So-net無料ブログ作成
アメリカ大統領選挙 2016 ブログトップ

大統領?商売人?どっちをトランプ? 数限りない利害抵触の種 [アメリカ大統領選挙 2016]

あれ、労働者の味方じゃなかったのか?

「アメリカを再び偉い国にするクリスマス帽」
149ドル也(1万6千500円+税?)
トランプ・ストアで発売中!


ワシントンのトランプ・ホテルは、大統領就任式の時期すでに部屋は完売、予約はもうとらんぷ、宿泊費は通常の5倍となっている。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

トランプ大統領の誕生で活況の兆しトランプ・ビジネス


自分こそ信用できぬ指導者と世界に喧伝某国首相 [アメリカ大統領選挙 2016]

★日本が米のカモイヌなることを世界に喧伝トランプ会談
しっぽフリ焦りまくっていそいそと会いに行くのが対米従属
あなたこそ信用できぬ指導者と世界が確信日本の総理


一国の首相ともあろうものが前日までいつどこで会ってもらえるかも知らされず、いかにトランプから小物あつかいされているかを世界に知らしめた。


☆わっはっは振り回したれ日本の総理大臣なんぼのものよ☆
こう怒鳴るどドナルド・トランプ

政権人事のかなめにアメリカ白人極右続々。外国人嫌い、嫌イスラム、女性嫌悪、白人至上主義。KKK関係者は期待を表明。バーニー・サンダースは指名撤回を要求。娘の会社との利益相反疑惑、早くもも浮上。司法長官候補も極右。アメリカの人権は大きく後退か。

かくも怪しき次期政権の親玉とわずか1時間あまりの「会談」(通訳を挟んでのやりとり)、その「結果として」、「大いに信用できる指導者であることを確信」という浅はかさ加減を世界に知らしめ。

 

数々の差別的言動で論争の渦中にあり、国内に憎悪言論、憎悪犯罪の波を惹き起こし、今なお大統領就任を阻止すべきという意見すらある人物にこの段階で会い、しかもこのような評価をさっそく下してしまう。

 

その「結果として」自分こそ信用に足る指導者でないことを全世界に確信させている。

 

img_c449a067d7a013d39e6d02e3d2f0d6ae203741.jpg


 

政権要職に極右・差別主義者らの指名続々


しじゅうしち死とクリントンの死角 [アメリカ大統領選挙 2016]

ヒラリー・クリントンには大統領になる資格はなかった(?) しかし 
刺客(しかく)がいた 
tocanaの記事、ほんtocana?とも思うが。。
 証拠隠滅のために次々と人を殺す(?)陰々滅々。。
 圧倒的とも言える状況証拠の数々。。
 事実(?)は小説よりも忌なり。。
 四角四面のあなたにお届け。。

続きを読む


メディアの虚構とカモイヌの詩 [アメリカ大統領選挙 2016]

アメリカ国民はさすがに自分の頭で考えて投票するということか。
ではなぜ彼らは日本国民と違い「メディアの虚構」を見破る。

それは、ブッシュやネオコンに煽られて踊らされてアフガニスタンだイラクだのと戦争をやらされて、その結果、いやというほど辛酸をなめさせられたからだろう。

その一方で太る一方の富裕層1%の姿も見て来た。

一方日本は国民生活の上では辛酸をなめているが、まだ戦争の悲惨さには浸かっていない。多くの日本人が「メディアの虚構」や政治家のウソを見破るに至るまでには、今以上の地獄を見ないといけないということか。アベノミクスや稲田防衛相や原発ですでにじゅうぶんな地獄と思うが。

★国民が苦痛をなめているあいだ
 首相は米の靴なめている★

 (『カモイヌの詩』より)

首相が米国のカモイヌということは
国民が米国のカモイヌということ

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む


そんなパナマ! サンダースは早くから租税回避を批判していた [アメリカ大統領選挙 2016]




バーニー・サンダースは2011年にすでに租税回避地を批判し、パナマとの自由貿易協定に反対していた。

金持ちや大企業が国外に金を形だけ移してアメリカに本来払うべき税金を払っていない。国の借金がかさみ、財政赤字の削減に苦労しているときに、自由貿易協定となれば、海外に税金を逃れて移される資金を取り締まることもできなくなる、と。

