So-net無料ブログ作成

年金で歴史的大敗2007年参院選の悪夢ふたたび自民党! [国内政治]

あの悪夢が蘇ったか自民党
人のことを悪夢、悪夢と言って面白がっていたが
気がつけば突如、自分らこそが悪夢の真っ只中
ではないのか
それで今
ほぼ集団パニックではないのか
選挙を控え錯乱状態?
さあみなさん宴会だ

   「サクランを見る会」

面白くなってきた
というのもこれだ

厚労省年金局課長ぐき5万5000の不足.png

金融審議会作業グループの議事録によれば厚労省の課長が
< 無職の65/60歳の夫婦は月に5万5千円不足する > 旨発言していた。
老後「2,000万円が不足」の出処は厚労省だったのだ。

ならば麻生大臣の「政府と違うスタンス」は違う。言い分は通らない。
報告書をつっかえすのはおかしい。


しかし野党のヒアリングでは厚労省の「担当者」が
言った覚えはないと答えている。

「不足であるとか足りないとか、言ったことはございません」


またまた、いつか来た道。モリカケと同じ構造か。言った言わない。記憶と記録の勝負。
そして政権に忖度する役人の言い分が通り、適材適所、昇進栄転、職責を全う、進退は考えません、
チャンチャン ♪ (地位に恋々立方程式
となるのか。。

しかしこのように政府に都合の悪い記録が出てくるからメモは禁止とか記録は即廃棄とかに
安倍らはしたいのである。このまま行けば恣意的行政。すなわち独裁。
アベラの呆の支配。呆治国家日本。

さあ野党やメディアの追及やいかに。またも腰砕けか。
そして有権者の反応やいかに。今度ばかりはいい加減、目をさますか。

なにせ年金。自分の身に直にふりかかってきているのだ。

金融庁“老後2000万円”報告書、数字の根拠は厚労省
TBS NEWS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3698520.html

なにせ年金
自民党が歴史的な大敗を喫した2007年7月の参院選
年金問題が争点だったのだ。
いわゆる「消えた年金」問題。


例によって言葉のみ仰々しく大見得を切った安倍氏であったが
結局未解決のまま。
「最後のお一人に至るまで」どころか
何千万件と特定できずに打ち切られているというではないか。

気がつけば
あの悪夢の記憶がいま突如として蘇ったのだ自民党
夏の参院選を直前に控えて

←  クリック!→  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

「サクランを見る会」?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

晋三のホトトギスの鳴かせ方三武将らも(信長・秀吉・家康)みなズッコケる [アベラ国]


絵は「麻雀グッズ研究所」より https://majyan-item.com/post-303/ 


信長も秀吉も家康も草葉の陰でズッコケたらしいです
安倍総理のホトトギスの鳴かせ方:


「鳴かぬなら
        新しい判断!
               ホトトギス」 

安倍の大風呂敷.jpg


おっ鳴いたぞ 
   
        ホー 

    
           ホラッチョー!



←  ホー、クリック!→  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)