So-net無料ブログ作成

『君よ糞尿の海を泳げ』 [東京五輪]

ICJ-2.jpg

予告編・書き下ろし法廷劇『君よ糞尿の海を泳げ』

某国の元首相がオランダのスケベニンゲンに新設された国際環境裁判所(ICE)に
原発と五輪における海洋汚染問題で訴えられた。法廷で繰り広げられる、
論点をはぐらかすばかりのアヘ・シンゾー被告のバカバカしくも珍妙なる陳述に
世界が晋撼するのであった。

乞うご期待!

「私が、私が、嘘をいうわけないじゃないですか!私は総理大臣だったんですから」



先日も書いたがこの問題
『東京の海は臭いな茶色いな糞尿まみれの トイレ アスロン』
『暑すぎて人死にけらし息絶えのトイレ超すてふ臭いかぐ海』
元凶は、バザップの記事(https://buzzap.jp/news/20190820-tokyo-olympic-poop/ )にあるように
「合流式下水道」(東京都の区部の約8割で採用)。汚水と雨水をひとつの下水道管で集める方式である。

厚生省作成(1959?)の記録映画、名作の誉れ高い『しにょうのゆくえ』
「出来が良すぎるため食事中は「絶対閲覧禁止」」
「作品がモノクロであることを天に感謝する」とのこと。
https://www.youtube.com/channel/UC5C1eE9taZt4DxZBxMwp0Pw

一定の量の雨が降ると、街が洪水にならないよう汚水と雨水をいっしょくたにした下水を、
塩素を混ぜるという簡易処理のみで川や海に垂れ流しているのだ。
大雨になると東京湾に「糞便性大腸菌が流れ出す」ことは以前から報告されていたという。

早い話、大雨のときは糞尿、うんちとおしっこを東京湾に垂れ流しているということ。

2006年 東京湾の水質汚濁 -雨天時負荷が水質へ及ぼす影響(東京都環境公社)
2006年 糞便性大腸菌が降雨時に「平水時の100~1万倍くらいまで高く」
「雨が降ると東京湾はどうなるか? -降雨後の水質変化-」公開シンポ(国立環境研究所)

2013年の東京オリンピック開催決定直後には東京都も認識していた。
「大雨の時に大腸菌が多いことがある」
「東京都はほぼ完璧に対策を取る。上流の県の水もきちんとやっていただきたい」(猪瀬都知事)

2017年7月「雨が降った時が課題。対策を考えないと」(小池都知事)

東京都と組織委は大腸菌の流入を抑えるためにポリエステル製の水中スクリーンを
コースの外周約400mに設置。オリンピック本番ではこれを3重にするという。
「膜の設置で水質の安全は担保できる。あとは大腸菌が流れ込む原因となる大雨や台風が、
本番で来ないことを祈るのみ」(組織委担当者)

雨乞いというのはあるが、雨が降らないようにとか、神風が吹かないようにといった祈りを
聞き入れる神様がいるのだろうか、この美しき神の国に。

←クリック!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ←クリック!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)