So-net無料ブログ作成
検索選択

劣化ウラン弾をシリアで使用 アメリカ軍の劣化 市民怒りの烈火 [兵器]

アメリカ軍はこれまでシリアで劣化ウラン弾は使っていないと言い続けてきたが、ついにICBUW(ウラン兵器禁止を求める国際連合)のしつこい追及の前に、使用の事実を認めた。 2015年の11月に2度使ったという。A10型攻撃機から30ミリ弾を5,100発。1,524キロ分。とのことなのだが、もっと使われている可能性がある、今後も使われる可能性がある、とICBUWは懸念する。 images.jpg ↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む