So-net無料ブログ作成

フラレタリアートの革命前夜 クリスマス粉砕 [宗教]

今年もやってたんだな。非モテ同盟フラレタリアートの革命前夜。
去年の横断幕と同じだ。ちゃんと畳んでしまっていた跡もうかがえる。文字通り折り目正しい人たち、資源を無駄にしない良心的な人たちだなあ。感銘すら受ける。
サンクスギヴィング、ハロウィン、「ホワイトデー」 、ボージョレヌーボー解禁日、などなども粉砕してほしい。我も火もて加わらん。


        ブログランキング・にほんブログ村へ
 
  ↑ クリックをどうかよろしく ↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

メリー・クリスマスと日本とトランプ 主イエス・キリスト降誕の楽しき祝日を! [宗教]

政府統計で日本の仏教徒の数を足すと2億人を超えてしまうそうである。
日本の人口は1億2,692万人なのに(総務省発表2016.12.20)。


私が不思議に思うのは、その日本で、至るところクリスマスツリーがあふれ
人々がメリー・クリスマス!(主イエス・キリスト降誕の楽しき祝日を!)
と言い交わすことである(日本でキリスト教徒は1%。100人に1人)。

テレビからも出演者が視聴者に呼びかけている「メリー・クリスマス!」(*1)。

一方、アメリカではクリスマス・ツリーも公共の場(学校とか役所とか)には置かれなくなり、「メリー・クリスマス」も言われなくなった。

キリスト教以外の宗教の人がそこまで増えたのか?!
そんなことはない。アメリカは依然として圧倒的にキリスト教の国である。
ざっと7割がそうだ(50%近くがプロテスタント、約20%がカトリック)。
それに続くユダヤ教、イスラム教は、それぞれ2%足らず、1%足らずである。
さらに「無宗教」の人が20%あまり(*2)。

なら「メリー・クリスマス」で良さそうなものを。。。


「メリー・クリスマス」をやめたのは、公平さの配慮だ。「政治的正当性」(PC:political correctness)。キリスト教が多数派だからといって、それを少数派に押し付けてはならない、という考え方だ(*3)。

では何と言う?

「ハッピー・ホリデーズ!」(幸せな祝日を!)である。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

続きを読む