So-net無料ブログ作成

ユダス・マカベウス♪と相撲とトランプと安倍(1) [アベラ国]

大相撲で前から気になっていたことの一つが、千秋楽の優勝力士の天皇賜杯拝戴の時に
あの曲が演奏されることであった。違和感があるのだ。
お寺の幼稚園でクリスマス・キャロルを歌っているようなもの。いや、
そんな無邪気なものではない。 

そして、今回も、賜杯拝戴時に、なんでこんなややこしい曲を、こんなややこしい場所で、
こんなややこしい時期に、こんなややこしい人たちを前に、演奏する?!

この曲、この場、この人たちには、
古代から現代に至る強烈な宗教、民族、戦争の意味合いが絡みついている。
知っててこれを揃えたのなら、とても怖い気がする。

どういう経緯でいつから千秋楽にこの曲を演奏するようになったのかは知らない。
近代オリンピックが始まって、表彰時にこの曲を演奏するようになって一般化したというから、
相撲もいつしかそれを引き継いだだけなのだろう。
しかし、今回は、改元なったところへ、トランプを招いて安倍がいて、、
もう、違和感の極みなのであった。


曲は、ヘンデル(1685-1759)のオラトリオ『マカベウスのユダ』第3幕 で歌われる合唱曲
『見よ、勇者は帰る』。


オラトリオ(聖譚曲)なのである。ユダヤ教、キリスト教といった宗教が絡んでいる。

この曲が「令和初めての」大相撲千秋楽で、自衛隊の音楽隊によって演奏されたとき、
トランプには何か特別な思いがあっただろうか。ユダス・マカベウスのことは知らないかも知れないし、
相撲のことを「格闘技」と捉えている彼のことだし、気にもとめなかったかもしれないが。


-あの白いのはなんだ?
-塩です。
-なんで塩をまいてるんだ?
-清めです。悪い霊を追い払っているんです。かしわ手やシコにも同じ効果があるとされます。



大使館の(?)お付きの人とそんなやりとりをしてたかもしれない。

-いつまで塩まいてんだよ。はやくやれ。
-相撲はスポーツじゃないんです。神道の儀式でもあるんです。

というわけで、相撲にも宗教が絡んでいる。

ユダ・マカバイ(マカベウスのユダ)はというと、ユダヤ教徒だ。トランプの娘夫婦と同じだ。
(最初の奥さんとの娘・イヴァンカはユダヤ人実業家のジャレッド・クシュナーと結婚してキリスト教から
 ユダヤ教に改宗している。クシュナーはトランプと同じく不動産業。トランプが大統領になると
 大統領上級顧問になった。ちなみにトランプの大統領選最大の献金者、カジノ王シェルドン・アデルソンも
 ユダヤ人*1)。

トランプ自身はキリスト教徒で福音派(キリスト教右派)に支持者が多いが、特に親イスラエルであり、
それまでの長年のアメリカの政策を大転換させ、首都はエルサレムとするイスラエルの立場を認め、
多くの国の反発を呼んだ(日本もめずらしくアメリカに反対)。エルサレムはユダヤ教徒のほか
キリスト教徒にとってもイスラム教徒にとっても聖地であり、エルサレムの地位と帰属は、パレスチナの
アラブ人とユダヤ人の抗争の中でも依然として未解決で根の深い難問中の難問なのである。

エルサレムの「神殿の丘」は古代ユダヤ王国の神殿があった場所でユダヤ教の聖地だが、キリストの受難、
十字架を背負って歩かされたヴィア・ドロローサ(悲しみの道)もあればキリストのお墓のある聖墳墓教会
もあってキリスト教の聖地なら、ムハンマドがそこから神に導かれて昇天したというアルアクサ・モスク
があってイスラム教の聖地でもある。



寛兵衛 聖地をゆく 1 https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2015-02-16-3
寛兵衛 聖地をゆく 2 https://noraneko-kambei.blog.so-net.ne.jp/2015-02-16-4

ユダ・マカバイは旧約聖書のマカバイ記(おおまかに言うと(プロテスタントでは外典(今では続編と呼ぶか)
カトリックでは正典)に記述のある紀元前2世紀のユダヤ人の英雄だ。当時は、アレクサンドロス大王が死んだあと大王の後継者の一人、ニカトール(セレウコス1世)が始めたセレウコス朝シリアが、今のトルコからシリア、イラク、イランにまたがる地域を支配していた。

ユダヤ人たちはエルサレムを占領され、ユダヤ教の神殿を荒らされ、ユダヤ教の信仰も禁じられる。しかし、マカバイらが立ち上がり(マカバイ戦争:紀元前167-160)、セレウコス朝を打ち負かし、エルサレムを奪回するのだ。

よく知られたユダヤ人のハヌカーという名の祭があるが、それはこのマカバイによるエルサレム奪回を祝うものである。異教徒によって汚された神殿を清める祭である。

オラトリオ『ユダス・マカベウス』は、こういった聖書の時代の話だが、ヘンデル(ドイツ人だがイングランドで活躍)の同時代18世紀のスコットランドのジャコバイトの反乱を暗示するものともなっている。スコットランドの戦い(こちらは王位を巡る、プロテスタント、カトリック、イングランド、スコットランドのからむ争い)から帰還するカンバーランド公爵を「勇者」になぞらえているのだ。

この曲はキリスト教の讃美歌ともなって教会でも歌われている(『よろこべや、たたえよや』)。

もともとヘンデルの別のオラトリオ『ヨシュア』にあったものを流用したのだという。ヨシュア。これまた旧約聖書『ヨシュア記』の人物。モーゼがシナイ山で神から十戒(ユダヤ教では「律法」)を授かって、イスラエルの民を率いる指導者としてその後を託したがヨシュアである。モーゼから「あとはよろしゅうたのんまっせ!」と言われ「よっしゅあ!」と答えたかどうかは知らぬがヨシュア、その後、エリコの城壁を破壊し、一帯の人々を殲滅した。

 ←クリック→  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
       ↑ クリックをどうかよろしく ! ↑
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)