So-net無料ブログ作成

外遊が安倍政権のダメージとなる日 [アベラ国]

そんなにもあなたはパリに行きたかった
みぞーゆーの大洪水が
これから起きそうだ
というのに
対策本部の設置を何日も遅らせてまでして
そんなにも
あなたはパリに行きたかった

フランス革命記念日の華々しいパレードの映像に
自分が写ってテレビに流され
持ち直した支持率がさらに上がること間違いなし
9月の自民党総裁選3選にだめ押し
そんなにもあなたはパリに行きたかった





リックを!  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
?    ↑?そんなにもあなたはクリックをしたかった?↑
?↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ロンドンで13日起きた反トランプ・デモ

外遊で支持率を上げる安倍。外交で成果を上げているわけでもなく、どちらかというと失態続きなのに、不思議な現象であるが、大多数の選挙民は、外国に行って各国首脳とともに映像に収まった安倍首相の姿をテレビで見て(新聞は読まず)、それを「指導力」、「行動力」、「他の政治家よりまし」などと、滑稽な勘違いをしているのである。

もし外国の行く先々で安倍首相をこのようなデモが待ち構えてくれるならーー安倍の日本国内で押し進めている甚だしい政策がファシズムであることに諸外国の人々がさらに気づいてゆけば、ありえない筋書きでもない(ドイツ人は安倍の原発政策がデタラメであることを知っている、イギリス人は日本の人権状況が酷いことを最近改めて知らされた)ーーそうなったら、外遊で支持率挽回という魔術も通用しなくなるだろう。国内メディアとの連携で威力を発揮するその魔術は、安倍本人も大いに頼るところであり、未曾有の大洪水が迫るという最中にあっても、対応を何日も遅らせ(対策本部を設置すると自分が本部長になって外遊できなくなる)、最後の最後まで対策本部を設置せず、パリ行きの可能性を残そうとしたほどであるのだが。

しかし、果たして安倍の外遊先でこのような反安倍のデモが起きるのだろうか。仮にそれが起きたとして、その時には日本国内の状況がかなり危なくなっているかもしれない。そのときまでに日本は完全にアベラ国となっているかもしれないのだ。政権を批判する者たちが逮捕されたり暗殺されたり、言論の自由も完全に奪われてしまっていたりして。

ならば、そうなる前にこのようなデモが安倍外遊を出迎えなくてはならない。しかしそのとき、日本のおバカな選挙民たちはほんとうに目を覚ますのだろうか。そう思いたいが、国際的な孤立の道を選び、この道しかない、この道を強く前へと、さらなるファッショの道を突き進んでゆく可能性だって、ないとも限らない。

イギリス


ドイツ


台湾


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    今日もお読み下さり有難うございました
            /\   /\
           m  (_ _)   m
 リック  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
  お手数とは存じますがクリックをどうかよろしく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ブログ更新しました♪」
 今日のブログ更新

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。