So-net無料ブログ作成

改憲へウソをつきつきつき進む緊急事態アベノミソクソ [アベラ国]

ウソまみれの安倍が改憲で
クソまみれの会見
これぞまさしく
改憲をめぐる
アベノミソクソ

改憲
アベノ
ミソクソ
子供の目に涙
自衛官から聞いた
党内の論争は終わった
自衛隊の明記が加わるだけ
9条1項2項はそのまま変わらず
憲法改正は自民党の結党以来の党是
「お父さん、違憲なの?」子供の目に涙
誇りをもって任務を遂行できるよう自衛隊を明記
自衛隊員募集に6割以上の自治体が協力を拒否している
自民党は自衛隊明記を真正面から公約に掲げて国民の審判を仰いだ
次の選挙でも(も!)改正の必要性をしっかりと訴えていきたいと考えています
「平成29年の衆院選で自民党は自衛隊明記を真正面から公約に掲げ国民の審判を仰ぎました。
 昨年の党総裁選でも私はこれを掲げて勝った。つまり党内の論争は終わったということです」
(安倍晋三、5月1日)
https://www.sankei.com/politics/news/190503/plt1905030006-n1.html


お馴染みの手口だ。選挙前は争点隠し。選挙が終わると「審判を仰ぎました」。
いつのまにか事実がすり替わっている。さすが歴史修正主義者。歴史の改ざんである。
しかし、よくもまあ、起きたばかりの歴史を、いけしゃあしゃあと修正・改ざんするものだ。



いわく「アベノミクスを問う選挙だった」。
モリカケも「丁寧に説明する」と言いながら、説明はなく、気がつけば
「これまでも丁寧に説明してまいりましたが」と
いつの間にか「丁寧に説明した」ことになっている。
話がすり替わっている。
歴史がでっち上げられている。

<なかったこともあったことに> なっているのである。

 ←クリック→  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
       ↑ クリックをどうかよろしく ! ↑

改憲へウソつきつきつき進む油断禁物アベノミソクソ

改憲でいちばん怖い「緊急事態条項」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

衆院選で「自衛隊明記を真正面から公約に掲げ」(安倍)ていたかどうか、
これに関してはリテラが具体的に検証している:
https://lite-ra.com/2019/05/post-4698.html

自民党公約集、冒頭は「北朝鮮の脅威」。
約700文字に「「憲法改正」「改憲」の言葉は一言も出てこない」。
公約6項目の最後6番目にやっと「憲法改正」。

公約集で他の公約については1,056行、「憲法」については8行。
衆院選の安倍の街頭演説75回。
繰り返し強調したのは「北朝鮮に対する圧力強化の必要性」。
「自衛隊明記」について語ったのは、たった1回。

「自衛隊員募集に6割以上の自治体が協力を拒否している。だから改憲が必要」。
これも実際は9割の自治体が情報の閲覧を認めて協力していた。しかも、
紙や電子媒体での情報提供には法的根拠がなく、違法性も指摘されている。

「お父さん、憲法違反なの?」も「私が嘘を言うわけないじゃないですか!」と凄みながら、
結局はウソ。
「自衛隊は憲法違反なの?」の伝聞だった。

「総理秘書官を通じて、航空自衛隊の幹部自衛官から伺った話」と言いながら
子供から「自衛隊は違憲なの?」(「お父さんは」ではない)と言われた話を披露したのは
航空自衛隊の織田邦男・元空将だった(**)。

「次の選挙においても、改正の必要性をしっかりと訴えていきたいと考えています」

ほう。争点隠しはもうしないのか。令和ブームで自信を深めたか。

連休明け早々に憲法審査会。
国民の令和騒ぎのどさくさに乗っかって改憲発議に持ち込もうという腹か。
6月のG20でも点数を稼ぐつもりだ。
しかし、安倍の改憲案は、自衛隊を明記するだけのものではない。
その条項を加えることで、1項と2項が死文化する恐れがあると憲法学者は指摘している。

ということでアベノミソクソ

何遍騙されれば気が済む、であるが、
今度騙されたら最後だ
安倍の改憲に紛れ込んでいるのが「緊急事態条項」

自民改憲.jpg

実はこれを通したいのだ。
いちかばちか改憲勢力はここに突き進もうとしている。
萩生田も「新しい時代はワイルドな改憲議論を」
維新の会など国会で「ダイナマイトを」とまで言っている
(まさかナチスの国会爆破事件のことじゃあるまいな)。

