So-net無料ブログ作成
検索選択
戦争をする国 日本 ブログトップ
前の30件 | -

花見と下見 共謀罪の国会審議が笑点より笑える件 [戦争をする国 日本]

「花見と下見の違い言って下さい」

金田法務大臣:

「ビール持ってたら花見、双眼鏡やメモ帳を持ってたら下見」

笑点より笑える日本の国会

金田ほーしょー3.jpg
金田ほーしょー4.jpg
金田ほーしょー5.jpg

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


するってーとな二階 [戦争をする国 日本]

自民党の二階幹事長






するってーとな二階

「「東北で良かった」で良かった」と言っているわけだな。

「そんな人(記者)は初めから排除して、入れないようにしなきゃダメ」

この傲慢さは何なんだ。
そしてそれを問題にしない国民は何なんだ。
二回、驚くわけだよ
私なんか。

「ちょっと間違ったらやり玉に挙がって次の日クビだ」

政治家本人がそれを言っちゃあおしまいよ。

二階も三回も。

そんな風にわしなんか

感じちょー。

そもそも「ちょっと間違った」という認識なら
それこそ
大きな間違い。

「それのほうの首、取った方がいいぐらい」
「それ」はないだろう。人間だよ相手は。

辞めてった今村氏より、この二階の開き直りのほうが、よほどおっきい。

それにそもそも
この頃はおっきいよ。
安倍なんか「大きな間違い」
なんどやっても

「やり玉に挙がらない」

「そんなアホな政治ありますか」

「ちっちゃい」のは自分たちのほうだろ。
マスコミにいろいろ難癖つけたり
人を辞めさせたり。

この人だいぶ間違ってるけどやり玉に挙がってあす首か?
注目したい。

 「首取るまで張り切らなくて」は。
  大いに張り切らなくては。

これは
「言葉の誤解」
ではないのだから。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

続きを読む


東北のほうで良かった大震災 今村復興相 [戦争をする国 日本]

この人たちはポロっと本音を漏らす。そしてどんなに心根がさもしい人間であるかをさらけ出してくれる。どんなに政治家たる資質にかける人間であるかを。


「これはまだ東北で、あっちの方だったから良かった、これがもっと首都圏に近かったりすると‥」(今村復興大臣 4月25日)


誤解を招く発言だったと陳謝したが誰も誤解などしてはいない。発言の意味はよーく理解した。東日本大震災「東北で良かった」と。


辞任してくれ。辞めないというのなら、あなたが発した言葉をそのまま返そう。

「出て行きなさい!」「二度と戻って来るな!」

あのトランプ大統領でさえ正直に言っている。「政治は難しい。政治は「心」が関係してくる。商売の世界ではそんなに関係してこない。てーか、心抜きにやったほうがましなくらいだ。」

日本では心を抜きにして政治をやっている人があまりに多すぎる。とくに安倍政権。

党は違うが、熊本地震のとき選挙のことを頭にしてか「大変タイミングのいい地震」とのたまった人がいたのを思い出す。



  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


この国は安倍が総理だ死ね日本言われなくとも死んでいる [戦争をする国 日本]

「死ね日本」は、字面にこだわりすぎると間違えます。別に「私は日本国の終焉を激しく望む!」と文字通りのことを言っているのではありません。要するに、これは、激しい絶望感の表明です。本来なら愛すべき祖国への最高級の悪態という形をとって、その絶望感の深さを表現するというものです。やや原始的で、非常に子供っぽく、乱暴かも知れません。しかしその 乱暴さ、無茶苦茶さに怒りと絶望を込めたのです(きっと)。

言い換えれば「バカヤロー!」とか、「チクショー!」です。でもそれで相手から「え?野郎って?

