So-net無料ブログ作成

新元号 首相がいきなり団子 じゃなかった いきなり談話! [アベラ国]




出たー!
閣議決定。だいたいバカバカしいことは閣議決定だ。

「~る方向で調整に入った」

このニュースのバカバカしさ。中身もバカバカしければ、表現もいちいち型にはまっていてバカバカしい。

「菅官房長官が新元号を公表し、墨書を掲げる」。勝手にやってくれ。

「引き続き安倍首相が会見で談話を読み上げる段取りを想定している」って、
どうせ漢字を読み間違えたりする段取りを想定するよ。こっちとしては。

しかしいちいち読み上げるくらいなら、印刷してして新聞に乗せればそれですむものを。
あの滑舌の悪さをいちいち聞かされるのはたまらないでごじゃます。

それにしても「新元号への思いを国民に直接伝える狙いがあるとみられる」って、
ものすごい嫌悪感を感じるのである。あへの新元号への思い?!
そんなものがこもっているのか!?安倍の思い。そんなのがあるのか!!
吐き気がする!!そんなのを「国民に直接伝える」!!元号にこめる。
やめてくれーっ!!

考えても見てくれ。アヘの思いのこもった年号を我々はこれから先ずーっと使わされるのだぞ!
何十年と。

いきなり談話!
いきなり団子ならまだしも、、

新元号 永安.jpg

←クリック→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
   ↑お手数ですがどうかクリックを !  ↑

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

新元号は「晋恵」(しんけい)であります。
神経にさわるとか、もう2度と元号は使わないといった
新元号へのご批判は晋摯に受け止め
国民の皆様に寄り添って
心の負担軽減をひとつひとつ
最後のお一人に至るまで
着実に進めて参ることを
息を吐くよに、
あ、息を吐くよにお約束、

お約束いたす次第でございまする〜。


https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2019-03-28


時は晋恵元年、この新しい元号を使うことによって心身の変調を訴える人が全国で続出します。懸念が的中しました。晋恵が神経にさわったのです。原因不明の体調の異変に「晋恵性」という言葉まで医師らは使い始めました。晋恵性胃炎、晋恵性便秘、晋恵性不眠症、でんでん、、しかし、政府は、数値の増加が国民に悟られないように手を尽くします。新聞記者や研究者が統計を調べようとすると特定秘密に指定されているのです。なるほど、こういうときのための法律だったのか、と思ってももうあとの祭りでした。晋恵性疾患の統計を地域的、全国的に取ろうとしても取れなくなっているのです。自分の足で個々の医師や医療機関を訪れて数値を拾っていくしかありませんし、外部の者にはなかなか数値がもらされなくなります。

官邸官僚も動きました。文書での指示を残さないので証拠はつかませませんが、起きたことを追っていけば一目瞭然。状況証拠は疑う余地もありません。総理秘書官が「問題意識」とやらを厚労省の役人に伝え、目配せをするだけで十分でした。あとは役人たちが忖度します。

「忖度するんですよ。どうしたら官邸に気に入られるか、可愛がってもらえるか、出世できるか」(菅義偉は戦後最大の権力者

こうして晋恵性疾患に関する統計手法はあの手この手で歪められ数が増えないようにされてしまいました。

つづく.jpg

 きょうもお読みくださりありがとうございました!
 m(_ _)m  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
  ↑ 人気投票のクリックをどうかよろしく! ↑

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。