So-net無料ブログ作成

トランプも似たり寄ったり歴史などつまびらかには読んでなかった [アベラ国]

100年の誤読

原稿を読み間違えてアベポチもご主人様も似た者同士


アメリカではご主人様トランプが独立記念日を政治利用
異例の大統領演説を首都ワシントンはリンカーン記念堂の前で強行。

NHKの9時のニュースで「そこまで政治利用」とまゆをひそめておられましたが、安倍首相の改元など
一連の行事等々の様々の目にあまる「政治利用」を指摘したことあるのだろうかNHKは、
と思いながら私は見ていた。

ところが「カエルの子はカエル」(英語でLike father, like son.フランス語:Tel père, tel fils.)で、
Like ご主人、like ポチ?、いやその逆か、いずれにせよいろいろと似たもの同士、
トランプも原稿を読み違え(雨でプロンプターがよく見えなかったと本人の言い訳)。

なんと独立戦争(1775-1783)のときに「空港を制圧」などと言ってしまった。
ライト兄弟が初めて飛行機を飛ばしたのは1903年だから、まさに100年の誤読。
国歌の歌詞も独立戦争のときに書かれたように演説したが、
実際は米英戦争(1812-14)のときのこと。

ポチと同じで歴史を「つまびらかには読んでいない」のかご主人様。

3年前にフェイスブックで見つけた大西航という方の投稿は
そのアメリカのポチの「街頭演説」。
傑作中の傑作に該当
演説。

いちど「誤報通信」からここで紹介したが
参院選を前に今また、全国民に聞かせてやりたいわい!


【街頭演説】


安倍「えーお集まりのみなさん、こんにちは。安倍晋三です。いよいよ選挙ですね。
私たちは国民の暮らしを壊す
TPPを断固阻止する決意であります!」


側近「そ、総理!」


安倍「なんだ、演説中だぞ」


側近「そ、それは2012年の時の演説原稿です」

maxresdefault-1.jpg


安倍「な、なに。えー、みなさま、失礼いたしました。私たちはTPPをしっかりと
推進
してまいります」


安倍「次に、脱・原発依存の社会をつくっていくことをお約束いたします!」


側近「そ、総理!」


安倍「うるさいぞ、何なんだ」


側近「それも過去の演説原稿で…」


安倍「ば、ばか。ちゃんとチェックしておけ。えー、失礼いたしました。私たちは原発を
重要なベースロード電源と位置づけ、推進していくことをお約束いたします」


安倍「さらに、2017年には確実に消費税を10%に引き上げます。共産党などは
『経済がどん底に落ちる』などと不安を煽っておりますが、許しがたいレッテル貼りであります。
アベノミクスが効果を上げているのですから、大丈夫です。再延期は絶対にあり得ません」


側近「そ、そ、総理!」


安倍「またか、いい加減にしろよ」


側近「それは2014年の演説原稿です…」


安倍「…し、失礼いたしました。消費税増税は2019年に再延期いたします。ですがみなさん、
アベノミクスが効果を上げていないなどという野党のレッテル貼りは許せないではありませんか」


安倍「何より、アベノミクスが効果を上げていることは数字を見ればわかります。ご覧ください、
実質賃金は5年連続マイナス、個人消費は戦後初の2年連続マイナスであります!…ん?」


側近「そ、総理、それは『絶対に言ってはいけない数字』のリストです」


安倍「えー、みなさま、今の話は議事録から削除いたします」


安倍「気を取り直してまいりましょう。みなさま、まだ景気回復の実感がないかもしれません。
アベノミクスはまだまだ道半ば、しかしこの道しかないのであります」


側近「そ、総理。それは2013年の原稿です」


安倍「し、失礼。えー訂正いたします。みなさま、まだ景気回復の実感がないかもしれません。
アベノミクスはまだまだ道半ば、しかしこの道しかないのであります」


側近「そ、総理。それは2014年の原稿です」


安倍「し、失礼。えー訂正いたします。みなさま、まだ景気回復の実感がないかもしれません。
アベノミクスはまだまだ道半ば、しかしこの道しかないのであります」


側近「そうです、それが今回の原稿です」


安倍「同じじゃないか!…は、し、失礼いたしました。しかしみなさま。この道しかない
のは間違いないんです」


安倍「だいたい野党は、自民党はウソをついているなどと批判していますが、私は
公約違反をやったことなど一度もありませんよ。安保法制だって、296項目の公約のうち、
271番目にちゃんと入っていたではありませんか。みなさん、安心して自民党に投票してください」


聴衆「…」


 


 


 





 ←クリック→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)