私は女ですけど」と言われたり、動物の好きな人から「生き物を大切にしましょう」とは言われないはずです。いや、もちろん、そう切り返す人だっているかも知れません。でも、それは、揚げ足取りです。「死ね日本」を批判する人たちも、それとは知らずに、それと同じことをしてしまっているのです。

 

 

顔本(フェイスブック)で「死ね日本」について議論している人たちに出くわし、私も上のようなことを書き込ませてもらった。その投稿では皆さん、安倍首相の国会での答弁ぶりを嘆いておられた。

 

具体的には民進党の山尾志桜里議員の質問。「共謀罪」法案の適用対象は「そもそも罪を犯すことを目的としている集団でなければならない」という安倍総理の1月の答弁を踏まえ、「そもそも宗教法人のオウム真理教は対象外か」と迫った。首相は「『そもそも』の意味を辞書で念のために調べたら『基本的に』という意味もある」と答弁。

 

「器が小さいんだよ!」

と安倍首相に叫んだ山尾志桜里議員。

 

「基本的」の怖さ。

 

 

 

 

続きを読む


熊本そんたく一周年 忖度とは全体主義の謂なり 首領の言い成り [戦争をする国 日本]

「忖度して頂きたい」
ついに自らこう言い始めた安倍首相。
独裁体制の新たな段階にいよいよ踏み出し始めた兆しということをきのう書いた。
忖度はいまや社会の隅々にまで浸透し始めるかのようであるとも。「ある」

それにしてもすごい言葉だ。ここまで言われてまだ大人しくしてるのか日本国民。「忖度して頂きたい」すなわち「私からいちいち言われなくても、あんたらで私の心のうちを推し量って、慮って、行動しろ」。ほとんど絶対君主か独裁者の命令だ。*

忖度と言えばアッキード事件で頻出し始めた言葉のように感じていたが、ちょうど1年前自分でも盛んに使っていた。熊本地震でNHKの忖度ぶりが甚だしかったのだ。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


「アメリカと北でやってろ」 海老蔵 いいぞう [戦争をする国 日本]


「アメリカと北でやっとけ」

海老蔵いいこと言う!
戦争は野蛮。代わりにスポーツてのが文明。歌舞伎人の見識だ。

戦争に反対して非国民呼ばわりされるようなら怖いこと。 
アメリカは日本を守るために日本に基地置いてるわけでなし。

海老蔵 いいぞう !
見習え 晋三 !


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  

続きを読む


永遠のゲロ [戦争をする国 日本]

永遠のテロ


王毅外相のことば。
平和憲法 を持ち、首相が積極的平和主義を唱えてる国が言うべきことを
中国に全部言われてしまっている:

「戦争が起きれば誰も勝者になりえない」

「最近、米韓と北朝鮮が互いを狙って刃物を握り弓を引いて、嵐の前夜の形勢になった」

「中国はいかなる形であれ緊張を高める言動と行動に一貫して反対する」

「武力では問題を解決できず、対話のみが唯一の出口ということを歴史は何度も証明してきた」

「朝鮮半島の問題は、誰の言葉がより凶悪で、誰の拳がより大きいかで(解決)できるものではなく、ひとたび本当に戦争が起きれば、誰も勝者にはなれない」

「中国は各国に訴える。言動も行動も互いをこれ以上刺激せず、事態を挽回不能、収拾不能の状況まで追い立てるな」

「中国は開放的態度で各国が努力する建議を受け入れる。対話をするということならば、公式であれ、非公式であれ、2者でも、3者でも、4者でも、中国はすべてに支持を送るだろう」と話した。

「朝鮮半島情勢が複雑で敏感なので、私たちはすべての国に冷静と自制を要求する。朝鮮半島の緊張を高めかねない行動をしてはならない。そうした行動は無責任で危険だ」

「あおりたてたり火をつけてはならない。この問題で火に油を注いではならない」

「中国は朝鮮半島に混乱が生じることにも戦争が勃発することにも反対する。これは米日韓を含む領域内各国の利益に符合する」

「挑戦の中に機会があり、緊張の中に対話復帰の機会がある」



『永遠のゲロ』

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


気がつけばいずこも暴走 暴走トランプ 暴走安倍 暴走半島 [戦争をする国 日本]

