So-net無料ブログ作成
核兵器 ブログトップ

核戦争から世界を救った男 [核兵器]

核戦争から世界を救った男は今年77歳で亡くなっていた

元ソビエト軍将校のスタニスラフ・ペトロフ

彼は1983年9月26日、アメリカの核ミサイル5基がモスクワに向かっていると警戒システムから知らされながら、これを誤作動と判断し、報復攻撃の対応をとらなかったのだ。
(私は3年前ウィーンの会議でこの人のビデオメッセージを通訳していた。『地上で最も危険な機械』 http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2014-12-20-2

当時ペトロフ中佐は44歳。コンピューターからこの情報を知らされたが、反撃までの猶予はわずか20分。上司には誤動作と伝えたが、実のところ、その判断に根拠はなかった。サイレンが鳴り響く中、ただ直感的にそう思っただけだった。そしてそれでおそらく何百万人という人の命が失われなくてすんだのだ。

「ミサイルがこちらに向かっているという情報はすべてそろっていました。もし上司にそのまま伝えていたら、誰もそれには一切口を挟まなかったはずです。電話をとって上の司令官に伝えるだけですんだはずですが、私は身動きできません。熱いフライパンの上に乗っているような感じでした」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

北朝鮮問題の解決なんて簡単すぎて笑っちゃうよ [核兵器]

北朝鮮問題が一挙に解決する方法がある。というか、大惨事となる危険をおかさずに解決する道はこれしかない。核保有国がすべて核兵器を放棄すること。核廃絶だ。安倍晋三よ、歴史に名を残したいならーー今のままでも歴史に名を残すが、それは最低最悪の汚名ーー世界の中心で美しく輝く名前を残したいなら、提案してみい。唯一の被爆国だ。みんなが耳を傾けるよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   いつもお読み下さり有難うございます
         /\   /\
       m  (_ _)    m
    クリック!       クリック! 
     ↓            ↓ 
      ブログランキング・にほんブログ村へ
   誠にお手数とは存じますがどうか
↑クリックをどうかよろしくお願いいたします↑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ブログ更新しました♪」

今日のブログ更新

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

北朝鮮が6回目の核実験 [核兵器]



前回より9.8倍強い https://twitter.com/AFP/status/904223358354522112

金正恩が「ICBMに搭載する水爆を造るんだ」と核兵器研究所で現地指導をしたと、北朝鮮の国営メディアが3日伝えたばかりだった。もう造ったのか。何という早業!

北朝鮮、6回目核実験=「ICBM用水爆」と発表-北東部で地震観測
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090300253&g=prk



そしてこの日の朝、安倍がトランプとこの6日間で3回目の電話会談をしたばかりのところだった。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「幻の原爆遺構」長崎浦上天主堂 [核兵器]

広島には原爆ドームという被爆の遺構があるが、長崎にはそれがない。

広島の「原爆ドーム」(かつての広島県産業奨励館)は、被爆ヒロシマの象徴として内外に知られ、平和を願う気持ちの象徴ともなり、ユネスコの世界遺産にも登録され、多くの観光客を内外から引き寄せている。
m000384_k00009687_1024-768.jpg

かつてはあった長崎の被爆の遺構

しかしかつては長崎にも、被爆して廃墟と化した建物の姿はあった。浦上天主堂だ。長崎のキリシタン迫害の歴史を刻み、東洋随一とも言われたカトリック教会の、原爆投下を受けて無残にも崩おれた姿。天主堂の立つ丘は、爆心地からわずか数百メートルだった。天主堂は被爆して倒壊。そのとき天主堂にいた司祭を始め信徒たち全員が死亡した。


その廃墟は戦後10数年を経て取り払われていた。1959年(昭和34年)その同じ場所に浦上天主堂が再建されたのだった。
http://nagasakipeace.jp/japanese/atomic/record/gallery/1urakami_tenshudo.html
http://nagasakipeace.jp/japanese/map/zone_tenshudo/urakami_tenshudo.html

原爆のほぼ直撃を受けたキリスト教会が無残な廃墟のまま残されていたら、20億人(世界の人口の3割ほど)のキリスト教徒へ訴える力は絶大だっただろう。

なぜ再建したのか

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む(幻の原爆ドーム)


nice!(0)  コメント(0) 

