So-net無料ブログ作成

「大バカ者」、総理、それはあなたです!安倍の言う年金の安心に確証なしは隠しようなし [アベラ国]

「100年安心」のお題目は年金隠し。根拠がない。

6月にはあってしかるべき年金の「財政検証」の発表が選挙後に先送りされたが
国民民主党の玉木代表はその中身を先取りして「年金不安」の具体的根拠を提示。

しかし安倍首相は例によって具体的に反論するでもなく、はぐらかすのみ。

安倍政権とかけ男子便所ととく、その心は、年金隠しがあり、
野党、メディア、国民の反発はあれど
議論にはならず最後には

水に流す。

なんとも馬鹿げた党首討論の首相であった。

大バカ者は安倍だ.jpg

質問「「金融庁は大バカ者」と激怒したと伝えられますが、事実ですか?」

安倍の答え「私は滅多に激怒しない人間として‥温和に円満に生きているつもりだ」

結局、質問には答えていない。

一事が万事こんな調子。なんでそうなるのか。
 
「我が党はそんなことは一度も言っていない」(共産党・志位委員長)

人が言ってもいないことをさも言ったかのようにして攻撃するというのは、
頭の悪い人(相手の言っていることを理解できない・憶えていられない)か
聞く耳を持たぬ人(相手の言うことへの興味、関心、配慮がない=人格的に問題がある、不誠実、
マナーが欠如)か
卑怯な人(ごまかし、でっちあげ、、嘘)のやることである。

安倍首相の場合はこれまで嫌というほど見てきたように、その全てだろう。

だから質問者も「質問に答えていない!」と首相に向かっていつも叫んでいるのだ。
党首討論でも、枝野、志位、玉木、皆そのそぶりがあった。

(写真)志位「質問に答えろ」

言っていないことも言ったことになり、してもいないこともしたかのように言う安倍。
つくづくタチの悪い人間と思う。

玉木が「年金の積立金が枯渇する」と言ったところで拍手が起きて残念というのだがこれもウソ。
拍手が起きたのは別の箇所だった。



←クリック!→ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 「年金の安心」に確証なしの確証あり 「すでに見えている財政検証の中身」

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)