気がつけばどこも暴走 止めよ暴走

最速支持率低下、拙速国際法違反のトランプも暴走なら
早速それを支持する安倍も暴走
結束するわけじゃないだろうが金正恩も加わって
暴走半島?

xJRh5aEm.jpg朝鮮半島へ向かう米空母打撃群

化学兵器の使用は本当にシリア政府軍によるものだったのか。反政府勢力が使ったという国連調査団筋もいる。はっきりしているのは、きちんと検証もしないアメリカが、国連安保理の容認もなく、従って違法に、武力行使したということ(イラク戦争開戦ブッシュ政権のデジャヴュ?)。それを「高く評価」とさっそく持ち上げる日本の総理大臣。

トランプは大統領就任後の支持率の低下が歴代大統領の最速(30%台)。選挙期間中にロシアとの違法な接触があった、とか、医療保険改革やり直しの躓き、政権ポストが今なお埋まらず、などなど苦境に陥っている。選挙中は自分こそオバマに盗聴されていたなどと突拍子もないことを言い始めている(FBIが根拠なしと断定)。そもそも世界の警察官辞めますと公約しての大統領就任だったのに、「赤ん坊が殺されている!」と突然のシリアへのミサイル攻撃は、自身の苦しい局面打開を試みた暴走、とも思える。

北朝鮮の暴走が怖いと言う日本のメディアだが、怖いのは、政治の経験なく、知識乏しく、情緒不安定できまぐれのトランプの暴走ではないのか。トランプ・チームの法律関係者らは不動産法が専門とも聞く。

暴走、情緒不安定、国際法無視などと言えば、金正恩も負けてはいない。やぶれかぶれ*で何してくるか分からん。

やぶれかぶれと言えば、私は不愉快ですよの激高仮面*、必修科目政治学不可で卒業、でんでんと、これまた何拍子もそろった「我が軍」の「最高司令官」。森友問題アッキード事件でんでんで追いつめられるなか、岸回生のばくちで先制攻撃に打って出る?





サリンは誰が使ったのか?

そこにそもそもそこに確たる証拠がない。

サリンを使ったのは政府軍ではなく反政府勢力と国連
https://www.facebook.com/noramika/posts/1347242378691442

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


政権の安倍こべここに極まれり「違憲になるから『戦闘』でなし」 [戦争をする国 日本]

違憲になるから『戦闘』でなく『武力衝突』



警官:「万引き現行犯として逮捕します。万引き行為を認めますね?」
眼鏡に網タイツの買い物客:「否だ! 万引きではありません」
警官:「なぜ?!」
買い物客:「事実行為としての万引き・窃盗行為はありましたが、刑法235条の問題になる言葉は使うべきではないことから、「タイミングを見計らって黙って頂いた」という言い方をします」

その行為はあったが別のことばを使うのでその行為はなかったことになる?!
どーゆー理屈だ?!

でもこれと同じことだ。
稲田朋美防衛大臣の国会答弁の言い分が通って南スーダンの自衛隊PKOが憲法違反に問われないのなら万引きだって法律違反が問われない。

法治国家が崩壊するよ!
あ、すでに崩壊してたか。

稲田防衛相はこの答弁で

「戦闘」であったことを認めた。
「戦闘」とすると憲法9条に違反するから「武力衝突」という言葉を使った。
つまり憲法違反も認めた。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

続きを読む


惜しい、そして怖い、安倍総理の漢字力 [戦争をする国 日本]

16298676_1888586221281126_8327492034207226703_n.jpg

総理: 「これって < デンデン > って読むんですよね?」
副総理:「ばか、おれに聞くな」 


思うに安倍総理は受けた教育の質の高さを物語る読み間違え方をする人だ。
通った小学校でも質の高い教育を受けられただろうが、聞く所によると
家庭教師も付いていたという。

