、そう考える専門家のみを起用するのなら、それこそデマの拡散だ。

NHKは基本的に(そもそも?土台?)紀伊民報が記事に批判が寄せられて陳謝したとしか言っていないが、専門家を登場させ、記事を書くなら不安先行ではなく、きちんとした測定値に基づいてやるように、という報道姿勢の批判をさせた。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


永遠のセロ ♪ [音楽]


ドボルザーク:チェロ協奏曲(Vc:ロストロポーヴィチ)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


タグ:音楽 チェロ

森林火災で放射性物質は広域に拡散する デマにあらず! [原発・地震]

ノルウェー大気研究所は、チェルノブイリ周辺の2002年、2008年、2010年の森林火災の影響を調べたところ、放射性物質は東ヨーロッパに拡散、南はトルコ、西はイタリアでも、さらには北欧でも観測されたという。全体で0.5PBq(ペタベクレル)を放出。

紀伊民報が「デマ」と批判を受け謝罪していたとは知らなかった。道理で私が書いてもほとんど誰も寄り付かないはず。一部の報道機関は情報の圧殺に動いているような印象すら受ける。もちろん過度に不安を煽ったり、根拠のないことを書いてはならない。ブログの記事は日曜日に公開。

『ついに福島で山火事 チェルノブイリ周辺でも森林火災の頻発・猛威』 
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-05-07

チェルノブイリ事故の影響を受けたロシア西部でなぜ山火事が頻発し鎮火に手間取るか、原因の一つが放射能汚染そのものであることなどを書いた。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


モンドセレクションてどんなもんど? [戦争をする国 日本]

1ヶ月前にも書いたが

「日本はすごい!」 

そう言われれば言われるほど
なんか日本がどんどんすごくなくなってきた感じがする。

この「日本はすごい!」のブーム
というのは、どう見てもこれから日本が凄くなくなることの予感。
というかすでに凄くなくなり始めていることのあらわれ。
凄かった頃の日本は、自分からいちいち凄いなんてこと言わなかった。
そこがまた凄いわけですがね。

でももうそんなに凄くないことがうすうす感じられるようになってきたものだから、
凄かった過去の栄光にすがろうという心理が生まれている。もう知恵もないものだから、
金に頼るしかない。
遺産を食い潰しにかかっているということですよ。
そのうち標語も変わるでしょう。

「日本むかしはすごかった!」

福島市の水道水、モンドセレクションで最高賞に
総理大臣ご推奨 読売新聞 2017年05月05日
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170503-OYT1T50041.html

ベルギー政府も関わる品評機関「モンドセレクション」
日本はすごい。
とにかくすごい。
毎年、日本勢がそこの特別金賞、金賞、銀賞、銅賞を総なめ!
上位はいつも日本勢!
やっぱり日本はすごい!

Unknown.jpeg
でも出点(審査料1点15万円也)しているのも
ほとんどが日本の会社ばかり。。

は?

しかも金賞、毎年、数百社が受賞。

はあ?

世界的な知名度は低い

はあああ?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


ついに福島 森林火災の頻発・猛威はチェルノブイリ周辺でも [原発・地震]

原発事故+地球温暖化+山火事 = 鎮火しにくい山火事+放射能の長期広域拡散

ついに来たか
チェルノブイリの周辺でも問題になっていた
山火事

まずい条件が揃っている
消化活動をしようにも被曝の怖れ
場所によっては全く入れない
煙にも放射能

放射能の影響

人が入らなくなって、ただでさえ繁茂するに任せていた野山
放射能汚染の影響で草木の残骸が溜まっていくという
昆虫や微生物も少なくなり腐敗しにくい
土に戻るのに通常の2倍の時間がかかっている
燃えやすいものが蓄積されていく