政府の姿勢を被爆地は理解できません 長崎市長 [核兵器]

長崎出身の方が、長崎には原爆記念碑がない、とフェイスブックに書いておられた。平和記念像はあるが広島の原爆記念碑に当たる被災遺跡がない、というのだ。爆心直下の浦上天主堂がそれに当るものだったが、長崎は「米国への忖度から自ら消し去てしまった」。

浦上天主堂。長崎市議会は倒壊したままの姿での保存を望み、市長も同じ思いだったが、市長は訪米して帰国すると「再建を」と言い始めた、と聞いたことがある。再建してこそ平和と言い始めたと。この形で残ると世界のキリスト教国への影響大きく、反核兵器、反原発が世界の趨勢になりかねないとアメリカが恐れ、市長に「再建」を吹き込んだ、まさにそういう状況証拠だが、それ以上のことを私は知らない。



かつての長崎市長が訪米先でどういう人々と会ったのか。その足取りをたどって証言をあつめれば、浦上天主堂の再建をめぐる謎に光が当たるかもしれない。あるいは、日本に何か資料は残っていないか、家族の証言などはないのか。NHKで今週末、記録映画が放送されるが、まさにこの問題のようである(「幻の原爆ドーム ナガサキ 戦後13年目の選択」)。何か解明されたのだろうか。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

絶望の同盟 [核兵器]

奈落

滅びゆく日本よ。原子力との心中を思いとどまれ。
福島を見よ。もんじゅを見よ。東芝を見よ。
放射能にまみれ全国に散らばる瓦礫を。
たまり行くフレコンバッグを。
行き場のない廃棄物を。

安倍の言う「希望の同盟」は核兵器禁止条約を目指す動きに水を差し、
そっぽを向き、立ちふさがり、反対してきた。
そのどこに希望がある。
絶望の同盟だ。

戦争で原爆を落とされ、「平和のための原子力」で原発を押し付けられ、今なお核兵器の野望を植え付けられている。

国富を吸い上げ、子育てや教育や健康を削り、転落の道まっしぐら。
滅びゆく日本よ。原子力との心中を思いとどまれ。
福島を見よ。もんじゅを見よ。東芝を見よ。

この先はもう引き返せない奈落だ。


1655548_1514256508837143_8901921780649074587_o.jpg

安倍首相が真珠湾演説で強調した日米「希望の同盟」。
絶望しそうになっていたところを、私の2年前のフェイスブックの投稿をシェアして下さった方がおられ、
この「希望の同盟」が切り捨てていることを一つ思い出した。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

「希望の同盟」が切り捨てているもの


正気と狂気のはざまに勝機と商機を見る病気 [核兵器]

異例のできごとから慰霊のできごとへ 1

あと1ケ月足らずで就任するアメリカのトランプ次期大統領が、核軍拡競争を呼びかけか?!

「アメリカは核の能力を大きく増強・拡大すべきである。世界が核に関して正気になるまで」

             (ドナルド・トランプ次期大統領)



ツイートをよく使い、最高司令官ならぬ「最高つぶやき官」と揶揄されるトランプのこのツイートを受け、勝機と思ったかニューヨーク株式市場ではウラン関連株が急騰。その後、正気に戻ったようではある。

トランプの言う「核の能力の増強・拡大」が質を改善せよと言う意味ならすでにアメリカはオバマ政権下、空前の核戦力近代化政策路線(向こう30年でなんと1兆ドル!)。
量を増やせと言う意味なら、大きな政策転換だ。ロシアとは新STARTという条約がある。
世界の核兵器は1880年代のピーク7万発から今1万数千発のとこまで減ってきた。

正気(come to its senses)と言うが、世界はまずこの男の正気を疑わねばならない。

選挙戦では、ISに戦術核を使うと言ったり、欧州で核兵器を使うカードを引っ込めるつもりはないと言ったり、日本や韓国やサウジアラビアにも核兵器を持たせるべきなどと言ってきた。

そのトランプにすっ飛んで会いに言って「信頼できる指導者と確信」したのが我が安倍総理大臣である。こちらの正気は多くの人がとうに疑ってかかっているし、それでもなお支持率が50%を超えているのだから、これは国民の正気が問われなくてはならない。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

ロシアのプーチンまでも核軍拡競争を呼びかけ?!


