So-net無料ブログ作成
『象にささやく男』 ブログトップ

飛べ アフ・リカ 物語 [『象にささやく男』]


 愛媛県の砥部 とべ動物園で象の一家を苦労して苦労して
ここまで育ててきた飼育員の椎名脩さん。
自分もその一員となって象一家の絆を育んできた。

しかし父アフが今年の4月に急死。
夜間に滑って転んで肩を脱臼。
そのまま息を引き取ってしまった。

14237581_1746600338936091_919299622212284134_n.jpg
 ↓
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


ゾウの造反 野生のゾウが暴れる 中印 そして『象にささやく男』 [『象にささやく男』]

哀れ 恋に破れ やぶれかぶれのオスの象よ


記事によると金曜日に15台、日曜日に4台。メスを奪い合う別のオスとの戦いに破れた末の乱暴狼藉という。中国には野生の象が250頭足らずだそうだ。


しかしアジアゾウだからか、けっこう大人しいな...というのもアフリカゾウなら・・


  ↓ ↓ ↓

続きを読む


動物好きの読むべき51冊 [『象にささやく男』]

動物の好きな人の読むべき51冊で「象にささやく男」が
堂々(と言うか惜しくもと言うか):

第8位!

「動物農場」(ジョージ・オーウェル)第2位
には負けているが
「野生の呼び声」(ジャック・ロンドン)35位
「白鯨」(ハーマン・メルヴィル)37位
「かもめのジョナサン」(リチャード・バック)45位
「ジュラシック・パーク」(マイケル・クライトン)51位

いま急成長のニュースサイト「バズフィード」(月間読者1億人突破)が今年7月に行なった調査
日本語に訳してくれている人もいます)。

grid-cell-1466-1437248449-2.jpg

書評集(2)


象5年で半減2題と『象にささやく男』 [『象にささやく男』]

象がいま絶滅まっしぐら。減少に歯止めがかからない。

1日に100頭殺されている勘定という。

野生の象、アフリカにはいま45万頭くらいか。

 

モザンビークでは密猟によりこの5年で半分に減った。

WCS野生生物保護協会によると5年前の2万頭あまりからいま10,300頭ほどに。

密猟者は、象のすでに激減したタンザニアからやってくるという。

 

そのタンザニアは過去5年で象のほぼ60%を失う。

原因はやはり象牙ほしさの密猟。

10万9,051頭(2009年)から4万3,330頭(2014年)に。

タンザニア天然資源省の発表(6月1日)。

 

『象にささやく男』

あるひたむきなアフリカ人の物語(寛兵衛が訳しました):


続きを読む


美しく曖昧な日本の私 『象にささやく男』をささやく男 [『象にささやく男』]

あれからはや1年

嵐のような感動を呼んだ「The Elephant Whisperer」の日本語版。
(原書も翻訳も感動を呼んで・・・)
発売からほぼ1年が経とうとしていますが、翻訳した私がさる勉強会でお話をさせてもらうことになりました。

題して「『象にささやく男』をささやく男 ~ 美しく曖昧な日本の私」

http://www.peaceboat.org/event#event20141217

12月17日(水)19:00~20:00(要予約)
場所:ピースボートセンターとうきょう
http://www.peaceboat.org/about/tokyo#addressmap

著者のことや象のことに始まって果ては日曜日の選挙の話に至るまで豪華絢爛波瀾万丈東奔西走四分五裂上っ滑りにして深遠なるお話をするつもりです。

象にささやく男 表紙 S.jpg

 

祇園精舎の鐘の声
書評無上の響きあり:

 

書評集 1


『象にささやく男』 ブログトップ