漢字に関しては、
漢字は(へん)と(つくり)などがあり
音を表す部首があれば意味を表す部首もある、
などということを丁寧に教わったのだと思う。

その痕跡が伺えるのである(ゲスの勘ぐりかもしれぬが)。
そしてそこが惜しいのだ。

今回の「云々」(うんぬん)にしても、かくも使用頻度の高い、かくも基本的な言葉を
読み間違えられるとはゆめゆめ思わなんだが、その読み違え方である。
「でんでん」
どうやらこれはニンベンのついた「伝」との類推が働いたようだ。
云というつくりは「デン」という音を表すと思われたよう。
その辺に幼少の頃受けられた教育の質の高さが覗くのだ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


これじゃいよいよ戦争じゃないか~ゴルビーの叫び=9条+核兵器禁止条約 [戦争をする国 日本]

ミハイル・ゴルバチョフの叫び。
今の世界に必要な理性の声が響いた。

「世界はまるで戦争に備えつつあるようだ」 http://time.com/4645442/gorbachev-putin-trump/ 小野寺.jpg ゴルビー戦争になる.jpg
祖国ロシアでゴルバチョフはまったくの不人気という。
一般のロシア人からは超大国ソビエトの崩壊をもたらした張本人と見られているのだ。
選挙に出ても誰も票を入れない。。
しかし、タイム誌への今回の投稿は、先行き不透明、私が「バトル・ロイヤル」と名付けた今の世界にまさに必要とされる理性の声ではなかっただろうか。
↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


安倍/麻生・トランプ会談の予想される展開 [戦争をする国 日本]

安倍とトランプ.jpg

安倍:トランプ大統領閣下におかれましては暗殺もされずにこのたびは無事大統領に就任されご機嫌うるわしくあらせられましてお喜び申し上げ…

トランプ:挨拶はほどほどでいいから、要件から行こか。

安倍:恐れながら私ども真珠湾では貴国と不戦の誓いをし和解の力を確認、先の施政方針演説では日米同盟が「不変の原則」と宣言してまいりましたるたところー…

トランプ:本日の打ちー止ーめー、てか? しかし聞いてた通りだな。側近がコーチしてくれたんだ。日本人は前置きが長くてまずは背景とかさかのぼって時系列でいろいろ言ってきて、本題がなかなか出て来んとね。通訳がちゃんと訳してないのか?と思わされたりもするが、ぐたぐた退屈な話が長々と続いてもう聞く気が失せそうになった頃にやおら本題が出て来たりするから気をつけろということだったよ。でも、いろいろ前置きを話しているつもりで当のその本人が、何の話をするはずだったか本題にたどり着く前に忘れてしまうこともよくもある、ということだったので、そうなる前にこっちから要件言わせてもらうと、要するに、金貸してちょーだい、という話。

安倍・麻生:カネ?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


ババつかみハシゴ外されこの道を行くしかないとアベノミソクソ [戦争をする国 日本]

アホノミクスももう古い
ここまでくるとアベノミソクソだ

あなたはババをつかんでいる
何枚もつかまされている
ハシゴも外された
それでも
その
周回遅れの「価値観」を掲げて
やみくもに突っ走る
待っているのは
破局だ

eda3e16e9754cfefb6375ce76cdbdc5a20170117125348070.jpg


続きを読む


改元案ひらめく! [戦争をする国 日本]



「すでに色々な案が囁かれてるようです」とフェイスブックに投稿したらすかさずこう返信してきた人がいた: 「これを機に元号廃止がすっきりするなぁ」 人がせっかく5つもすばらしい元号思いついたのにいきなり頭ごなしに「これを機に元号廃止がすっきりするなぁ」もないだろう。私は多元主義、多様性の観点から元号支持。なんでもかんでも西洋のものになってしまったんではかなわない。元号をなくしたら私たちは将来世代にいったい何を残すと言うのだ。放射能以外。 そして「天皇制も廃止したい」と返信は続いたが、天皇制を廃してどうする?いま皇室こそ日本で真に慰霊を行い平和の祈りを捧げている数少ない勢力の一つではないのか?それを廃したら、それこそ戦争まっしぐらじゃないのか?!