オバマ広島演説の希望?の種と仕掛け [核兵器]

希望の種もまかれていたのかオバマ演説

井上泰浩広島市立大教授によると:

 「広島演説では、「10万人を超える死者」と明言された。…実数である14万人と相いれないわけではない「10万人以上」…。7万人の犠牲者という間違いは、広島演説によって正された。」

投下を承認したトルーマン大統領の米国民に向けた演説…「史上初の原子爆弾が軍事基地である広島に落とされた。その理由は、市民を殺すことを避けるため…」 その後も…「原爆は軍と軍需工場を破壊し、日本を降伏させた。その結果、100万人の米兵だけではなく、それ以上の日本 国民の命も救った」という神話(いや、欺瞞)…しかしオバマさんはアメリカ大統領としては初めて、そして、米政府としてもおそらく初めて、原爆は市民の生活を破壊し、米国人の良心を揺さぶる 「女性や子供」が犠牲者になったと話した。「軍事基地」という言及はない。 
この意味は大きい。原爆神話の原点となるトルーマン演説を否定、修正するものだからだ。」

しかし、原爆で戦争終結を早め「100万人の米兵だけではなく、それ以上の日本 国民の命も救った」という「神話」を否定したわけではないと私(=のら猫)は思う。言及してないだけ。黙っているのだからこれまでの米側の立場を貫いたとさえとれる。その意味で希望の「種」はあくまで種でしかない。

こっそり数字をすり代えるのは姑息ですらある。

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=60242


 

続きを読む


「原爆は誰が落としたのか」オバマ広島演説 騙しの手口 [核兵器]


オバマの追求をさらに追及

28Prexytext-master768.jpg
http://www.nytimes.com/2016/05/28/world/asia/text-of-president-obamas-speech-in-hiroshima-japan.html?_r=0 (ニューヨーク・タイムズ:オバマ演説全文 英語)

オバマは何かとんでもない勘違いをしている。
というか計算ずくだな。
狡猾で、実にとぼけた、ふざけた演説だ。
騙しの演説。

この大統領が自分の国の責任をどうとらえているのか
そこんとこを聞きたいと思っていたら、一般論ですませる。
自己陶酔。そしてほとんど説教だ。
被爆者が、日本人が、広島で、なんでこんな話をアメリカの大統領から聞かされなければならないのか。
さる中東のお方ならずとも

「カフカ!」
(わけ分からん!)

と叫びたい気分だった。

「原爆は誰が落としたのか」
 騙しの手口

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  

続きを読む


オバマの追求を追及 [核兵器]

「核兵器のない世界を追求しなければならない」
(オバマ合衆国大統領 2016年5月27日 広島にて)

永久に「追求」し続けるつもりか。
達成のあてもなくつもりもなく。

K10010537591_1605271812_1605271813_01_02.jpg
 
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
     

続きを読む


NPT再検討会議決裂2 アメリカはしゃあしゃあと 日本は粛々と [核兵器]

(NPT再検討会議決裂 1 の続き)


ICANは、1997年の対人地雷禁止条約のように、加盟したがらない国々は差し置いて乗り気の国々——有志国だけで先に禁止条約を作り、核兵器の汚名化を計り、国際的な規範にして非加盟国を追い込んで行こうという考え方だ。

ICANロゴ.jpg

しかし、すでに20年来の核廃絶モデル条約の動きがある。それを後退させてしまう心配はないのか。4月末国連本部で開かれたNGOの会議の参加者の発言に、そのような懸念がうかがえた(上記核兵器条約案を2010NPT再検討会議の準備委員会に提出したLCNP核政策法律家委員会のメンバーなど)。核兵器の禁止を有志国だけで条約にしても、核兵器保有国が加わらなければ意味がないと言う考え方だろう。いくら彼らに「汚名」を着せ、核廃絶に向かわざるを得なくすると言っても(対人地雷では確かに今そのような成果が見られ、有志国だけで始めて、非加盟国を追いつめ、地雷の製造や使用がしにくくなっている)、核と地雷では格が違う、強く抵抗してくる、とIALANAなどにも同じような懸念があるはずだ。


続きを読む


NPT再検討会議決裂 1 日本は粛々とアメリカはしゃあしゃあと [核兵器]


核廃絶の前に立ちはだかる唯一の超大国と唯一の被爆国

あるいは階段の騙し絵

 

45年前の約束を、いまだ果たしてもらっていないとしたら。。

あなたはそこに誠意を感じることができますか?

