So-net無料ブログ作成
検索選択
刑事司法 ブログトップ

世界の死刑執行 2016年 [刑事司法]

アメリカ、死刑執行上位5カ国から外れる。10年ぶり。
しかし、今年2017年には一挙にカムバックか。
去年2016年の執行は20件。1991年以来の低水準。
世界の23カ国が死刑を執行。
(アムネスティ・インターナショナルが報告書)

犯罪の抑止に繋がっておらず、死刑の求刑が検察も陪審も減る。2009年以来の傾向。
死刑を執行する州の数も減った。
2016年はアラバマ、フロリダ、ジョージア、ミズーリ、テキサスという南部の5州。前年は7州だった。
これらの州でも執行件数は減った。

top_executioners_globally_in_2016_number_chartbuilder_2_b29a777bbda39e5d505f67c8a0f61fc3.nbcnews-ux-600-480.png

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


続きを読む


タグ:死刑

次は日本だ アメリカの死刑廃止が見えてきた [刑事司法]

ジョージ・ケイン准教授の講演。日弁連シンポ。弁護士会館。2015年6月16日。

まず、自分は何ものか。なぜ日本に来たのか。

自分は30年、警察、法の執行の仕事に携わった。保護観察官をやり、警察のコミッショナー(本部長)を15年勤めた。さらにコネチカット州立ウエスタン・コネチカット大学で刑事司法を30年教えて来た。その間、死刑のことを考察。学術誌に論文を寄稿。国外の会議にも参加。内外の死刑に関わる問題に取り組んで来た。米国の56州の運動にも関わる。

自分の仕事が大好き。人助けが大好き。そのため日本に来ることにもなった。今回は2回目の来日。前回は201310月。その1年ほど前、ローマの会議で古川師に出会い、意気投合、今に至っている。

古川師からはさきほど福岡事件の話があったが、私がローマで初めてその話を聞いたときは、福岡事件そのものにも興味を覚えたが、家族ぐるみ、家族総出で運動をされているということに惹かれた。

続きを読む


幸か不幸か ここは福岡 (5) [刑事司法]

連続殺人事件

 

1963年、日本列島を震撼させた事件があった

 

太陽がぎらりとまぶしくて

殺人

アルベール・カミュの小説『異邦人』まがいの理由なき殺人

でもないが

何の脈略もなく同一犯が次々と人を殺して行く

 

10月に福岡で1人、また1人

11月に浜松で旅館の親子2人

12月には東京で弁護士が1人

 

年が明けて1月に熊本のお寺に東京から男が訪ねて来る

 

続きを読む


タグ:冤罪 死刑

幸か不幸か ここは福岡 (4) [刑事司法]

逮捕 取り調べ 裁判

 

西さんらは逮捕され、警察の取り調べでは拷問を受けた

西容疑者は逆さ吊りにされ鼻にバケツで水を注がれる

石井容疑者は警棒の上に座らされその膝の上に刑事が乗る

それでも計画的強盗殺人は否認

刑事は白紙の供述書を差し出してこう言った

 

  ここに拇印ば押しといてくれんか

  あとは良かふうに書いとくけん

 

西被告は裁判が始まって知ることになるが

そこにはあとでこう書き込まれていた

 

「私がやりました」

 

続きを読む


タグ:冤罪 死刑

幸か不幸か ここは福岡 (3) [刑事司法]

闇市の取引


戦時中、石井さんは中国戦線。

体に爆弾を括り付け、戦車に突撃するといういわば地上の特攻だったが、

確か私の聞いた記憶では、3回試みいずれも失敗。


「何回も死にそこのーとりますけんね。戦後は、

 拳銃ば振り回して、悪かこつばっかりしよったっですたい」

 

続きを読む


タグ:冤罪 死刑

幸か不幸か ここは福岡 (2) [刑事司法]

博多駅のすぐ近く
堅粕 かたかす
あたりはいま公園になっているが
今から68年前
終戦直後の混乱期
ここで2発の銃声がした
私は本人から聞いたことがある

続きを読む


幸か不幸か ここは福岡 (1) [刑事司法]

その若き僧侶は終戦直後の混乱した日本で

仏教には特別の役割があるはずだと考えていた。

宗教として、人々の心の支え、導きでなくてはならないはず。

今こそ、仏教の再生運動をと

ガリ版刷りで機関誌を発行する。

 

続きを読む


タグ:冤罪 死刑

死刑の死が視界に [刑事司法]

米タイム誌の最新号が<死刑の死>を予見している。
「最後の死刑執行」〜なぜ死刑の時代は終わりつつあるのか
と表紙にあり、巻頭の記事が「死刑の死」

内容的には、これまでも専門家たちが言ってきたこと、報道で伝えられてきたこと。新味はない。
しかし、タイム誌の表紙に死刑、巻頭の記事に死刑。これは画期的なことである。
アメリカはいよいよ死刑廃止が視野に入って来たということだ。

注目すべきデイヴィッド・ヴォンドリール記者のこの記事を以下に要約する。

タイム表紙「死刑の死」.jpg

続きを読む


刑事司法 ブログトップ