アベラは「緊急事態条項」これを通したい。
これが通れば国会は停止され
安倍内閣が国会を通さずに法律が作れるようになり
アベラの独裁となるからだ

大規模災害やテロ事件など不測の事態に政府が緊急事態を宣言できる
宣言すると
国会は停止され
安倍内閣が国会を通さずに法律が作れるようになる
アベラの独裁となる
そこに突き進みたいのだ
これぞ麻生が口をすべらせた「ナチスの手口」なのだ

安倍・自民党のこの改憲だけは通してはならない
「緊急事態条項」のことを知らない人も多いだろう
メディアはアベラに気を遣って追及しないし
だから国民同士が口コミで伝えるしかない
SNSなどで広めるしかない

このことを初めて知った人はどうか周りの人にも知らせてほしい
安倍・自民党の改憲は危険だ
いつか来た道だ
これだけは通してはならない


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     今日もお読みいただき有難うございました
            /\   /\
          m  (_ _)    m
     クリック!           クリック! 
     ↓               ↓ 
リックを! にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
     誠にお手数とは存じますがよろしければ
      どうかクリックをお願いいたします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『安倍のウソまた暴かれる「改憲が自民結党以来の党是」』
https://www.facebook.com/NoranekoKambei/videos/2099823410280447/
https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2018-08-19
『元ネタは「お父さん、自衛隊って違憲なの?」』
https://www.facebook.com/NoranekoKambei/posts/2205478913048229
『息子よ、泣くな』
https://www.facebook.com/NoranekoKambei/posts/2208824429380344
『粉飾冊子 自民党「2017政策パンフレット」 』
https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2017-10-19


アウシュヴィッツの生き残り Shirley Gottesman 92歳。
1944年、17歳のとき強制収容所送りとなった。

両親と祖父母を失っている。

- こういうことがまた起きる可能性は?

- あると思う。人は歴史を忘れるから。


↑ こういうことにまたなる可能性は?
あると思う。指導者も国民も歴史を忘れてるから。知らないから。
あるどころの騒ぎじゃない。今そこへ向かって突き進んでます。



前回の投稿で紹介した通り世論調査では改憲に賛成3分の2には程遠い。
しかし油断は禁物である。

2018年9月20日、民間放送連盟は、憲法改正の国民投票に関するテレビ広告の量を規制しないと決定。
アベラは金に糸目をつけずガンガン広告を打ってくるだろう。
テレビで煽られ、令和、令和とこんなに沸きかえる日本国民だ。
手もなく改憲賛成に回ってしまうのでは?






非常に危険な男です。
この男が国に「終止符を打つ」前に
この政権にこそ「終止符を打つ」必要があります。


この改憲を許したら「緊急事態条項」で選挙も国会もいらなくなってアベラの独裁です。
安倍改憲まさにナチスの手口。


(*)「いまの改憲論はフェイク」憲法学者・樋口陽一氏の危惧
2019年5月3日 朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM4C5TC1M4CUPQJ00R.html

(**)時系列で見ると:

2017年5月、安倍首相が自衛隊を憲法に明記する「9条3項加憲案」をぶちあげる
(読売新聞のインタビュー・極右改憲集会へのビデオメッセージ)。
2017年6月24日、安倍首相がはじめて「お父さん違憲なの?」の逸話を紹介
(産経新聞が全面支援する「神戸『正論』懇話会」)。
2017年6月30日織田氏が「お父さん、自衛隊は違憲なの?」の逸話を紹介
(同日発売・産経新聞社発行の「正論」8月号)。
同時期に、保守界隈でも“違憲だから自衛官の子どもがいじめられている”という話が語られはじめていた。

(織田氏は現在67歳、「小学校か中学校の」息子からそう聞かれた時期となると、おそらく30年くらい前のこと。「自衛官から聞いた」「数年前、中学校に入った直後」はウソ。 以上、リテラによる)

リックを! にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
       まだでしたらどうかクリックを!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
緊急事態条項についてはこちらの後ろのほうにも書きました:


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。