続きを読む


タグ:改元 加曝国

国破れて軍産があり [戦争をする国 日本]

ミサイル防衛THAAD稲田検討.jpg

きたーTHAAD(サード/終末高高度防衛)
これに手を染めたが最後
国が滅びる
桁外れに高い
それをどんどん買わされていく
なんとも愚か
日本は
国民生活をありとあらゆる方法で犠牲にして
ひたすら軍事予算のみ増やして行く今の路線が
これで文字通り
桁違いの高度に打ち上がる
THAADサード
さーどーする
アメリカの軍需産業の高笑いが聞こえてくる
安倍は北朝鮮が中国がと言うが
アメリカの軍産複合体の思うツボじゃないか

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

向こうはTHAADよ


日本を弱い国にしたいから あるいは撥ね付け憲法論 [戦争をする国 日本]



「米国人としてハッキリ言いましょう。日本を弱い国にしたいから憲法9条を作ったのです」(ケント・ギルバート)

別にあんたから「ハッキリ」言われんでも、とおの昔にそのくらい分かってますがな。アメリカの得意な誤算ですよ。弱い国にするつもりが、賢い日本人、強い日本人、まだ「レジリエンス」なんてカタカナ英語なんかにすがる必要のなかった日本人は、それを逆手にとって、跳ね返して、強くなったのです。そして9条のおかげで軍事に力を入れなくてすんだので、経済大国にのし上がって行った。それがアメリカはくやしくてたまらん。そこでまた「日本を弱い国にしたい」。それで、9条やめなさい、憲法変えなさい、軍隊持ちなさい、戦争しなさい、そう言っているわけでしょ。(それにだまくらかされてる安倍首相やそれを支持する日本人がいるので、あんたもつい期待するんでしょうが、安倍改憲こそ実は押しつけ憲法!)。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

続きを読む


天皇を超えて先軍安倍首領 [戦争をする国 日本]

「新年にあたってのご感想」今年から取りやめ



天皇陛下が毎年公表してきたものだが、今年から取りやめ。宮内庁によると公務負担軽減策の一環。


2015年には戦後70年の年であることを踏まえ


 「満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び」

 「今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています」


と、まるで、戦争法、軍事立国、改憲に突き進む安倍政権をいさめるかのような「ご感想」で、

非常に注目すべきことと思っていた。


天皇を超えた首相


例年恒例の年頭所感が今年取りやめになったことについて

天木元駐レバノン大使はブログにこう記している。以下抜粋:


 「年頭所感の発出こそ、天皇陛下が最も重視されている象徴天皇としての行事」


 「これは安倍首相による天の陛下の口封じだ」

 

いっぽうで、元旦の各紙が一斉に掲載したのが、安倍首相の年頭所感

 

 「未来への挑戦に向けた強い決意を述べ、1億総活躍社会をつくるといい、国際情勢の荒波の中で日本を世界の真ん中で輝かせる、と大言壮語している」

 

 「これはまさしく安倍首相の施政方針演説だ」

 

 「安倍首相は天皇陛下を超えた存在になったということだ」

 

http://xn--gmq27weklgmp.com/2017/01/01/post-5848/

『天皇陛下を超えた安倍首相の増長ここに極まれり』(天木直人)


そこで一句:

 

天皇を超えて先軍安倍首領

もう一句:

かの国にいよよ似てくる安倍日本

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

もっとあります


異例の慰霊の安倍へ真珠湾口撃 [戦争をする国 日本]

異例から慰霊へ 4

オリバー・ストーン監督が安倍首相に公開質問状。これでパンドラの箱が開きかねない。 この公開質問状、少し要約すると以下の通りだ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


日本人には指一本触れさせない [戦争をする国 日本]



       /\    /\
      m     (_ _)    m

    クリック!      クリック!  
    ↓            ↓         ブログランキング・にほんブログ村へ
  より多くの人に読んでもらえますよう
     クリックどうかよろしく!

