So-net無料ブログ作成

森林火災で放射性物質は広域に拡散する デマにあらず! [原発・地震]

ノルウェー大気研究所は、チェルノブイリ周辺の2002年、2008年、2010年の森林火災の影響を調べたところ、放射性物質は東ヨーロッパに拡散、南はトルコ、西はイタリアでも、さらには北欧でも観測されたという。全体で0.5PBq(ペタベクレル)を放出。

紀伊民報が「デマ」と批判を受け謝罪していたとは知らなかった。道理で私が書いてもほとんど誰も寄り付かないはず。一部の報道機関は情報の圧殺に動いているような印象すら受ける。もちろん過度に不安を煽ったり、根拠のないことを書いてはならない。ブログの記事は日曜日に公開。

『ついに福島で山火事 チェルノブイリ周辺でも森林火災の頻発・猛威』 
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-05-07

チェルノブイリ事故の影響を受けたロシア西部でなぜ山火事が頻発し鎮火に手間取るか、原因の一つが放射能汚染そのものであることなどを書いた。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む