そこへ温暖化
気温は上がり、空気が乾燥することも多い
かくて森林火災が頻発し以前よりも鎮火しにくい状況

温暖化で降雨量が増えることもあるが
それはそれで植物の繁茂を促し火災の「燃料」が増える

チェルノブイリ周辺で確認されていたが
ついにそういった一連の現象が福島にもやって来たようだ

避難区域の火災、発生1週間も鎮火せず 放射線量に変動なし 福島・浪江
産経ニュース 2017.5.5
http://www.sankei.com/life/news/170505/lif1705050021-n1.html




http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170502-168996.php
十万山、消火に苦慮 福島・浪江、隊員に放射線対策も
福島民友 2017年05月02日

放射性物質の拡散
土に閉じ込められ、やがては水に流されて行く、
かというと、そうはいかない。
草木は茂り、水と土の中の放射性物質を吸い上げる。
そしてそれが火災で大気に放出され、風に乗って広範囲に拡散。
雨とともに地上に降下。
チェルノブイリの放射能が再び欧州の広範囲に撒き散らされる
という危険を科学者たちが警告している:

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


ムショーに腹立つ 教育無償化と憲法改正抱き合わせ 〜打って出た首相 [戦争をする国 日本]

「2020年新憲法の施行を目指す」
と安倍総理のビデオ・メッセージ
5月3日憲法記念日の夜7時
NHKニュースの冒頭見てしまった
首相の改憲宣言
憲法改正は国会が発議すべきもの
憲法を守る立場にある総理大臣が
これまでもこの日本国憲法を「みっともない、いじましい憲法」
と呼んできたし踏みにじってきたが

首相のクーデター?

なんともはや
たまたまそっくり見てしまった
その異様なオーラ
そののろいテンポの薄気味の悪さよ
間のいやらしさよ
言葉の安っぽさよ
空っぽさよ
時々首を傾げ
これまた薄気味悪い笑みを浮かべる

こんなものに国民は騙されるのか
教育の無償化
そんなものをくっつけて
国民を釣ろうとしている
みっともなさよ
いじましさよ

安倍晋三の改憲こそが
押し付け憲法
まっぴらごめんだ

改憲会見

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


“平和国家”はこうして生まれた ~NHKスペシャルが安倍政権の目論見を打ち砕く(下) [戦争をする国 日本]

昨今の国会審議の空転ぶりは実に嘆かわしい。安倍総理をはじめ政府はひたすら質問をはぐらかすのみ。まともに答えようとしない。ばかりか、安倍総理など逆ギレに恫喝、見え透いた嘘を並べ、挙げ句の果ては審議を打ち切って強行採決。数にものを言わせての横暴、少数派の異議を封殺する、民主主義の名にも値しないここまでの横暴が、これまであっただろうか。

僕ちんは国家なり
この国は安倍が総理だ死ね日本言われなくとも死んでいる
首相こそ退陣望む国民の切なる願い推し量るべし
私は不愉快です 極めて不愉快です 本当に不愉快です

今だと対テロ等対策法案。野党はテロ対策に非ず、戦前の治安維持法のような危険極まりないものとして「共謀罪」の呼び名を使うが、法務大臣すら中身を満足に理解していないという醜態。いかにテロ対策というのが名ばかりのものか、いかに条約批准のためという正当化がまやかしか、いかに悪用されうるものか、具体的に議論を尽くすべきだし、どれだけ危険なものか、戦前の例を引き合いにもできよう。アメリカの愛国者法のもと、どれだけの権利の侵害が起きているか、例えばアメリカの人権団体ACLUのデータでも引き合いに議論もできるはずだ。そしてどれだけの効果があるのか。
イスラム教徒を入国禁止に ~ 大富豪 大統領を目指す
フランス政府「テロの予防的措置」を国務院に諮問

テロ対策の名の下、他国ですでに進む監視強化で、実際どれだけの害が起きているか、そして実際どれだけの効果が上がっているか、具体例を引いて比べてみれば、このような措置が野党の言う「百害あって一利なし」、極めて効果は限られ、その害悪と費用だけが桁違いに大きいことが国民の前に晒されるはずだ。しかし、そのような実質的な議論は行われず、非生産的なことばかりを続けている。キノコ狩りだの、花見に下見。
花見と下見と共謀罪 焦点化する国会審議
共謀罪、教育勅語によって進められる全体主義の「自治的」絶対化
なんじ国民、平和を欲すれば教育勅語に反対すべし