2011年、連邦議会でのサンダースの発言を訳す:

 

続きを読む


勢い衰えず サンダース現象 [アメリカ大統領選挙 2016]

ニューヨークでクリントンに負け、その後東部他州でも負け、しぼむかに見えたサンダースだが。中西部インディアナで予想を覆しクリントンを破った。

共和党がトランプに絞られるというニュースが注目され、このインディアナの勝利は見過ごされているが、勢いが続いているという意味で大きい。

10日のウエストバージニア、17日のオレゴンも勝てる。6月に大票田カリフォルニア。そして7月、フィラデルフィアで党大会。

「アメリカ史上まれに見る大番狂わせが可能だと思っている」(B・サンダース)

Sanders wins indiana upset.jpg

 ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


アメリカ代替案 サンダース現象はだいたい続く [アメリカ大統領選挙 2016]

ヒラリー・クリントンが圧勝というニューヨークの予備選が終わり、2016年大統領選挙の民主党の候補指名獲得の夢は、バーニー・サンダースにとって数字の上ではほぼついえた。

しかしサンダース現象はこれで終わりかというとそうではない。
 

bsunkara0420nyprimary.jpg

 ↓ ↓ ↓

続きを読む


LGBTQI 同性婚 バーニー・サンダースの立場は? [アメリカ大統領選挙 2016]

 ニューヨーク奇跡は起きずサンダース
事前の予想くつがえせずに

ここでしばらく今後の予想のようなことはよそう
ということで、ちょっと目先を変えて、いくつかの争点に焦点を当てながら
サンダースがどんな政治家かを見ていくことにしました。 

合衆国最高裁は去年 (2015年)、同性同士の結婚を合法と判断し、アメリカ全土で同性婚が認められるようになりました。

リベラル派で弱者、少数派の味方であるはずの民主党、そのオバマ大統領も、今、党の大統領候補指名争いで先頭を行くヒラリー・クリントンも、当然その判断を支持しました。

ところがこの二人も2012年までは反対していたのです。
しかしここに、40年も前から、一貫して、結婚における平等を主張し続けていた政治家がいます。そう。我らがヒーロー、バーニー・サンダースです。

 
 
映像の翻訳はこちら
  ↓ ↓ ↓ 
 

続きを読む


サンダース政治革命の担い手たち 天下分け目のNY(2) [アメリカ大統領選挙 2016]

バーニー・サンダースを支持して、サンダースのいわゆる「政治革命」に加わっているのはどんな考えのどんな人たちなのか。サンダースやクリントンのことをどうとらえているのか。彼らがSNSで発するメッセージを拾ってみた。

 

千年紀世代(ミレニアル世代)が熱烈な支持層というが、民主党天王山(1)で見た支持率にもそれは現われていた。

格差に反対、大学の学費の返済に苦しむ世代、金持ち優遇、企業優遇に反対、戦争にも反対。環境保護賛成。リーマンショック後のウォール街占拠運動を支持したような人たちもいるだろう。社会主義、社会主義と言われるが、必ずしもそうではなく、要するにリベラル派の結集。そんな姿が浮かび上がるはずである。

 

もちろん戦争反対だ

 

「いつもきまって言われる

 お金がないので教育も医療もちゃんとできない

 お金がないので賃上げできない

 そのくせ

 戦争のためのお金だけはいつもちゃんとあるのは

 なぜなんだ?」


1 予算 戦争ならある.jpg

「戦争で儲けるやつがいる限り

 世界が平和になることはない」

2 戦争で儲けるやつがいる限り.jpg

 

「他の惑星に生命を捜しに出かける前に

 まずは地球で人殺しやめませんか?」


 3 地球外生命体.jpg

 

このような戦争や軍産複合体への批判が、サンダース支持者のSNSによく見うけられる。

 

イラク戦争に反対したサンダース。

逆にイラク戦争に賛成したクリントン(今では後悔していると言っているが)、

軍需産業や銀行から献金の多いクリントンには手厳しい。

 

続きを読む


天下分け目のニューヨーク 民主党 大統領候補党指名争い(1) [アメリカ大統領選挙 2016]

若者・無党派層の支持を中心に「政治革命」の勢いに乗るバーニー・サンダース。
先頭を行くヒラリー・クリントンを猛追中だが
いよいよ大きな山場が来週のニュ—ヨーク。
劣勢を伝えられるその19日の予備選やいかに?