⇒ 日本人だけど、撃たないでくれ

⇒ 日本がいよいよ‎対テロ戦争‬に引きずり出されて行く



飛行機を落としておいて「感謝しろ!」机を叩く宗主国かな [戦争をする国 日本]

パイロット称賛.jpg

2004年に米軍ヘリが沖縄の大学に墜落、炎上したときも米軍の司令官だったか、米軍は感謝されるべきといった発言をした。住宅に堕ちないように巧みな誘導をした、それはいまオリンピック(2004アテネ)で活躍中の日本の体操選手にも比肩しうる見事な離れ業であり、称賛さるべき、と。 ↓ ↓ ↓ ↓  

続きを読む


安倍 奇襲 真珠湾 異例の慰霊 [戦争をする国 日本]

運転手の「勘違い」だったという。


安倍トランプ会談、安倍プーチン会談とかけ、地下鉄板橋区役所前と解く、その心は:
勘違いで突っ込む階段。
痛まし区役所前。

四谷怪談なら、官房副長官が「不良」と呼ぶトランプとプーチン、
「お坊っちゃま」安倍晋三より、いちま〜いも、にま〜いも上だった。(末は白紙か退陣か

トランプ当選、TPP離脱意向を再確認、北方領土での進展もベトナム原発輸出も白紙となり
八方塞がりの感のあった安倍外交だが、真珠湾訪問という奇襲に出た。
起死回生を狙っての大勝負だ。
歴史的な快挙を演出して選挙に打って出る気だな。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 


続きを読む


末は白紙か退陣か 八方塞がり安倍外交 [戦争をする国 日本]

白紙と言えば、白紙の領収書、政治家だけの超法規的に認められる特権らしいが、
安倍政権、このところ次から次へと白紙撤回に見舞われている。



 がちょ〜〜ん! 当てつけのようなタイミング。50万円の黄金のゴルフ・クラブを安倍が贈った直後にこれだ。 <大統領就任初日にTPP離脱を表明する> と表明したトランプ。 

続きを読む


安倍・トランプ会談の予想される展開 [戦争をする国 日本]

安倍とトランプ.jpg

17日の安倍・トランプ会談の予想される展開

「…ですからですね、私はヒラリーさんが当選するものとばかり思っておりましたものですから、彼女にはすでにお教えしておりましたがですね、私が日本国内で使っております、伝家の宝刀と申しますか、奥の手、『先のお約束と異なる新たな判断』という手法をあなたにもご教授いたしますので、是非ともですね…」


「それならすでに始めてるよ。移民の送還とかヒラリーの訴追とかオバマケア。TPPにしても私は賛成よ」

「えーっ!そーなんですか!早くも!」

「でも、TPP、Trans Pacific Partnershipじゃないよ。TPP, Trump Pacific Partnership!」

「なななななな、なんとおー! それは一体全体、どーゆーものでございましょおー?」

会談の続きはこちらーー>


かもいぬの最後の藁は何? [戦争をする国 日本]

どうもこのところの動き、
人々の怒りの発火点に近づきつつあるようにも思う。。 学校の教員の削減案、年金の削減案、大学予算、等々、削減また削減また削減。
現政権に対する大きな怒りと呆れ、驚き、
それは今いろいろな所に渦巻いている。
TPP、国防、教育の現場、大学、雇用、メディア、年金、バラマキ、沖縄・・。

それとも沸点が近いと感じるのは私だけなのか。
堪忍袋の緒を切らすやつ、 英語でいうthe last strawラクダの背中を折る最後のワラの1本、
サッチャー政権の人頭税のようなの、
それに近づきつつあるような。。
サンダース風に言うと、Enough is enough!
安倍よ、えー加減にせー!
のような。 ↓↓↓↓↓↓