しかし今から70年前、終戦直後の国会は違った。帝国憲法(明治憲法)を改めるための小委員会(委員長はのちの首相・芦田均・日本自由党)には各政党から法律に詳しい議員が合計14人。長年の封印を解いて近年、その秘密会の速記録が公開され詳細が分かってきたが、議員らが口々に案を出し合い、1ヶ月の熱心な建設的な議論を経て原案(GHQ案に基づく日本政府案)に追加修正がなされていた。

例えば25条に生存権が設けられ、26条の義務教育は中学にまで延長、そして9条には「平和を希求」の文言が加わった。

鈴木義男議員(日本社会党・のちの法相)は「 ただ戦争をしない、軍備をみな捨てる」では「泣き言のような消極的な印象を与えるから、まず平和を愛好するのだということを宣言」しよう、と提案。他の議員らも続いた。犬養健(日本進歩党・のちの法相)「何か積極的な摂理として戦争はいかぬというような字が入ればなお良い」、、さらには平和愛好を教育の根本精神にと、自由党、社会党、進歩党の議員らの考えがまとまっていく。

「平和を希求」とまず宣言しようと提案し、9条の議論を引っ張っていった鈴木義男とはいかなる人物か。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


“平和国家”はこうして生まれた ~NHKスペシャルが安倍政権の目論見を打ち砕く(上) [戦争をする国 日本]

きのう4月30日に放送されたNHKスペシャル。

憲法の「平和」がどこから来たか。それは日本の中から、日本人から来たものである、という、インパクトの非常に強い番組であった。新しく出て来た資料や証言。それを元に、戦後の日本の礎を「平和の建設」としたのが、これまで考えられていたより早い時期から、強い意思をもって日本人の間から発案されていたものであったことを描いている。

具体的には昭和天皇、幣原喜重郎や鈴木義男、党派を超えた国会議員ら、あるいは宮沢俊義といった学者である。

昭和天皇がいち早く「平和国家の建設」を打ち出し、幣原首相が引き継ぎGHQマッカーサーとの交渉、国会審議、衆議院に設けられた帝国憲法改正小委員会での党派を超えた熱い議論。そこから憲法に平和の文字を入れよう、平和主義の理念を高らかに謳い、その上で積極的に戦争放棄、戦力の不保持、交戦権の否定を定めようと収斂していくさまは感動的である。日本は天皇から政治家、学者、市民をあげて、自ら積極的に平和を希求したのだ。

これと、鈴木安蔵らの動き、すなわち鈴木安蔵らの「憲法研究会」がまとめていた「憲法草案要綱」(植木枝盛の自由民権思想にも一部影響を受けたもの)がGHQで英語に翻訳され、それがGHQ草案に影響を与えた(ないし叩き台となった)ことを考え合わせれれば、アメリカの押し付け憲法と言われる現行憲法が、なかんずくその戦争放棄の積極的平和主義が日本人の発議であり、決して押し付けではないことがいよいよ明らかになるではないか。番組を見ながらそう思った。そして、大型連休で遊ぶのもいいが、多くの日本人が今こそ心して見るべき番組だった。安倍政権が平和主義、戦争の放棄をかなぐりすてる憲法改正を画策し、まさに今、北朝鮮を巡る情勢で日本がさらに軍事に大きく踏み出そうとしていることを思えば、である。国を破滅に陥れた振り出しへ一気に回帰しかねない日本だ。

そしてこれは私の勝手な妄想だが、この番組が最終的にこのような形をとるまでには、制作陣の内部でせめぎ合いもあったのではないだろうか。100%想像だが。現政権、安倍政権やその背後にいる日本会議など極右勢力の意向を真っ向から明示的な形で批判することはしない。しかし、番組の節々に、暗示的に強烈な政権批判となる部分が盛り込まれているような気がしてならなかった(*)。

以下、番組の抄録。*部分はのら猫の独白。

番組は昭和21年(1946年)7月の憲法調査委員会の秘密会議の場面の再現で始まる。

↓ ↓

続きを読む



2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