So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

やっと気づいたか日本! 脱原発、再生エネ革命 [環境]

日本の大手電力会社の存続を脅かし始めた分散型発電再生可能エネルギー

分散化へのシフトができなければ集中型大規模発電の大手電力会社という恐竜は淘汰され化石となる、そうアメリカ人たちから何年も前から聞かされきた。ヨーロッパの人たちからは、再エネへのシフトがどんどん進んでいる、原発ルネサンスなんて起きていない、いつまでたっても完成しない原発、建設中止、そういうものばかり、原発事業かかえる大手の株価は暴落、経営破綻、時代は脱原発、などなど聞かされてきた。

2017年ついに日本でも衝撃。夏になっても火力発電所がフル稼働しなかった。急速に広がった太陽光発電によって、昼間の電力需要が賄われたのだ。これで大手電力会社もついに気づいた。

2016年ドイツでも大量の再エネ電力、。最新鋭の火力発電所も停止、それでも「日本は違う」と言われていたが、もはやそうではない。ついに日本でも起き始めた。

分散型へのシフトができないところは生き残れない。アメリカの教訓だ。そこから学ぼうとしている企業もいるようだ。中部電力や関西電力で分散化への取り組みが始まったとこの記事は紹介している。


再エネの拡大のほか、設備の省エネ化と人口減少で電力需要そのものがもはや伸びない時代となっていく。そんななか原発の輸出を国策として進めようとしている日本。まだ原発の発電コストは安いなどとたわけたことを言いつ続け、再稼働はおろか、新設、増設まで口にする。ああババ掴み国家日本。ああ周回遅れ日本。ああ堕ちて行く日本。世耕のもと、今井のもと、安倍のもと。東芝のもと、日立のもと、三菱重工のもと。とーぜん、東電のもと。

←ポチッ!→  ブログランキング・にほんブログ村へ
   ↑ どうかクリックをよろしく! 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)