So-net無料ブログ作成

永遠のセロ ♪ [音楽]


ドボルザーク:チェロ協奏曲(Vc:ロストロポーヴィチ)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


タグ:音楽 チェロ

マタイ受難曲(大阪語版) [音楽]

高校生のときガリ版刷り(今の人は何のことか分からんやろな)日独対訳版で読んで以来、 いくつかの版で親しんできたが、この大阪弁訳には衝撃を受けた。

その生々しさ。
自分は関西弁は母語ではないが、深いところに響く。 自分に近いところというか。何か迫って来るものがある。
これを聴いたあと日本語標準語訳はもう見れん。
あまりにも人工的な不自然なものに響いてしまう。
偉大な訳業だ。
そしてこの音楽のすばらしさ。
J. S. バッハ作曲「マタイ受難曲」
新約聖書に4つある福音書のうち「マタイによる福音書」(26賞と27章)により
イエス・キリストの受難を描いた音楽劇。

それが、十字架上の死の予告に始まりイエスの死まで大阪語で繰り広げられることに。 (死の予告、イエス捕縛の共謀、ユダの裏切り、最後の晩餐、オリーブ山の預言、ゲッセマネの苦しみ、捕縛、審問、ペテロによる否認、ユダの後悔、判決、むち打ち、十字架を背負いゴルゴダの丘へ、十字架上のイエス、イエスの死、埋葬)
第01曲
合唱『来なはれ、娘さん 一緒に嘆こやないかい』
見てみい    誰をやねん?
殺されてしもた
見てみい    何をかいな?
あの辛抱を見なはれ
どないに辱め受けようとあの辛抱やで
見てみい    何処をやねん?
わてらの罪を
あんさんは全ての罪を負わはった
見なはれ
十字架を担がはるお方を!


しんぼぅしいな。見なはれ。あてらのわるさや。ねえちゃん、わたいの泣くの手助けしてくれまへんか。

おお罪のあらへん子羊
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


ギタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 協奏曲 [音楽]


ヴィヴァルディギタ━(゚∀゚)━!! 協奏曲 二長調


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

もっとあります ♪


ブラームス偏愛 ♪ [音楽]


弦楽六重奏曲第1番

心に沁みる

続きを読む


ロシアの憂愁 憂愁のロシア ラフマニノフ [音楽]

ラフマニノフ
大好き
重く暗く深く陰鬱とした
ロシアの激しい情念のような
憂愁のピアノ
ふさぎ込んでどうしても心が晴れないときは
この癒されざる深い憂愁の淵に
堕ちて行くに限る

ところで
ラフマニノフは物凄い大男で手も馬鹿でかく
掌を広げると1オクターブ半は軽く届き
足を広げると股の間にピアノが収まり
黒鍵と黒鍵の間に指が挟まると抜けなくなり
腕を持ち上げると
そのままピアノが持ち上がった
というようなことはまさかありえない
ということは自分で実際試して
発見
したが

この韓国のピアニストは:

「ラフマニノフ、大きい手」
「私、韓国人、小さい手」
「しかし、小さいのは手だけ」

と言って、スケールの大きな演奏を展開するのであった。
そして、誰も考えつかないような、とてつもないことを
しでかすのであった。


 


めちゃ好き ヴィエニャフスキ ♪ [音楽]

ヴィエニャフ好き ♪

ポーランドの生んだ名バイオリニスト・作曲家ヘンリク・ヴィエニャフスキ(1835-1880)にちなむヴィエニャフスキ・バイオリン・コンクール。近年は5年ごとに開かれ今年2016年の10月が第15回だった。場所はポーランドのポズナン。
優勝したのはヴェリコ・ツンブリゼ(ジョージア・トルコの2重国籍)
ヴィエニャフスキ ヴァイオリン協奏曲 第2番 
第1楽章

↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


!!!!!! トルコ ブログ更新曲 と カルメン幻想曲 (X2) !!!!!! [音楽]

『原始的本能』インティダール・カンマルティ
 洋琴:ユジャ・ワン


 

美しい そのすばらしさに言葉を失う
アドレナリンが低い人にお勧め
私も毎日これを聞いて
血がたぎり肉が踊り
生きていくかという気持ちになる今日このごろ
ほとばしる演奏も曲も見事である
もともとの単純な作りの曲を
パラフレーズしていく
万華鏡のように
美しい
あるときは異なる旋律をない交ぜにしてふとポリフォニック
不協和音の炸裂
あるいは低音が浮き上がったり
縦横無尽の曲、そして演奏
ユジャ・ワンという人
舞台で着飾って現われるときよりこのほうが何倍も
美しい

 ↓↓↓↓↓
 

カルメン幻想曲もう一つ 今度は提琴で


でぃじゅりどぅ ♪ [音楽]

こんなところで聞けるとは


もっとあるよ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


トッカえタと風化 似たん調 BMW i8 [音楽]


Musical glasses - Bach, Toccata and Fugue in D minor

Bach - Toccata and Fugue in D minor

Posted by Diogo Ramos de Queiroz on 2012年12月1日

続きを読む


タグ:音楽 バッハ

韓流の還流 冬から春が早かった [音楽]

アラブの春から「イスラエルの秋」を経てたどり着いたのが

日本の冬だった


(還流ドラマの題名作りならまかしといて 最後に音源のリンクも)


人質は殺されるは

次から次へと政治家たちのお金の問題

開き直りやら空涙やら路上キスからSMバー

国会への欠席やら遅刻やらを経て

憲法は所管でないと質問に答えない法務大臣もいれば

生まれるまえのことだからよく知らないが

文官統制が軍部独走の反省から生まれたとは思わないと防衛相

文官統制見直し案を閣議決定

格差拡大とは言えないと言う首相は

沖縄知事には会わない

官房長官は檀ふみ演ずる松陰先生の母君か

「せわない、せわない」の連発

我が軍と呼んでも

「問題ない」

気がつけばいつしか福島の原子炉に核燃料はない

政府はもはや原発再稼働や憲法改正を先取りしたかのような言動

マスコミには圧力

 

菅長官

民意の無視を粛々と

かのキャラウェイとキャラも重なり


続きを読む


<ネコンチェルト 作品1> [音楽]

のら

コンサート・ピアニストになった

 のら

ネコンチェルトーネ?

私がやる気をなくし寝込んでる頃

 「寝込んでるとーね?」

ネコンチェルトーネ

物憂い

けだるい

楽しもうとして楽しめず

悲しもうとして悲しむこともできない

どこか諦観にも似た

ネコンチェルトーネの演奏が始まっているのだった

 

 

続きを読む


タグ:音楽 ピアノ