ここまでの道のり

バーニー・サンダース。1年前はまったくの泡沫候補扱い。
人口60万の弱小バーモント州選出の上院議員71歳、自称「民主社会主義者」。

去年11月も首位ヒラリー・クリントンとの差は20ポイントを超えていた。

バーニー・サンダース  ヒラリー・クリントン
金なくてがっぽがっぽ.jpg
「わしんとこ、ぜんぜんお金なくてさー」  
「そーなの?私なんかガッポガッポ、わーはっは!」

と実際言っていたかどうかは定かではないが、何かそんな雰囲気のふたり。

ところが今年2月に予備選(=予備選+党員集会)が始まると、
まずは地元に近いアイオワとニューハンプシャーで互角の勝負。
サンダースはウォール街の規制(「銀行解体」)、大学授業料の無償化、
医療保険改革、税制改革、選挙制度改革、最低賃金、環境、人権などなど、
反格差リベラル路線を訴え、無党派層や若者を中心に支持を伸ばしていたのだ。
資金でも個人の小口の献金で集まり、クリントンに迫るほどの勢いになっていた。
支持率推移.jpg
(図は朝日新聞から)

だがその後、南部でクリントンに大きく引き離されて行く。
そして迎えたミシガン(3月8日)もサンダース、大きく劣勢が伝えられた。
1週間前の数字がこれである。
ミシガン予備選前支持率.jpg
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


いよいよ正念バーニー・サンダース [アメリカ大統領選挙 2016]

大統領になる死角

Bernie Sanders said Hillary Clinton isn't “qualified” to be president during a campaign event Wednesday night.Watch more: http://on.msnbc.com/1SByh0S

MSNBCさんの投稿 2016年4月6日

 

「クリントン長官は少し神経質になりつつあるようだ。私たちは勝った。私たちはこのところの予備選・党員集会8つのうち7つを制した。そして彼女はこのところ私のことをこう言っている。サンダースは <大統領になる資格がない> と」

(会場:うおーーー!ぶーーーっ!)

「では私からも言わせてもらおう。 <私は彼女こそ大統領になる資格がないと思う。(うおーー!)スーパーパック(特別政治行動委員会)を通じて利益団体から何千万ドルという資金を得ているのなら。(うおーーー!)あなたがスーパーパックを通じてウォール街(金融界)から1,500万ドルをもらっているのなら、大統領になる資格はない」(うおーー!)

「あなたが惨憺たる結果に終わったイラク戦争の開戦に賛成票を投じたのなら、大統領になる資格はない。(うおーーーっ!)惨憺たる貿易協定のほぼすべてに賛成してきたのなら、その資格はない。おかげで国内のまともな仕事が何百万と失われた。(うおーーーっ!)あなたがパナマ自由貿易協定に賛成したのなら、その資格はない。(うおーーーっ!)私はこの協定に強く反対したが、ご存知の通り、この協定のおかげで、世界中の企業やお金持ちは税金の支払いを逃れてきた。(ぶーーーっ!)

「私の運動が勢いを増しているのは、国民の声に耳を傾けているからだ。大口の献金者にではなく」(うおーーー!拍手)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いよいよ正念場(つづき)


サンダースが「革命的社会主義者」のウソ [アメリカ大統領選挙 2016]

これウソです:「過激な右翼と革命的左翼-両極端のポピュリスト候補」(畑恵)
 
サンダースが「革命的左翼」であるはずがない。
こんないい加減な言説をふりまわされたら、ほんとハタ迷惑。

ほんまもんの「革命的左翼」はすでに正副候補を立ち上げている(*1)。
もちろんメディアは圧倒的大多数がこれを無視している。
れっきとした泡沫候補だ。
彼らは、当選したあかつきには銀行資産を没収した上、分配すると言っている。
彼らにとって銀行家は犯罪者である(*2)。
 
 

続きを読む


死傷者多数の師匠が支障? ヒラリー・クリントンとヘンリー・キッシンジャー [アメリカ大統領選挙 2016]

至難のわざ外交の指南
キッシンジャーはんが師なん?