ひょっとして約束を守るつもりがないのでは?

と疑ってもいいかもしれない。

45年です。

そろそろ世界のお人好さんたち、そのことに気付いてもいい頃ではないだろうか。

お人好のふりをして、その実その不誠実に積極的に加担している手合いもいるようだし。

 

核不拡散条約NPT。発効して45年。

45年ですよ。

発効どころか、発酵、異常発酵してます。

 

岸田UN.jpg

 

騙す人

騙される人

 

NPT再検討会議で4月末5月初めNYにいたが、NPTてペテンじゃないかとひらめいた。

45年ですからね。6条に「核軍縮の誠意ある交渉を行なう義務」というが、

その条約自体、誠意がないのではないかと、ふと思い当たったのである。

国連総会の決議1号も核軍縮。そこから勘定したら実に70年!

 

オバマだってそうだ 核なき世界と言っておきながら

「私の生きている間はたぶんない」とも言っている

しかし人は聞きたくないところは耳に入らない

何かいいこと起きそうな気分になって、油断してしまう

ヒラリー・クリントンなんか「いつの世紀にか」

なんて言っているのに

 

それにアメリカはこれから核兵器の近代化を大々的にやるつもり

わしらは平和行進

その間あっちは兵器更新

それでやつらはぜんぜん平気

わしら騙されます

というか自らすすんで騙されているようでもある

 

橋下市長に魅了されている大阪市民と一緒か

 

いちばんたちの悪い騙しは安倍氏でしょうけど

日本とアメリカで言うことが安倍こべ

日本じゃ戦争「絶対ない」と言って

アメリカじゃ「あなたの一言でどんな遠くにもすぐ駆けつけるわ ♡」

という歌の文句、晩餐会の乾杯の音頭で披露しました。

ここまでへつらうか。吐き気がするほど恥ずかしい。

そのためかこの歴史的欺瞞を日本のメディアはほとんど報じないが

アメリカ政府のサイトにはちゃんと記録が残っている

アメリカにおもねり日本国民をあざむく歴史的乾杯の音頭

 

どうしても阻止するつもりでかからないとだめですね

安倍安保法制

通されて実際なになに事態になって慌ててももうおそい

あべー?

こんなはずじゃ中谷

から岸だめ

 

続きを読む


空から粉が降って来るのを見て雪だと思いました [核兵器]


アバッカ・アンジェイン=マディソン(マーシャル諸島共和国)証言

政府会議1日目 (2014/12/08)


今から61年前の今日、太平洋のマーシャル諸島で起きたことを彼女は語った。

去年12月ウィーンで開かれた「核兵器の人道上の影響に関する国際会議」再録シリーズ。


続きを読む


ブラボーというアメリカのべらぼー 終わらぬ核被害マーシャル諸島 [核兵器]


「ガンが多発した。甲状腺に腫瘍ができる人が多い」

「核実験の前にはなかったような事が起き始めた。植物にも動物にも人間にも。

 生まれてきた猫の赤ん坊は体がくっついた双生児だった。手足が8本だった」


太平洋のマーシャル諸島共和国と去年からどうも縁がある。

去年のICJ提訴後、東京信濃町の大使館で大使にお話を聞いたあと

ウィーンでデブルム外相の演説を通訳することになるとは思わなかったが

先日ふたたび東京で今回はビキニ水爆実験(「ブラボー実験」)61年目(3月1日)を前に

二人の島民の話を通訳した。明治学院大学の国際平和研究所でのシンポジウムだ。

 

アメリカが核被害を公式に認めていないアイルック島からの声が

日本に初めて直に届けられた

 

続きを読む


今も続く核実験被害とICJ提訴 [核兵器]


トニー・デ・ブルム(マーシャル諸島共和国外相)演説
市民会議2日目 (2014/12/07)

 

