So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キーンベック病 [人生]

左手首が3週間ほど前から激しく痛み、なかなか痛いのが飛んでいかないのでインターネットで調べたら、キーンと来るこの痛み、どうやら「キーンベック病」に起因するようだ。ここの記述がぴったり該当する。病院に行くしかないようだ。

もともと左手は45年前から、楽器の弾きすぎで自由が効かなくなっていた(それは手根管症候群/正中神経症候群と診断された。ディストニアと言う先生もいた)。そこへ、このところ体を動かさないのですっかりなまっていたが、3月末に仕事を引き受け、重いものを運ぶ必要に迫られたので、少し鍛えておこうと思い立ち、バーベル運動をしたのが悪かった。

左手首が手の構え方によって、あるいは親指を閉じようとしたり、指を広げようとすると、痛っ!と声を出すほど、あるいは飛び上がるほどの激しい痛みが走るようになった。

ここへきて指に力が入らなくなり、少し腫れも出てきた。手の甲に血管がふくらんで浮かび上がるようにもなった。ただ手の構えや力の入れ具合によっては全然問題ない。例えばキーボードを打つのに支障はない。しかし手のひらを裏返すとだめだ。瓶を開けるのに一苦労。股にはさんで右手で回すしかない。

なんでも手首の小さな骨8つあるうちの一つが血行障害から潰れて壊死している状態らしい。場合によっては手術のようだ。とほほ。

手首専門の整体師もいるようで、こちらの先生にもかかるか。




俳優チ・ヒョヌ、キーンベック病で手首の手術…現在は回復中
T-SITEニュース 2016/10/17
http://top.tsite.jp/news/asia/o/31484296/index


リックを!  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
  ↑ お手数ですが、クリックをどうかよろしく !

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


これを運んだ

受信機150.JPG同時通訳機材・受信機150人分

パクリ骨折

http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22-1
多摩げたポスター
http://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2015-09-01

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   今日もお読み下さり大変ありがとうございました!
            /\   /\
           m  (_ _)   m
リックを!  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
 ↑お手数ながらクリックをどうかよろしくお願いいたします↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ブログ更新しました♪」
 今日のブログ更新



なんかなあ、、 手術して余計悪くなったと言う人もいるようです。






意味深なことば、、、






回復する人もいるのか。しかし術後689日!






広尾の日赤医療センターで診察、レントゲンの結果、腱鞘炎と診断されました。?140;1034 安静すれば治るだろうとのこと。ご心配をおかけしました。 この際、慢性的な左手の症状も神経内科などで診てもらうことにしました。やれやれです。
素人の思い込みですね。インターネットで「キーンベック病」の記述を読んだときは、これに100%間違いないと確信しましたが、医師は親指の付け根が痛むというあたりで違う、と言い、キーンベック病というのは手首より少し手の甲側が痛むと言いました。手を触診して腱鞘炎との診断。キーンベック病は特殊な滅多にない病気とのことでした。
30741368_2008790079383781_3544591575440949248_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。