So-net無料ブログ作成

雲か山か呉か越か 水俣(1) [人生]



八代から「オレンジ鉄道」に乗り一路南へ。
ややもやのかかった海の彼方に島影。
初めて習った漢詩を思い出す。

雲か山か呉か越か
水天髣髴青一髪

十二歳で親元を離れ鹿児島の下宿先は国語の先生宅。
先生は気が向くと朝食の前に漢詩を読み上げた。
私が、漢詩なんて朝飯前、と言うのはそのことである。
先生は唐詩が好きだった。
詩句は思い描く風景とともに記憶にあるようで
何かの拍子に思い出す。

頼山陽の天草の洋に泊すというこの詩の素読は
半世紀後のきょうのことを予見していたのか。
「瞥見す大魚の波間に跳(おど)るを」を私は
「瞥見す大魚の股間に跳(おど)るを」
などと唱えてもいたが。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

それにしてもオレンジ鉄道。
一両編成に運転士が車掌を兼ねる。
私がいちばん前に立ってカメラを構えると
「この先が海のよー見えてよかですよ」
と向こうから話しかけてくる。
「どちらから来なはったっですか?」



まるで山水画のような岩
< 蛾眉山月半輪の秋 >
の句が心に浮かぶ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   今日もお読みくださりありがとうございました!
            /\   /\
           m  (_ _)   m
リックを!  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
  ↑誠にお手数ながらクリックをどうかよろしく ! ↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ブログ更新しました♪」
 今日のブログ更新





 < 以下、工事中 >

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。