So-net無料ブログ作成
パレスチナ ブログトップ

催涙ガスを吸い死亡 幼児や医師 西岸地区 [パレスチナ]

西岸地区ベツレヘム近くで生後8ヶ月の男の子がイスラエル 軍の催涙ガスを吸い死亡とパレスチナ自治政府( 10月30日)

イスラエル軍が調査へ 


Violence between Israelis and Palestinians continues with attacks concentrated in the Hebron area of the occupied West BankWatch more: bbc.in/1jXrNja

Posted by BBC News on 2015年10月30日

BBCが伝えるヘブロン。パレスチナ人とイスラエル軍の衝突(10月31日)。

イスラエル軍は催涙ガスとゴム弾のほか実弾も使っていると記者。

 

つい先日はパレスチの西岸地区のハシェム・アルアゼー医師(54)が、イスラエル治安部隊の催涙ガスを吸い込み、死亡。

 

Palestinian activist beloved by journalists dies after tear gas inhalation

 (Middle East Eye)

人々に慕われていた医師。葬儀には大勢が参列。車で遠くからやってくる人もいた。

 

続きを読む


向かうは市民的ジェノサイドの世界? [パレスチナ]

第三次インティファーダが始まったかどうかなんて議論している間に

パレスチナ西岸地区とイスラエル 

市民同士が手に武器をもって殺し合う内戦に向かっているかのような情勢 

市民的ジェノサイドの世界が出現か

ルワンダ化?


一方、イスラエルが始めた「身体検査」の荒っぽいこと

人々の心に深い憎しみを植え付けるだけだ

 

#فيديو | قوات الاحتلال تعتدي على شاب أمام باب العامود في القدس المحتلة وتفتشه بطريقة همجية اليوم.

Posted by ‎شبكة قدس الإخبارية‎ on 2015年10月24日

 

続きを読む


刃物から銃へ 次は自爆攻撃なのか? (1) [パレスチナ]

刃物による一連の刺殺事件。次の注目は、

銃に移るかどうか、組織が動くかどうかだと先の投稿を結んだが(*1)その翌日の

日曜の夜にさっそく銃による事件が起きた。1人死亡、11人負傷。

犯人はその場で射殺。

法律上はイスラエル人、ネゲヴ砂漠のベドウィン族(遊牧民)だった。

ベドウィンに関してはその前に投稿したばかり(*2) 。

ここ十年あまりの間に彼らにも「イスラム運動」(イスラエル内のイスラム主義運動)の影響が及びつつあった。

家族は事件を非難しつつも、息子は現場で「処刑」されたと言っている(*3)。

もう1人、現場で治安部隊に銃で撃たれた上、群衆に暴行を受けて死亡した男は、

事件とは無関係だった。

たまたまその場に居合わせただけのエリトリア人だった。

 

 

続きを読む


パレスチナ 暴力の新しい局面 [パレスチナ]

382757450.jpg
フォト・ジャーナリストを装ったパレスチナ人が人を刺そうとするところをイスラエル軍の兵士に射殺される
16日ヘブロン(写真:Reuters)

土曜日はエルサレムで1件、西岸地区で4件の刃物による殺傷事件。今回の事態、3週間で、終わりはまだ見えてこない。

続きを読む


超法規 超蜂起 [パレスチナ]

12143108_1628455370750589_8073172343600442173_n.jpg

 

丸腰のパレスチナ老人 1人でイスラエル軍兵士らに抗議

 


[子供たちを撃つな」


「逮捕するぞ」


「できるもんか 子供を撃つな」



 バーーン!

 

続きを読む


第三次インティファーダは秒読みか? [パレスチナ]

窒息状態、超法規的殺害およびヘイトスピーチについて

 

10月16日金曜日、ハマス (「イスラム抵抗運動」)が「怒りの日」を呼びかけた。

パレスチナのインティファーダ「蜂起」は秒読みなのか?


ここ数週間のパレスチナ人による様々の殺傷事件は、自然発生的なものであり、個人の行動、

欧米メディアの言う「一匹狼テロ/一匹狼的襲撃」であり、背後に組織が控えていない。

だから過去のインティファーダのような事態とは違う、と言われて来た。

規模的にも1987年、2000年の時の死者が数千人に対し、これまでのところ数十人。


ただ今回は低年齢化が見て取れる。13歳のパレスチナ人の少年がナイフで人を刺しているのだ。

そしてそれに対するイスラエルの対応もその場で殺すという、実に荒っぽいもの。

ツイッターなどSNSの普及した状況も、前回、前々回とは違う。


対応を間違えば、暴力が広まると私は心配している。

市民的ジェノサイドの危険すらあるのではないだろうか。


どう間違える? 

イスラエルが強硬に抑えにかかったり(すでに軍の増援を決めたし、

 容疑者の家をすぐに壊すとか、親の連座制、イスラエル市民の銃の所持の規制を緩める、

 アラブ系イスラエル市民の犯行なら市民権を剥奪、東エルサレムの封鎖、などなど提案されている)

あるいはお互いに激しい言説で、怒りを煽ったりすることだ。

 

ハマスの今日の新たな呼びかけで、組織的動員が始まるのか? 

 

イスラエル は「神殿の丘」に男性イスラム教徒を立ち入り禁止にと言っている(年齢別)。

パレスチナ の若者の群衆が火炎瓶で西岸地区ナブルスの「ヨセフの墓」(*1)に放火したのだ。

極右「イスラエル 我が家」のリーバーマン党首(前外相)はこう発言した。

 

       「パレスチナ自治政府は IS と少しも変らない」

 

CRamUyGUcAAhdNQ.jpg

ヨセフの墓の火は消し止められた(写真はハアレツ紙より)

 

続きを読む


「第3、第4、第5のインティファーダを!」 [パレスチナ]

1011日、イスラエル軍が、ガザを空爆した。

妊娠5ヶ月のパレスチナ人女性(27歳)と娘(2歳)が死亡。

 

「第3、第4、第5のインティファーダを!」

 

と遺族。ハマス軍事部門の訓練所から300メートルの民家。


写真(PCHRより)は娘抱きしめ泣き崩れる父親

CRCN1BgUYAAQHH8.jpg

続きを読む


いまインティファーダの入り口 パレスチナ [パレスチナ]

エルサレムのユダヤ化を進め、パレスチナ人をじわじわ追い出して行くイスラエル。ヨルダン川西岸地区では国際法違反のユダヤ人入植地の建設を国際社会の非難を無視して継続。パレスチナ人から土地と生活と尊厳を奪い、追いつめて行く西岸地区のアパルトヘイト化。住民と抑圧者間の緊張。その緊張はなんらかのきっかけでいつ爆発しておおかしくない。そして今、爆発しかけている。

 

West Bank 201510.jpg

 

続きを読む


復興進まぬガザ地区 [パレスチナ]

ガザは今、去年の停戦の日の姿とほとんど変らない。約束された復興資金は届かず、世銀によるとパレスチナ・ガザ地区は住民の43%が失業、貧困率は39%。
しかしほんの数日前、アメリカ国防総省はイスラエルへの弾薬の売却18億ドル分に同意した。そしてイスラエルの新連立政権はこれまででもっとも右寄り。ヘイトスピーチをばらまくような人物まで閣僚にいる。これからどのような暴力が待ち受けているのか。

進歩的ユダヤ系ウェッブ・メディア「モンドワイス」のダン・コーエンがリアル・ニューズのインタビューに答えた:

シュジャイーヤ.jpg

続きを読む


パレスチナ ブログトップ