ヒラリー・クリントン、なんとヘンリー・キッシンジャーが外交の師匠だという!よりによって! Of all people!キッシンジャーといえば共和党ニクソン政権の国務長官だった人物。戦争犯罪人の呼び声も高い。この人物のおかげで、東南アジアで、中東で、アフリカで、ラテン・アメリカで、いったい何百万人が殺されただろうか。そして今日に至るまで打ち続く数々の対立と紛争と悲劇の種を蒔いた人物だ。

Posted by 中嶋 寛 on 2016年2月14日

バーニー・サンダースとヒラリ—・クリントンの討論会 2月11日
外交に関して面白い応酬があった
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


お笑い番組に出演したサンダースさん だ〜す [アメリカ大統領選挙 2016]

サンダース、お笑い番組 "Saturday Night Live" に出演
沈没するタイタニックの船上で救出を待つ乗客という設定のようだ。


#サンダース、お笑い番組 "Saturday Night Live" に出演沈没するタイタニックの船上で救出を待つ乗客という設定のようだ「1%の連中が特別扱いというのは耐えられないね! Enough is enough! いい加減...

Posted by 中嶋 寛 on 2016年2月8日


続きを読む


サンダース語録 1985〜2015 [アメリカ大統領選挙 2016]

バーニー・サンダースの1985年からの発言集を聞くと、長年この無所属で民主社会主義の政治家がいかに一貫して弱者の擁護を訴え、格差に慷慨し、金権政治に反対し大企業に反対し軍事費に反対し権利の抑圧に反対して来たかが分かる。そして驚くのが、彼の言っていることがいかに今の日本にぴったりと当てはまるか、である。日本はまさにアメリカの地獄を必死に後追いしているだけである。だから彼の躍進は日本に飛び火する可能性を秘めていると思う。

だから、アメリカ大統領選候補指名争い、来週火曜日のニューハンプシャーを乗り切って、さらに旋風を巻き起こしてほしい。そしてそれがそのまま、日本の夏の選挙に向けて新しい運動に火を付けることを期待したい。その思いで[語録」を訳してみた。

Bernie Sanders 1985.jpg

「私たちのいま住んでいる世界はこうだ。このことを考えると落ち込みそうになる。数億人という人々が餓死寸前、いまこの瞬間に餓死寸前だ。なのに、世界の超大国をはじめもろもろの国は、おそらく1兆ドル近くのお金を、毎年、毎年、兵器に使っている。核兵器に使っている。一瞬のうちに多くの人々を動けなくし、多くの人の命を奪う神経ガスの開発生産に使っている。しかし、いかに優れた頭脳を結集し科学、ロボット、医学の研究を行なおうが、人間の文明は実のところこの数千年の間、まったく進歩していないのだ」

 

続きを読む


「今夜アイオワで始まったことは、ひとつの政治革命だ」 [アメリカ大統領選挙 2016]

大統領選の候補者選びのスタート アイオワ州の党員集会
民主党はクリントンとサンダース
ほぼ互角ほぼ引き分けで終わる
革命的な結果だ激震だ

 

「アイオワで今夜始まったことは、ひとつの政治革命だ」大統領選の候補者選びのスタート アイオワ州の党員集会民主党はクリントンとサンダーズほぼ互角ほぼ引き分けで終わる革命的な結果だ激震だヒラリー・クリントンは強すぎると思えた夫は...

Posted by 中嶋 寛 on 2016年2月2日

 


 ↓ ↓ ↓

続きを読む


支持率でひらりとかわすサンダーズ [アメリカ大統領選挙 2016]

サンダーズが一部世論調査でクリントンより上
米大統領選挙 民主党候補争い

いよいよ民主・共和それぞれの党の候補者選びが州ごとに始まる。
民主党はどうせヒラリー・クリントンと思っていたらなんとなんと
自他ともに認める社会主義者バーニー・サンダース上院議員がアイオワ州でクリントンより支持率上回っているじゃないか。

 

 

サンダースが一部世論調査でクリントンより上米大統領選挙 民主党候補争いいよいよ民主・共和それぞれの党の候補者選びが州ごとに始まる。民主党はどうせヒラリー・クリントンと思っていたらなんとなんと自他ともに認める社会主義者バーニー・サン...

Posted by 中嶋 寛 on 2016年1月29日

 

 

 ↓ ↓ ↓

続きを読む


アメリカ大統領選挙 2016 ブログトップ