アメリカの核実験場となり今なお被害に苦しむマーシャル諸島。

今年4月にICJ国際司法裁判所に核兵器保有国を提訴。

NPT核不拡散条約の6条にある軍縮義務を果たしていないという訴えだ。

この裁判はいろいろな意味で日本にとって人ごとではない。

 

南太平洋での核実験では日本の第五福竜丸が被曝した。

しかし実はほかに何百隻という日本の漁船が被曝していた。

今年は高知の高校の先生と広島の医師の調査により

かつての乗組員の歯の分析から被曝を証明している。

これらの被曝に関する日本政府の調査データも

アメリカの機密文書の公開で明らかになった。


日本の厚生省はデータは存在せずと長らくウソをついていた。

そこには、アメリカの核の傘に守られ、アメリカの推進した

原発(原子力の平和利用)のお先棒をかつぐ日本政府の姿がある。

国民をもあざむき、ひたすらアメリカに付いていく日本である。


補償を求めての裁判ではない、

< この狂気はいい加減終わりにしなくてはならない >

と世界の人々に訴えるための裁判だ、というその格調高い演説。

核被害に関する部分はそのまま日本の原発の状況にも当てはまる。

 

デ・ブルム外相はしみじみと語り、崇高で、実に感動的であった。

会場からは咳声すら上がらない。人々はじっとこの人の話に聞き入った。

この演説を、この人の存在を、マーシャル諸島の存在を、

是非とも多くの日本人、そして世界の人に知ってほしい。

稀に見る偉大な政治家だと思う。そんな人の歴史的な名演説であった。

 

Tony de Brum.png

デ・ブルム演説(日本語訳)へ


NY 核攻撃のシミュレーション [核兵器]

アイラ・ヘルファンド(IPPNW 核戦争防止国際医師会議)

 

会議初日(12月6日)開会と基調演説(サーロー節子)に続く「導入部」セッションで発表。

 

冒頭、印パの限定的核戦争のシナリオ(政府会議初日のマイケル・ミルズと同じ)に触れたあと

米露の核戦争でニューヨークが核攻撃を受けた想定で話を続けた。

 

続きを読む


地上で最も危険な機械 [核兵器]

「地上で最も危険な機械」(エリック・シュロッサー)

ウィーン会議、リスクに関するセッションから。

これを収録したのは、彼の主張の多くがそのままそっくり原発にあてはまると思うからでもある。

 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

地域的核戦争後の地球的飢餓 [核兵器]

 「地域的核戦争後の地球的飢餓:新しい研究の概観」

マイケル・ミルズ博士(アメリカ国立大気研究センター)(要約)


 

続きを読む


核兵器の人道上の影響に関するウィーン会議再録(目次) [核兵器]


ウィーンの会議で日本の軍縮大使が行った発言で皆ずっこけたと先日ここでも私は報告した。その後、その佐野大使に対し、空気が読めてない、とか、今日の報道にもあるが、流れに逆らっている、などと批判が沸き上がっている。
でも、空気が読めなかったり、流れに逆らうこと自体は別に悪くない。大勢を向こうに回して自説を展開するのは勇気あることだし、大いに結構。問題は彼の主張が正しいかどうか。そして、その正しさを裏付ける証拠を十分に提出できるかどうかだ。そこを議論しなくてはならない。
彼が正しくないという証拠はこれまで3回の会議で積み上がって来ているようだ。それを少しずつ紹介しようと思う。

続きを読む


美しく青きドナイ なるねん? [核兵器]

核兵器の人道上の影響に関するウィーン会議
政府会議初日
とりあえず会場の王宮へ
という
これがほんとの・・・
王宮処置

ウイーン201412-04.jpg

王宮さすがに大きゅうございます

  → 同時通訳者には非人道的?な人道性に関する会議 →

    佐野大使の発言にヘラクレス像も・・  →

続きを読む


ウィーンの無理の物語♩ [核兵器]

うぃ~~~んと飛行機は旋回
先回どおり気がつけば国境なき通訳団
重い機材を背負ってよろよろたどり着いた会場
なんとか通訳席をゲリラ的に設置して
いよいよ始まる

 
ウィーンの無理の物語

核兵器の人道上の影響に関する第3回国際会議
ウイーン201412-01.jpg
フェイスブックより再録



続きを読む


核兵器 ブログトップ