続きを読む


血を呼ぶ言葉遊び(2) [戦争をする国 日本]

2011年 アラブ系スーダン北部(イスラム教徒が多い)との長い内戦の末、
 南部が分離独立してできた黒人の国、南スーダン(キリスト教徒が多い)。
 国連はUNMISS(国連南スーダン派遣団)を送り込み、日本も野田政権が参加を決め、
2012年以来、道路の整備などを行なって来たが、
2013年末に首都ジュバでクーデター未遂。クーデターを起こそうとしたのは、解任されたマシャール副大統領を支持する軍内の勢力。ディンカ族(大統領派)ヌエル族(副大統領派)という南スーダンの部族の対立が激化する。
 その後の1年余りの戦闘で死者数万人、避難民230万人余り。双方に市民に対する広範な人権侵害(殺傷や強姦)。
2014年 周辺諸国から和平の働きかけ。
2015年 停戦に至るが、停戦は幾度となくやぶられてきた。UNMISSの弱さの露呈でもある。

 ↓↓↓↓
↓↓↓↓

続きを読む


血を呼ぶ言葉遊び(1) [戦争をする国 日本]

南スーダンの状況の厳しさは安倍政権が言っているより数段上。

政府が「戦闘」という言葉を避け、「衝突」と言い続けるのは、ひとえに自衛隊派遣の憲法違反、PKO参加5原則違反をごまかすため。

そんな言葉遊びをしている間も、現地の苦しみは募る。このところ各地で戦闘が激化。UNMISS(国連南スーダン派遣団)も「各地で暴力と武力紛争の報告が増えていることを極めて憂慮している」。

UN mission 'extremely concerned' over increased incidents of violence across South Sudan
http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=55273#.WA1oeSOLSgw

09-01-2016Children.jpg

朝日新聞は「激しい戦闘」「戦闘」「襲撃」「反撃」で「少なくとも60人が死亡」としながら、「首都ジュバでは7月、政府軍と反政府軍が武力衝突し、数百人が死亡」と書いた。

なぜ用語を政府と合わせなくてはいけないのか。しかもじゅばじゅば銃撃戦が起きて数百人死んだ首都ジュバのほうが「衝突」だという。なぜ政府に合せる。そも、合わせたのか? 偶然なのか?


↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓

続きを読む


末は白紙か大臣か ー カネに憑かれて ♪(2016年ノーベル文盗り賞) [戦争をする国 日本]

カネに憑かれて ♪

人は何回、パーティー出れば
いっぱしの政治家

白い領収書、何人に渡れば
裏金は収支報告書で眠る

どれだけ放射能、飛び散れば
東京オリンピックは永久中止

答えは、珠代、福島から吹いて来る風の中よ ♪

1ba7842b.png 稲田朋美 防衛大臣

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


♪ 童謡と旋律「白紙領収書」の動揺と戦慄 ♪ [戦争をする国 日本]


♪ なつかしの童謡が新しい歌詞で復活しました。

「やぎさんゆうびん」と同様の旋律で
皆さんも歌ったらどーよー
政界に巻き起こしましょ
動揺と戦慄 

14608807_1205842432842693_8144332143258084679_o.jpg

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

続きを読む


愛と喝采のビビ 起立拍手の規律 [戦争をする国 日本]


26日の安倍総理の所信表明演説で異例の場面があった。
異様と言ってもいい。
衆議院本会議場での演説のさなか、安倍総理が
「海上保安庁、警察、自衛隊の諸君」に敬意を表(あらわ)そう
と呼びかけて自ら拍手を始め、
自民党議員らが総立ちとなり拍手をしたのだ。

安倍[兵隊さんありがとう」国会で自民議員示し合わせて総立ち拍手.jpg
まことに小さな国が、閉化期をむかえようとしている。
いよいよ安倍「先軍体制」の本格お目見え。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

続きを読む


前の30件 | - 戦争をする国 日本 ブログトップ