So-net無料ブログ作成

日本は独裁国家シンゾーをヤジればすぐに強制排除〜オバマとシュワちゃんは… [アベラ国]

一体全体。いよいよファシズムだ。全体主義だ。
安倍に野次るとしょっぴかれる。
有無を言わさず。
即退場。


この人は公道上で安倍首相の演説にヤジを飛ばしたら「ものすごい速さで警察に取り囲まれ、
強制排除された」とのこと。


かつてアメリカのオバマ大統領は、演説中にやじられ、逆にその男の言論の自由を擁護した。


オバマの演説中、トランプ支持者がプラカードを掲げ、オバマをヤジった。
会場のオバマ支持者らが、この男に猛烈なブーイング。会場騒然。ブーイング鳴り止まず。

ところがオバマは聴衆を懸命に静止した。「やめろ。やめろ。話を聞け。みんな静かに!」


ようやく静かになった聴衆に:「この男性は自分の支持する人をアピールしているだけ。
痛くもかゆくもない。心配ご無用。一つ、この国には言論の自由がある。二つ、彼は、
国のため軍隊にいた人のようでもある。そこには敬意を。三つ、ご老人である。
そこにも敬意が必要。四つ、ブーイングはやめよう。投票だ!投票で決着だ!」

自分の言論の自由と権利を主張するどこぞの首相とは天と地の差。
政治家としての器の違い。度量、そして言論の自由の理解度の違いである。

演説をヤジられオバマ言論の自由をたたえ さすがアメリカ


望月記者:(首相の秋葉原における)「こんな人たちに負けるわけにいかない」。有権者をある意味、軽視しているかのような発言とも思えるんですけど、このような発言自体に問題があるとはお思いになりませんか?
菅官房長官:全くあると思いません。
望月記者:その理由をお聞かせください
菅官房長官:ないからです。発言は自由です。

自分と政治的な意見を異にする少数派を重んじ敬意を払い、自由と権利を認め、擁護する
アメリカのオバマ。

対する日本は、相手を軽んじ、貶め、敵視し、威嚇し、恫喝し、無視し、ごまかし、嘘をつき、
逃げ回り、、という安倍、麻生、菅、二階、萩生田、世耕、、、

対応に差が出る

←クリック!→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

生卵を投げつけられた映画俳優でカリフォルニア知事だったアーノルド・シュワルツネガーは、、、
トランプは、、、
山本太郎は、、、
そして
安倍は、、、

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

生たまご投げつけられて言論の自由を褒めるシュワちゃん偉



生卵が命中し、胸でパシャッと割れて服が台無しになったシュワルツネガーは、
平然とこう言ってのけた。

「あと、ベーコンを投げてくれないことにはね。卵だけじゃ様にならんよ。しかし、まあ、
これも言論の自由さ。素晴らしいことだよ。この国では反対意見を大声で叫んでる。
共産国や独裁国家ではできないことだよ。だから私はこの国が大好きなんだ。
物事は全体でとらえないとね。カリフォルニアは素晴らしい。アメリカは素晴らしい。
誰でも自分の意見を声高に言える。みんなに言論の自由が保証されている。
それが民主主義。私は信じているし、歓迎さ」


生たまご投げつけられて言論の自由をたたえシュワルツネガー

ヤジられて自分の権利主張する安倍の器の小さくもあり


どこまでも安倍のへつらうトランプはトランプ流の柄の悪さよ


トランプ:

「そいつをつまみ出してくれ。
 寒空に放り出せ。コートは要らん」

「私なら殴るよ。張り倒してくれ。ほんと。真面目な話」

Knock the crap out of him!
と言っている。crapは糞だ。結構お下品な言い方。
いかにもトランプ。

そんなあなたも守りたい 山本太郎.jpg

山本は議員辞めろとヤジられて「そんなあなたの未来も守る」


あなたの未来も守りたい(山本太郎)
どこまでも心のひろい山本太郎 ヤジなんて小さなこと
そこまで彼は真剣にものごとを考えている
手を差し伸べる派
衆生救済派
イエスキリストの再来か
親鸞上人か


あの人にも言論の自由が (オバマ)
あなたにも言論の自由
言いたいことは分かった
私にも話させてくれ
私の話も聞いてほしい
静かにしてくれ
終わってから二人で話そう
論理的で説得派のオバマ


独裁国家ではできないこと(シュワルツネガー)

出て行ってくれ、出て行きやがれ、つまみ出せ、張り倒せ、コートは没収、寒空に突き出せ etc. etc.
トランプはトランプ
下劣、差別、憎悪



「人を指でさすのって人として…」TKS(安倍晋三語録より)

「あんな人たち」

オバマは

最後までいわせてくれ
若い人たちの情熱は大切にしたい
いてもいいからわめくのはやめてください
言いたいことは分かったから私にも言わせてくれ
静かにしてるならいてもいいが、出て行ってもらおう
あなたのおかげで話の最後が台無しになったけどまあいいよ
もう終わるところだから話があるなら終わってから二人で話そう



一方こちらはトランプの集会
日本もやがてこうなりそうだ
感情をむきだしに

「つまみ出せ!」



かの国では演説している人が「出て行ってくれ」「追い出してくれ」と排除を指示したら警備員が動く
ということのようだ。
日本は何も言われなくても安倍には警察が忖度して即刻排除、法的根拠も何もなく、
というアベラ式忖度独裁制

しかしもう冗談ではなくなってきた。

警察は安倍の私兵か野党へのヤジや妨害見て見ぬ振りし




    今日もお読みくださり、ありがとうございました。
            /\   /\
          m  (_ _)    m
     クリック!         クリック! 
     ↓               ↓
 ←クリック→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
大変お手数とは存じますが、クリックをどうかよろしく!



ヤジの市民を道警が排除 安倍首相の街頭演説中:朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM7J4DN3M7JIIPE027.html

道路を隔てて約20メートル離れた位置にいた聴衆の男性1人が「安倍やめろ、帰れ」などと連呼。
制服、私服の警官5、6人が男性を取り囲み、服や体をつかんで数十メートル後方へ移動させた。

年金問題にふれた首相に対して「増税反対」と叫んだ女性1人も、警官5、6人に取り囲まれ、
腕をつかまれて後方へ移動させられた。

いずれのヤジでも、演説が中断することはなかった。

公選法は「選挙の自由妨害」の一つとして「演説妨害」を挙げる。1948年の最高裁判決では:

  「聴衆がこれを聞き取ることを不可能または困難ならしめるような所為」

松宮孝明・立命館大法科大学院教授(刑法):

「判例上、演説妨害といえるのは、その場で暴れて注目を集めたり、街宣車で大音響を立てたり
する行為で、雑踏のなかの誰かが肉声でヤジを飛ばす行為は含まれない」。

連れ去った警察官の行為について

  「刑法の特別公務員職権乱用罪にあたる可能性もある」
  「警察の政治的中立を疑われても仕方がない」


山本太郎がどんなにすごい人か知らない人のために:




 ←クリック→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
↑ まだでしたら、クリックをどうかよろしく! ↑ 

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。