So-net無料ブログ作成

“平和国家”はこうして生まれた ~NHKスペシャルが安倍政権の目論見を打ち砕く(上) [戦争をする国 日本]

きのう4月30日に放送されたNHKスペシャル。

憲法の「平和」がどこから来たか。それは日本の中から、日本人から来たものである、という、インパクトの非常に強い番組であった。新しく出て来た資料や証言。それを元に、戦後の日本の礎を「平和の建設」としたのが、これまで考えられていたより早い時期から、強い意思をもって日本人の間から発案されていたものであったことを描いている。

具体的には昭和天皇、幣原喜重郎や鈴木義男、党派を超えた国会議員ら、あるいは宮沢俊義といった学者である。

昭和天皇がいち早く「平和国家の建設」を打ち出し、幣原首相が引き継ぎGHQマッカーサーとの交渉、国会審議、衆議院に設けられた帝国憲法改正小委員会での党派を超えた熱い議論。そこから憲法に平和の文字を入れよう、平和主義の理念を高らかに謳い、その上で積極的に戦争放棄、戦力の不保持、交戦権の否定を定めようと収斂していくさまは感動的である。日本は天皇から政治家、学者、市民をあげて、自ら積極的に平和を希求したのだ。

これと、鈴木安蔵らの動き、すなわち鈴木安蔵らの「憲法研究会」がまとめていた「憲法草案要綱」(植木枝盛の自由民権思想にも一部影響を受けたもの)がGHQで英語に翻訳され、それがGHQ草案に影響を与えた(ないし叩き台となった)ことを考え合わせれれば、アメリカの押し付け憲法と言われる現行憲法が、なかんずくその戦争放棄の積極的平和主義が日本人の発議であり、決して押し付けではないことがいよいよ明らかになるではないか。番組を見ながらそう思った。そして、大型連休で遊ぶのもいいが、多くの日本人が今こそ心して見るべき番組だった。安倍政権が平和主義、戦争の放棄をかなぐりすてる憲法改正を画策し、まさに今、北朝鮮を巡る情勢で日本がさらに軍事に大きく踏み出そうとしていることを思えば、である。国を破滅に陥れた振り出しへ一気に回帰しかねない日本だ。

そしてこれは私の勝手な妄想だが、この番組が最終的にこのような形をとるまでには、制作陣の内部でせめぎ合いもあったのではないだろうか。100%想像だが。現政権、安倍政権やその背後にいる日本会議など極右勢力の意向を真っ向から明示的な形で批判することはしない。しかし、番組の節々に、暗示的に強烈な政権批判となる部分が盛り込まれているような気がしてならなかった(*)。

以下、番組の抄録。*部分はのら猫の独白。

番組は昭和21年(1946年)7月の憲法調査委員会の秘密会議の場面の再現で始まる。

↓ ↓

続きを読む